ニュース
» 2010年08月11日 13時37分 UPDATE

Microsoft、BingでのWolfram|Alpha採用を拡大

祝日の曜日や理科や社会で習うような基本的な知識など、これまでより一般的な検索でもWolfram|Alphaのデータが表示されるようになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは8月10日(現地時間)、検索エンジンBingの検索結果でのWolfram|Alphaのデータ利用範囲を拡大したと発表した(日本のBingには反映されていない)。

 Microsoftは2009年11月にWolfram|Alphaとの提携を発表し、高度な数学の計算結果やカロリー計算などの検索結果でWolframのデータを採用してきた。

 今回の拡大で、「フランスのGDP」「インドと中国の人口比較」「水の沸点」など、学校の社会科や理科で学ぶようなテーマを検索すると、検索結果ページのトップにWolframからのデータが表示されるようになった。結果の下には「Data provided byWolfram|Alpha」と表示される。

bing 1 「インドと中国の人口」の検索結果

 また、祝日の曜日や月日(米国の祝日は「○月の第2月曜」などと設定されていることが多い)の結果でもWolframのデータがトップに表示される。

bing 2 「2011年のクリスマス」の検索結果

 Microsoftは今後もWolframのデータ採用範囲を広げていくとしている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連キーワード

検索 | Bing | Microsoft | Wolfram|Alpha | 検索エンジン


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -