ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

「IaaS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Infrastructure as a Service

NEWS
サイバー犯罪のアンダーグラウンドで拡大する「外部委託」と「協調志向」の実態
BlackBerryが「2022年版 BlackBerry脅威レポート」を公開した。同社の顧客約1万社のデータに基づいた調査から明らかになった、サイバー犯罪の「外部委託」と「協調志向」とは。(2022/5/19)

NasdaqがAWSを採用する理由【後編】
NasdaqのCIOが語る クラウドを無駄にする“悪習”とは
クラウドサービスへの大規模なシステム移行をスムーズに進めるには、どの作業から始めるべきなのか。AWS移行を進めるNasdaqのCIOが、クラウドサービス移行の前に検討すべきポイントを説明する。(2022/5/16)

リクルート事例で分かるIaaS→PaaS移行のコツ(1):
リクルートの情報検索組織が検索APIの基盤をIaaSからPaaS中心にした理由
リクルートの情報検索組織において検索APIの基盤をどうやってPaaS中心のシステムに移行したかを紹介する連載。初回は、PaaS中心の世界観に至った歴史的いきさつ、理由について解説する。(2022/5/13)

「内製化の道」も一歩から(2):
共創型SIerが解説 「技術以外のスキル」が内製化実現に欠かせない理由
ユーザー企業と共に内製化を実現する「共創型SIer」であるBeeXの知見を基に、システム開発の内製化に必要なステップやエンジニアのスキルについて解説する本連載。第2回は「内製化実現に欠かせないエンジニアスキル」について解説する。(2022/5/11)

「CCoE」設立時の注意点 部門を跨ぐクラウド活用の勘所(前編):
社内に潜むクラウド活用の“お邪魔虫” 「経営/現場」「推進派/慎重派」は関係なし
クラウド活用を部門横断で推進する組織「CCoE」。KDDIなども続々と設置しているが、立ち上げ方を誤ると逆にクラウド活用をはばむ恐れがある。クラウド活用の壁になる部門と、それを踏まえたCCoEの適切な立ち上げ方を、前後編に分けて解説する。(2022/5/9)

NasdaqがAWSを採用する理由【前編】
Nasdaqは「AWS」移行をどのように進めるのか
株式市場のNasdaqがAWSと連携し、各市場のクラウドサービス移行を進めることを発表した。同社の狙いと、移行の中核要素となるAWSサービスを説明する。(2022/5/2)

「どこからでもサービス提供」の視点【後編】
先が見えないからこそ考えるべき「インフラの条件」とは?
オンプレミスとクラウドサービスを含め、企業が利用可能なインフラは多岐にわたる。働き方が変わる中でも継続してサービス提供するために、IT部門はインフラにどのような要素を取り入れればよいのか。(2022/4/27)

OCI無料プラン「Always Free」の活用法【後編】
常に無料のOCI「Always Free」はここまで使える
Oracleの無料クラウドサービス「Always Free」を使うことで、開発者はコストをかけずにクラウドアプリケーションを構築し、試験的に運用することができる。無料のサービスだけでどこまでできるのか。(2022/4/26)

SAP ERPユーザーFender「ギター爆売れ」の裏側で決行した「たった3日のERPクラウドリフト」
コロナ禍は在宅趣味に関わる市場にも大きな影響を与えた。2020年に過去最高のギター販売台数を記録したギターメーカーFenderはこの状況に対応すべく、たった3日でSAP ERPをクラウドにリプレースした。(2022/4/22)

NEWS
楽天グループがGoogle Cloudの「BigQuery」を採用 その狙いは?
楽天グループは、全社的に利用するデータウェアハウスにGoogleの「BigQuery」を採用した。同社がデータ分析システムのクラウド移行を決意した課題と、「Google Cloud Platform」を採用した理由は。(2022/4/21)

