コラム
» 2010年10月08日 19時29分 公開

IEの「絶対優位」はもう終わり?

IEの市場シェアは今年に入って2度、60%のラインを切った。MicrosoftはIE9で逆転を狙っているが、IEがブラウザ市場で絶対的な優位を誇った日々はほぼ終わったと思う。

[Nicholas Kolakowski,eWEEK]
eWEEK

 Internet Explorer(IE)はピンチなのだろうか? もしそうなら、IE9はそれを救えるのだろうか?

 Net Applicationsの新しいデータによると、8月から9月にかけて、IEの市場シェアは60.4%から59.65%とわずかに減少した。これに対して、Firefox、Safari、Google Chromeは少しシェアを伸ばした。

 短期的には、IEにとって最大の脅威はChromeのようだ。その理由の1つは、同ブラウザが過去数四半期にわたって着実にシェアを伸ばしており、それが今後も続きそうなことにある。もう1つの理由は、Googleが同ブラウザをGoogle TVやChrome OS搭載Netbookなど多数の製品に統合する計画を立てているということだ。これら製品のどれかが大ヒットすれば、Chrome全体の勢いがさらに加速するだろう。

 もっとも、長期的に見ると、IEの市場シェアは徐々に低下している。Net Applicationsによると、2009年11月のIEのシェアは63.62%だった。今は60%のラインを割っている。このレベルを切るのは今年に入って2度目だ。

 Net Applicationsによると、IE9β版のシェアは0.1%(バージョン別ではIE8がトップで、29.06%のシェアを有している。Firefox 3.6が17.05%でそれに続く)。Microsoftは9月15日にIE9βをサンフランシスコのイベントで発表した。専門家はすぐさま、同ブラウザの機能や簡素化されたデザインをこき下ろした。

 IE9は、IEの下降傾向を覆すことができるだろうか? ほかの調査会社は、IEはもっと危うい位置にあるとしている。Royal Pingdomの9月の調査では、ブラウザ市場でのMicrosoftのシェアは49.9%で、前年同月の58.4%から低下している。こうしたデータは、Microsoftでいすが飛び交う原因になるだろう(訳注:Microsoftのスティーブ・バルマーCEOは、Googleに転職する社員にいすを投げつけたことがあると言われている)。

 Microsoftはこれまでに、市場シェアの下落を覆す能力を示してきた。昨年にはWindows 7のリリースで、Vistaによる失敗を食い止めることができた。それに同社は、プロジェクトに長期的に取り組む企業でもある。その証拠がXboxだ。当初の疑念や数年にわたる赤字にもかかわらず、このプロジェクトをやり抜いてきた。MicrosoftがIE9を推進するために、同ブラウザをできるだけ多くの製品に組み込むなど必要な手をすべて打ってくるのは確実だ。

 だが、IEがブラウザ市場で絶対的な優位を誇った日々はほぼ終わったとわたしは考えている。市場の過半を占める日々も程なく終わるかもしれない。とはいえ、それはまだかなり先のことだろう。Microsoftもそう望んでいるはずだ。

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -