ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「システム構築」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

富士通、ServiceNowでグループ共通の決裁システムを構築 デザイン思考でレガシーシステム刷新
富士通は、レガシーシステムを刷新し、「ServiceNow」を活用したグローバル共通の決裁システムを構築した。他システムとの連携で、起案から決裁までの時間が短縮された。(2022/5/26)

スギ薬局、AWSで基幹システム構築 店舗のモバイル端末も接続可能に 現場の業務効率化を加速
スギ薬局がAWS上に基幹システムを構築した。在庫管理や発注、売上分析といった業務に関わる処理を40%以上高速化。業務用PCだけでなく、本部や店舗にあるモバイル端末からの接続にも対応した。約1500店舗の現場業務の効率化や、データを活用した売り場作りに活用する。(2022/5/23)

生産性向上のもう一つのキモは、設備管理の徹底にあり(4):
生産性の高い機械設備を維持していくための「保全組織」とその業務とは
工場の自動化が進む中でより重要性を増している「設備管理」について解説する本連載。第4回は、設備保全のための「保全組織」とその業務内容について解説する。(2022/5/23)

手間をかけずに安全に始めるには:
PR:中小企業テレワークの“現実解” ガイドライン準拠でコストをかけずに実現する方法
テレワーク実施には複数の方式が考えられる。だが、コストや手間などを考慮すると中小企業が選択できる施策は限られる。テレワーク実施のセキュリティガイドラインに準拠しながら、低コストで効率良く運用できる方法を探る。(2022/5/18)

システム管理をスクリプトで自動化 京都大学がリアルタイム洪水予測にAzureを利用
京都大学防災研究所の防災技術政策研究分野は、台風による洪水などの災害解析に向けた降雨流出氾濫モデルの自動化を目的としてAzureを採用した。同研究所は、クラウドサービスを通じて研究結果を一般向けに提供することも検討している。(2022/5/18)

金融DX:
なぜスタートアップが一国の「デジタル通貨」を構築できたのか? ソラミツ 宮沢氏に聞くBakong開発の経緯
中国の「デジタル人民元」をはじめ、中央銀行が発行するデジタル通貨に注目が集まっている。カンボジアはデジタル通貨「Bakong」(バコン)を2020年から正式運用しているが、実は技術を提供しているのは日本のスタートアップ企業であるソラミツだ。ソラミツはどんな経緯から参画することになったのか。開発ストーリーに迫る。(2022/5/13)

徹底解剖! SaaSのUI/UX:
“不便なSaaSあるある”な「使いにくい表・テーブルUI」の改善点 営業支援ツールを例に専門家が解説
なかなか問題点を直しにくいSaaSのUI/UX。営業支援SaaSのUIを模して作ったサンプルを基に、専門家がSaaSのUIにありがちな問題点とその改善方法を解説する。(2022/5/12)

リクルート事例で分かるIaaS→PaaS移行のコツ(1):
リクルートの情報検索組織が検索APIの基盤をIaaSからPaaS中心にした理由
リクルートの情報検索組織において検索APIの基盤をどうやってPaaS中心のシステムに移行したかを紹介する連載。初回は、PaaS中心の世界観に至った歴史的いきさつ、理由について解説する。(2022/5/13)

中堅・中小企業は「自動化」に何を求めている? ノークリサーチが分析結果を発表
ノークリサーチによると、RPAなどによる「自動化」は中堅・中小企業市場のニーズが依然として高く、主要な販社/SIerも活性化傾向にあるという。ユーザー企業に効果的なソリューションを提供するために必要な自動化の3つの構成要素とは?(2022/5/10)

海外事例で考える「脱炭素×製造業」の未来(3):
サプライヤー数は“トヨタ越え”、シーメンスが挑む6万社超のCO2排出量削減
国内製造業は本当に脱炭素を実現できるのか――。この問いに対して、本連載では国内製造業がとるべき行動を、海外先進事例をもとに検討していきます。第3回は幅広い分野で製品、ソリューションを展開するシーメンスを取り上げ、6万5000社を超えるサプライヤーにどのように脱炭素の取り組みを働きかけているのかを解説します。(2022/5/11)

グリーンモビリティの本質(3):
勝ち残るためのCASEを超えて、社会コストを低減する「全体最適」への協力を
本章では、社会コストの低減に向けた全体最適の実現の考え方と最新トレンドの見立てを紹介する。(2022/5/9)

高効率の電源システムに向け:
ロームとデルタ電子、GaNデバイスの開発で協業
ロームとデルタ電子は2022年4月27日、GaNパワーデバイスの開発と量産において戦略的パートナーシップを締結したと発表した。デルタ電子の電源開発技術と、ロームのパワーデバイス開発、製造技術を組み合わせ、600V耐圧のGaNパワーデバイスを共同で開発する。(2022/4/28)

SaaS導入で従業員の休みが増えた 人不足の地方中小がクラウド活用で変わった話
事業拡大の一方、人不足による業務の属人化と、情報共有の不備に課題を抱えていた中小企業。複数のSaaSを導入し業務改善を図ったところ、従業員の負荷を減らし、休みを増やすこともできたという。成功のカギはSaaSを使わざるを得ない仕組み作りにあった。(2022/4/28)

店舗の人材教育:
10人に1人が半年で辞める時代に、「スタバ」「マック」の姿勢から学ぶべきこと
日本では、パート・アルバイトの10人に1人が半年で辞める。定着率を上げるとともに、顧客に高い価値を提供するにはどうすべきか。筆者は「スタバ」「マック」の姿勢から学ぶべきだと主張する。(2022/4/28)

社労士・井口克己の労務Q&A:
事実婚の社員は「男性育休」を取得できる?
当社の男性社員が「交際中のパートナーが妊娠した」と上司に打ち明けました。夫婦別姓のために事実婚を検討していると話したそうですが、事実婚のケースにおいても育児休業を取得し、各種公的補助を受けることはできるのでしょうか。(2022/4/28)

BIM:
建築確認で用いたBIMデータなどを生かしたリモート中間検査システムを開発、清水建設
清水建設は、建築確認で利用したBIMデータやAR技術、リアルタイム映像伝送技術を生かしたリモート中間検査システムを、積木製作の協力を得て開発した。システム開発では、日本建築センターと推進している、BIMデータを活用した建築確認申請業務の効率化を目指すとともに、建築基準法で定められている現場での目視検査や工事監理状況といった書類検査の効率化と確実化を目標に掲げた。(2022/4/26)

PR:「DXの将来を占うマイルストーン」 北國銀行が挑む脱・旧システム データ分析基盤の構築プロジェクトを追う
(2022/4/25)

PR:“The銀行員”のデジタル人材化×分析基盤の構築 北國銀行がクラウドで挑むデータ活用の全貌とは
(2022/4/25)

NEWS
三井不動産が基幹システムを「OCI」に移行 採用の決め手は?
三井不動産は商業施設運営を支える基幹システムを「OCI」に移行した。当初は他のクラウドサービスへの移行を検討していたというが、最終的には何がOCI採用の決め手となったのか。(2022/4/20)

「Fjord Trends 2022」を読む:
パンデミック後の生活者 マーケターなら押さえておくべき5つのトレンドとは?
2022年に押さえるべき世界の最新デザイントレンドをまとめたレポート「Fjord Trends 2022〜新たな日々を織り成すもの〜」から、ビジネスの在り方を再設計するためのヒントを学ぶ。(2022/4/14)

製造マネジメントニュース:
IBM日本法人が自動車メーカーのシステム構築などの子会社3社を合併
日本アイ・ビー・エムは、地域や業界特化でITサービスなどを提供している同社子会社3社を2022年7月1日に合併する。地域拠点の拡大および、社員のスキルの選択肢やキャリアパスの幅が広げられるようになる。(2022/4/11)

公開したWebサイト全てが狙われる時代、セキュリティ対策効率化のヒント:
PR:脆弱性、対応する人も時間もない――エキスパートに聞く解決策
社会全体でデジタル化が加速し、Webサイトは重要な顧客接点の一つになっている。一方で、サイバー攻撃による企業の被害は事業継続を脅かすほどに深刻化しており、迅速な対策の見直し、強化が求められている。ソフトウェアからミドルウェアまで日々多数の脆弱性が発覚する一方、企業の人材や予算は限定的だ。ビジネスを確実に守る方法はあるのか。(2022/4/18)

「経営層を説得するための材料として活用してほしい」:
DXで目指す「変革規模」と「組織成熟度」の指標を定義 IPAがDX実践手引書を改定
IPAは、「DX実践手引書 ITシステム構築編」を改訂した。「DXで目指す変革規模や現時点の成熟度を指標化する仕組み」「DXとセキュリティの関係」「外部サービスの活用方法」などが紹介されている。(2022/4/6)

ミルボンは美容室の解題に取り組む:
「対面重視」の美容業界に訪れた“DXの波” コーセーの「触れない接客」に高評価が付く理由
店頭での接客や体験を重視してきた美容業界。しかし特にコロナ禍以降、企業側にもDXの波が訪れた。ありきの美容業界で進むDXとはどういったものか。(2022/4/5)

転出先キャリア側での手続きのみで完了――MNPの「ワンストップ化」は2023年4月から試験運用へ
総務省が検討を進めてきたMNPの「ワンストップ化」に向けたスケジュールが改めて示された。6月までにシステムの仕様(要件)を定めた上で、2023年4月からシステムの試験運用を始める予定となっている。(2022/4/4)

脱炭素:
ウーブンシティー隣接地でCO2フリー水素製造、ENEOSとトヨタが共同開発契約
ENEOSは2022年3月23日、トヨタ自動車が建設を進める「ウーブンシティー」において、CO2フリー水素の製造と利用を推進するための共同開発契約を、トヨタ自動車との間で締結したと発表した。2024〜2025年に予定するウーブンシティーの開所前に、隣接地での水素ステーション運営開始を計画する。(2022/4/6)

3Dプリンタニュース:
霜降りステーキのような培養肉を3Dバイオプリントで、産学共同で2025年に実現へ
大阪大学大学院工学研究科と島津製作所、シグマクシスは、「培養肉を自動生産する3Dバイオプリント技術」に関する記者説明会を開催した。同技術の開発および普及によって、食糧問題はもちろんのこと、医療や健康、環境などのさまざまな社会課題の解決につなげることを目指す。(2022/3/30)

蓄電・発電機器:
産業用蓄電システムの最新動向、これからの電力業界の展望を見据えた新製品も続々!
産業用の蓄電池市場に新たな動きが出始めている。自家消費やBCP対策としてはもちろん、VPPや蓄電池発電所など、これまでなかったニーズも顕在化してきている。「スマートエネルギーWeek2022 春展」より、注目のソリューションをピックアップ。(2022/3/30)

日本でも展開:
「世界一快適なシューズ」と評価された「Allbirds」 徹底した“環境配慮”の理念に迫る
Allbirdsは、2016年に米・サンフランシスコで創業した靴のD2Cブランド。20年に東京・原宿への初出店を果たし、同店の売り上げが世界一を達成した。環境配慮に徹底した企業理念が支持されている。(2022/3/29)

社労士・井口克己の労務Q&A:
入院中に有休を使い切った社員 会社が立て替えた住民税を踏み倒して退職……どうすればよかった?
入院中に有休を使い切った社員。無給期間中の社会保険料や住民税などは会社で立て替えていたが、そのまま退職。退職後の請求にも応じなかった。どうすればよかった?(2022/3/29)