パブリックもプライベートも、クラウドはもっと「楽」に運用できる:
PR:ビッグデータ・先進技術の活用でDXを実現 今考えるべき「攻めのクラウド運用」のカギ
経済産業省が2018年に発表したDXレポートで「2025年の崖」として解説された、日本企業の課題。レガシーシステムを刷新し、時代に適応するにはクラウドネイティブな企業へと進化し、ハイブリッドクラウド環境を使いこなすことが求められる。そのために必要なキーワードやビジョンを、企業のITインフラ/クラウドの事情に詳しいITRの甲元宏明プリンシパル・アナリストと伊藤忠テクノソリューションズとの対談を通し、解説していく。(2022/4/18)

ITR甲元氏が語る「守りのクラウド活用」のポイント:
PR:複雑化するクラウド環境 増大する「コスト」「セキュリティリスク」「管理負荷」を解消するカギ
クラウド化が進む中、セキュリティの負荷増大や災害時におけるBCP対応など、各企業は“守り”の面での課題が山積している。本記事では、企業のITインフラ/クラウドの事情に詳しいアイ・ティ・アールの甲元宏明プリンシパル・アナリストと伊藤忠テクノソリューションズとの対談を通し、クラウドを起点に守りを強化するための正しい考え方や、注目すべきキーワード「オブザーバビリティ」に関して解説する。(2022/4/18)

約8割の組織がランサムウェア攻撃を経験:
直面する課題に向けた6つの推奨事項とは Splunkが「セキュリティ調査レポート 2022」を発表
Splunkは日本を含む世界11カ国を対象にした「セキュリティ調査レポート 2022」(The State of Security 2022)の結果を発表した。企業がランサムウェア攻撃などのサイバー犯罪の脅威、深刻化する人材不足、クラウド推進に伴うITインフラの複雑化の課題に直面していることが明らかになった。(2022/4/20)

NEWS
三井不動産が基幹システムを「OCI」に移行 採用の決め手は?
三井不動産は商業施設運営を支える基幹システムを「OCI」に移行した。当初は他のクラウドサービスへの移行を検討していたというが、最終的には何がOCI採用の決め手となったのか。(2022/4/20)

OCI無料プラン「Always Free」の活用法【前編】
OracleとAWSの「常時無料枠」を比較 OCIにあってAWSにはない“あれ”とは?
クラウドベンダーは自社のクラウドサービスを開発者に試してもらうために、期間無制限で使える無料プランを用意している。OracleとAWSの無料プランの違いとは。(2022/4/19)

クラウドリフト・シフトが進む今がチャンス:
PR:クラウドリフトを契機に現行運用からの脱却と運用高度化の必要性を考える
自社固有の設定を盛り込んだ統合運用管理ソフトウェアはよほどのことがない限り変更したくないものの一つだろう。だが、企業ITシステムのトレンドがクラウドリフトに向かう今、従来型の運用を見直さなければクラウドのメリットを享受できない可能性がある。(2022/5/9)

IaaSの可用性を高める3つのポイント【後編】
「高可用性IaaS」が本当に必要かどうかを考える5つのヒント
IaaSの可用性を必要以上に高めようとすると、インフラの複雑さやコストが増大する可能性がある。HAが本当に必要かどうかを考えるための5つの観点を説明する。(2022/4/15)

「どこからでもサービス提供」の視点【前編】
独自ルールにこだわるIT部門に足りない「発想の転換」 Gartnerが指摘
働き方が変わることと同時にビジネスニーズも変化している。IT部門はこの変化に対処するためにどうすればいいのか。そのためには従来の考え方を捨てて、新しい戦略を取り入れることが求められる。(2022/4/13)

クラウドの4大設定ミスとその防止方法【後編】
クラウドの「ワークロード設定ミス」を防ぐ方法と、設定ミス撲滅に役立つツール
クラウドサービスの設定ミスをなくすには、細かい設定に目を配り続けなければならない。ベンダー各社は、クラウドサービスの適切な設定を支援するツールを提供している。(2022/4/12)

クラウドユーザーのための「ログ管理」5大ベストプラクティス【前編】
クラウドログ管理の前に「なぜログを管理するのか」を熟考すべし
IT担当者はログを一元管理することで、システム監視を強化し、トラブルシューティングの速度を向上できる可能性がある。クラウドサービスのユーザー企業がログ管理を成功させるためのベストプラクティスを紹介する。(2022/4/11)

NEWS
ERPの国内市場は復調 ITRの調査から見えるERPの潮流は?
ITRが発表した調査結果によれば、国内における2020年度のERP市場の売上金額は前年度比6.9%増にとどまったが、2021年度は2桁成長になる。その背景と、そこから見えるERPの潮流とは。(2022/4/7)

IaaSの可用性を高める3つのポイント【中編】
可用性に無駄金を使わない基礎知識 「IaaS」の主な構成要素とは?
IaaSの可用性向上を実現する場合、IaaSの「何」の可用性を高めるのかを検討し、必要以上のコストが発生しないようにするのが重要だ。IaaSの主な構成要素を整理し、それぞれでHAを実現する方法を説明する。(2022/4/8)

“政府認定クラウドサービス”から自主的にサービス取り下げ 辞退企業に理由を聞いた
日本政府が定めるクラウドサービスの認定制度「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度」(ISMAP)の登録を自ら取り下げたSaaS企業。自治体・官公庁向けにサービスを提供しているにもかかわらず、自主的に登録を解除した理由とは。(2022/4/7)

製造ITニュース:
「A+G」で広がるGoogle Cloud、トランスフォーメーションクラウドで変革を推進
グーグル・クラウド・ジャパンは、クラウドサービス「Google Cloud」を中核とする事業戦略について説明。同社 代表の平手智行氏は「クラウド利用の変遷が進んでおり、これまでのインフラストラクチャクラウドから、今後は変革を推進するトランスフォーメーションクラウドの時代に入る」と述べた。(2022/4/7)

クラウドの4大設定ミスとその防止方法【中編】
機密データを全世界に公開しないための「クラウドストレージ」「クラウドネットワーク」設定ミスの防ぎ方
クラウドストレージやクラウドネットワークの設定ミスが原因となり、機密データを誤って外部に公開してしまうことがある。こうした事故を防ぐために、設定ミスを防止する方法を説明する。(2022/4/5)

21年4Qのクラウドインフラ市場、アジア太平洋地域はAWSとアリババが上位に 日本のランキングは?
調査会社の米Synergy Research Groupが、アジア太平洋地域におけるクラウドインフラ市場についての調査結果を発表。1位は米AWSで、2位は中国Alibabaだった。日本はAWSやMicrosoftが上位に並んだが、富士通などの国内ベンダーも健闘した。(2022/4/4)

「OCI」「Azure」でクラウド移行を進めるヒースロー空港
ヒースロー空港が「Oracle Cloud」と「Azure」を併用 どう使い分けているのか
英国のヒースロー空港は「Oracle Cloud Applications」「Microsoft Azure」という複数のクラウドサービスを併用している。どのようなサービスを、どのような目的で利用しているのか。元CIOに話を聞いた。(2022/4/4)

IaaSの可用性を高める3つのポイント【前編】
SLAの「99.9%」は何を意味するのか 必要な可用性を計算する方法
IaaSにあるデータやアプリケーションを安定して利用できる状態にするには、IaaSの可用性を高める必要がある。必要な可用性を検討する際のポイントを説明する。(2022/4/1)

PR:老舗企業のITチームはなぜDXに失敗してしまうのか〜成功する「CCoE組織の組み方」
DX推進でまず改革すべきなのは旧来のIT調達の考え方やITマネジメント手法を踏襲するIT部門だ。DXの停滞に悩む多くの経営者やCIOが、この課題の解決策を探している。(2022/3/31)