特集:コロナ/大災害時代のデータ保護大全(2):
クラウドネイティブな環境の災害対策とは? みんなの銀行に聞く「運用コストゼロ、運用負荷ゼロの究極のシステム」
若い世代に向けて新しい形の銀行サービスを提供しているみんなの銀行。同行のサービスはクラウドネイティブなシステム構成を取っているのが大きな特徴だ。CIOの宮本昌明氏に、クラウドネイティブ時代の災害対策について聞いた。(2022/3/31)

FAニュース:
製造現場とITの連携ニーズは衰えず、Edgecrossの2022年度活動方針
エッジコンピューティングにおける共通基盤の構築を目指す「Edgecrossコンソーシアム」は2022年3月18日、同団体の活動報告や2022年度の基本方針などを説明する「Edgecrossフォーラム 2022春」を開催した。(2022/3/28)

サプライチェーン×DX:
NTTデータが提言 サプライチェーン強靭化には「デジタルツイン」が重要
コロナ禍、甚大化する自然災害、米中貿易摩擦、サプライチェーンを狙ったサイバー攻撃――。これまでの環境に最適化されたシステムの見直しを余儀なくされるような変化が起こる中、サプライチェーン強靭化のために何が必要か。IT技術はそのためにどのような貢献ができるのか。(2022/3/25)

2022年の熱いIT投資先【後編】
次世代RPA「ハイパーオートメーション」が急成長か Gartnerが予測
Gartnerは、2022年に大幅な成長が見込まれる分野として「ITサービス」と「ハイパーオートメーション」を挙げる。これらの2つの分野が伸びる理由とは。(2022/3/25)

エネルギー管理:
セメント由来CO2で合成したメタンを供給、東京ガスと太平洋セメントが事業検討へ
太平洋セメントと東京ガスが、セメント製造工程から回収される高濃度CO2で合成したメタンを、既存のガスインフラにで供給するメタネーション事業の実現可能性調査を行うと発表した。(2022/3/23)

ソラコム、IoT向けにKDDI回線の5G対応プランを提供 小型の「エコSIM」採用
ソラコムは3月22日、データ通信サービス「SORACOM Air for セルラー」において、新プラン「plan-K2」の提供を開始した。新しいデザインのSIMが用意され、KDDI回線の5G/LTEに対応。300MB分のデータ通信料金を含む料金プラン、IoT向けの便利な機能を利用できる。(2022/3/22)

生産性向上のもう一つのキモは、設備管理の徹底にあり(3):
機械設備の高い信頼性なくして、高精度の生産管理は存在しない
工場の自動化が進む中でより重要性を増している「設備管理」について解説する本連載。第3回は、機械設備の故障と信頼性について解説する。(2022/3/22)

キャリアだって多様でいいじゃないか:
PR:NTTデータ先端技術の新人事給与制度は、ここがスゴい
組織やプロジェクトをマネジメントする力だけでなく、マネジメント特化か専門性特化かの二者択一でもない。マネジメント軸と専門性の軸で構成する2次元フィールドの中で自由にキャリアを選択できる、NTTデータ先端技術の新人事給与制度。制度に込めた思いと願いをキーパーソンに伺った。(2022/3/22)

PR:“AI検索”で埋もれた社内データを楽々発見 業務効率化に挑むパーソルキャリア 「ナレッジマイニング」に寄せる期待
(2022/3/18)

2022国際ロボット展:
出展7社のロボット稼働情報をリアルに表示、Edgecrossでつながる世界をアピール
Edgecrossコンソーシアムは、「2022国際ロボット展(iREX2022)」(東京ビッグサイト、2022年3月9〜12日)に出展し、会場内の他社ブースに出展されたロボットと接続しリアルタイムで遠隔監視を行った。また、Edgecrossを活用して遠隔地でエンジニアリングを行った連携ラインのデモを披露した。(2022/3/17)

VMware、自宅サーバ愛好家向けに「動作保証はないけど動くらしい」非公式ハードウェアリストを作成 コミュニティーに情報提供を呼び掛け
VMwareが、「vSphere」などの非公式な対応ハードウェア表を作成する。自宅サーバ愛好家や自宅ラック愛好家が利用できるよう、社員が自主的に行ってきた非公式なリストの作成を公式に支援するという。(2022/3/15)