IaaS移行にかかるコストを整理する【後編】
「クラウドにしたら高くなった」を回避 IaaS移行後コストの正しい見積もり方
コスト削減を期待してIaaSへとワークロードを移行させたものの、結果的にはコストが下がらず、むしろ高くなった――。こうした“想定外”をなくすために、IaaS移行後に発生するコストを正しく見積もる方法とは。(2022/3/31)

ノークリサーチが調査、小売業のクラウド活用はライブコマースやキャッシュレス化に期待
ノークリサーチの調査によると、小売業のクラウド活用はライブコマースの国内向け展開やキャッシュレス化などに期待が集まり、業種の特性を加味したSaaSやIaaSなどによる共有サーバの活用が検討される傾向があるることが分かった。(2022/3/31)

クラウドの4大設定ミスとその防止方法【前編】
「クラウドIAMの設定ミス」の危険性と、設定ミスを防ぐ3つの方法
クラウドサービスの単純な設定ミスが、情報漏えいにつながる恐れがある。クラウドサービスのID・アクセス管理(IAM)における設定ミスの危険性と、適切なIAMポリシーを設定する方法を説明する。(2022/3/29)

従来型システム監視は失敗リスクが高まっている:
PR:なぜハイブリッド/マルチクラウドを前提とした運用管理を再定義すべきなのか?
さまざまな環境に分散したITインフラを効率良くモニタリングするシステム監視をどう実現すべきか。運用管理における業務プロセスの見直し機運が高まっている。導入のシンプルさと機能の豊富さで人気の「Hinemos」が目指すものとは何か。(2022/3/31)

「Oracle Cloud VMware Solution」と「VMware Cloud on AWS」を比較【後編】
いまさら聞けない「VMware Cloud on AWS」とは? 「Oracle Cloud VMware Solution」との違いは
AWSやOracleはIaaSでVMware製品を実行するためのサービスを提供している。こうしたサービスの代表格であるAWSの「VMware Cloud on AWS」の特徴と、Oracleの競合サービスとの違いを説明する。(2022/3/28)

「市場拡大の追い風が吹いている」:
パッケージ型からクラウドサービス型への移行が進む ITRが国内ERPの市場予測を発表
ITRは、国内ERPの市場予測を発表した。2020年度の売上金額は対前年度比6.9%増の1229億円。SaaSは対前年度比27.2%増と高い伸びを示したのに対して、パッケージは対前年度比2.4%減だった。(2022/3/25)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(166):
「SQL Best Practice Assessment」でAzure仮想マシン上のSQL Serverを評価する
Microsoftは2022年3月17日(米国時間)、2021年11月からプレビュー機能として提供していたAzure仮想マシン上のSQL Server用「SQL Best Practice Assessment」の一般提供を発表しました。この機能を利用すると、Azure仮想マシンで稼働するSQL Serverの構成がMicrosoftのベストプラクティスに準拠しているかどうかを自動または手動で評価できます。(2022/3/25)

「レガシー脱却」にかける思いとは
Google元幹部が生んだ勘定系「Vault」を導入 新興銀行Lunarの狙いは
北欧のチャレンジャーバンクLunarは、Thought Machineの勘定系システム「Vault」を採用した。Lunarがシステム選定に当たって重視したポイントは。(2022/3/25)

Gartner Insights Pickup(250):
モダンなインフラのよくある5つの誤解を認識し、解消する
インフラの優れた選択肢が出てきているが、CIO(最高情報責任者)はより大きな不確実性とさらなるリスクおよび大げさな主張に悩まされている。(2022/3/25)

IaaS移行にかかるコストを整理する【中編】
IaaSへの移行作業中に発生する“見落としがちなコスト”
IaaSへワークロードを移行させる際、CIOは移行後の運用コストについて考慮する必要がある。コストを計算するときに見落としがちな要素とは。(2022/3/24)

テレワーク時代に適したVM管理の実践術【後編】
ROBOでVMを動かすなら「HCI」(ハイパーコンバージドインフラ)を検討すべし
ROBOでVMを稼働させようとしている企業のIT担当者が、管理負荷の軽減に活用できる製品分野には何があるのか。主要な製品分野を整理する。(2022/3/22)

AWSで学ぶクラウド時代のネットワーク基礎知識(3):
オンプレミス環境とのプライベート接続――「AWS VPN」接続の基本
これまであまり物理的なネットワークに触れてこなかったエンジニアを対象に、AWSを用いてネットワークの基礎知識を解説する連載。今回は、オンプレミス環境とのプライベート接続について解説し、AWSにおけるVPNの設定手順を示す。(2022/3/17)

IaaS移行にかかるコストを整理する【前編】
「IaaS移行」を考えたらまず検討しておきたいポイント
オンプレミスインフラからIaaSへの移行を考えるCIOは、移行計画を立てることにもコストがかかることを忘れてはならない。IaaS移行の計画段階でかかるコスト要素について詳しく説明する。(2022/3/17)

「Oracle Cloud VMware Solution」と「VMware Cloud on AWS」を比較【前編】
VMware製品をOCIで動かす「Oracle Cloud VMware Solution」とは? ハイブリッドクラウド構築に使うメリット
アプリケーションのIaaS移行のハードルを下げるために、OracleはVMware製品実行サービスの「Oracle Cloud VMware Solution」(OCVS)を提供している。OCVSの特徴を説明する。(2022/3/14)

IPA、専門家による脆弱性診断を無料提供 中小運営のECサイト向け
IPAが、ECサイトを運営する中小企業向けに、専門家による脆弱性診断を無料で提供する。通常は100万円程度の費用が掛かるサービスだが、脆弱性を巡る現状把握に向け、経済産業省の補助を受け無料で実施するという。(2022/3/10)

産業別クラウドのトレンドにどう答える? Oracle ERPが出した意外な答え
Oracleは業界特化型のSaaS ERPブームにどう対峙するのだろうか。OCIを含む「フルスタッククラウド」を強みとする同社は、専門性と標準化、アジリティのバランスをどう取る考えだろうか。国内企業の動向と合わせて展望を探る。(2022/3/14)

CIO Dive:
2022年の戦略が明暗を分ける? 注目すべきクラウドトレンド3選
10社に9社がクラウドを導入する時代、クラウド戦略の失敗はそのままビジネス価値の低下につながるといっても過言ではないだろう。米国のクラウドトレンド動向から今後の戦略を探る。(2022/3/10)

Gartner Insights Pickup(247):
クラウドは単なる他人のコンピュータではない(後編)
クラウドは単なる他人のコンピュータではない――。後編となる今回は、クラウドプロバイダーの情報開示について説明する。(2022/3/4)

クラウドサービス導入で起こりがちな失敗と対処法【後編】
「クラウド運用管理」に失敗しないためにユーザー企業がやるべきことは?
2020年に急いでクラウドサービスの導入を進めた企業では、クラウド利用の課題が顕在化しつつある。2022年はこうしたクラウドサービスを取り巻くIT戦略を、どのように変えるべきか。(2022/3/1)

クラウドニュースフラッシュ
戸田建設がオンプレミスのVMware製品をあえて「Oracle Cloud」に移行する理由
クラウドサービスを採用した戸田建設やGMOあおぞらネット銀行などの事例、AWSのHPC向けインスタンスの提供開始など、クラウドに関する主要なニュースを取り上げる。(2022/2/28)

CPUと熱と電力と【後編】
限界に近づくCPU&サーバの電力密度 Intelも検討するあの冷却方式
CPUを省電力化する試みは文字通り焼け石に水。電力密度は上昇し続ける。これにGPUボードなどの要素が加わり、サーバ単位の電力密度はさらに増大する。どうやって冷却するのか。(2022/2/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。