ラズパイで製造業のお手軽IoT活用(12):
ラズパイを使った設備IoTでありがちな困り事と対処方法
小型ボードコンピュータ「Raspberry Pi(ラズパイ)」を使って、低コストかつ現場レベルでIoT(モノのインターネット)を活用する手法について解説する本連載。第12回は、ラズパイを使った設備IoTでありがちな困り事である、アナログセンサーからのデータ変換方法や、設備からのデータ収集間隔が短い場合の対処方法について紹介する。(2022/3/14)

製造現場向けAI技術:
未経験の設備異常も予兆検知可能なAIシステム、顧客自身での再学習も可能
大阪ガスは2022年3月8日、宇部情報システムと共同で、過去に経験がない異常でも早期検知が可能なAIシステムを開発したことを発表した。(2022/3/10)

IIFES2022特別企画:
PR:三菱電機が目指す現場起点のデジタルマニュファクチャリング、その価値と実現方法
人手不足やコロナ禍など製造現場を取り巻く環境は厳しさを増している。こうした状況に対応するため、三菱電機では従来のモノづくり現場での知見を生かしつつ、新たにデジタル技術の“ピース”を用意し「現場起点でのデジタルマニュファクチャリング」で、柔軟かつ迅速に変化に対応できるモノづくり現場の実現を目指している。IIFES 2022 ONLINEと三菱電機FAサイト内IIFES特設ページでこれらの具体的な取り組みを紹介した。(2022/3/14)

オンライン国会なお課題 「出席」見解を議長報告
衆院憲法審査会と与野党が、オンラインでの国会出席について、緊急事態発生時などに例外的に認められると解釈できるとの見解を報告した。国会のオンライン審議が実現に近づいたが、詳細なルールやシステム構築が必要で、導入には時間がかかりそうだ。(2022/3/9)

情報「情報戦を制す人事」:
【2022年版】改正育児・介護休業法などのポイントを一挙解説 企業が取るべき対応は?
男性の育児休業取得率をさらに引き上げるべく、2021年6月に育児・介護休業法と健康保険法などが改正されました。22年4月より順次施行される改正法のポイントや企業に求められる対応について、社労士が解説します。(2022/3/9)

製造IT導入事例:
ブルボンがSAP S/4HANAと分析ソフトを導入、意思決定の情報収集迅速に
SAPジャパンは、同社の次世代ERP「SAP S/4HANA」と分析ソフト「SAP Analytics Cloud」をブルボンが採用したと発表した。システム刷新により、意思決定に必要な情報提供の迅速化などを目指す。(2022/3/8)

産業用ロボット:
教示レスで弁当配膳などにロボット活用、音声認識やARで調整時間を10分の1に
三菱電機は2022年2月28日、高精度な音声認識技術や多関節ロボットの最適化によりティーチング(教示)の負荷を大きく低減した形で動作プログラミングを自動生成する複合技術「ティーチングレスロボットシステム技術」の開発を発表した。ロボット活用のハードルを下げることで、従来ロボットが使われてこなかった食品工場などでの用途拡大を狙う。(2022/3/1)

小売業の潮流は?:
「ドンキ」展開のPPIHが絶好調 トイレットペーパーの“110円差”から見えた知られざる「実力」
ドン・キホーテを展開するPPIHが、コロナ禍でも過去最高の業績を達成している。筆者は緻密な戦略とチャレンジの結果だと分析する。どういうことかというと……。(2022/2/28)

社労士・井口克己の労務Q&A:
出向してきている社員が残業時間を超過 勤怠システムの費用は、出向元に請求していい?
当社で受け入れている出向者が残業時間を超過していたことが発覚。給与計算は出向元の企業のため、勤怠管理も出向元企業に任せていますが、当社でも勤怠管理をした方が良いのでしょうか?(2022/2/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。