ニュース
» 2010年12月09日 19時10分 UPDATE

ブラジルやインドの企業でクラウド活用が加速 米Ciscoが調査

世界13カ国のIT担当者を対象にした調査で、各国のクラウドに対する取り組みの違いが浮き彫りになった。

[伏見学,ITmedia]

 米Cisco Systemsは12月9日、世界13カ国のさまざまな企業のIT担当者に向けた調査「Cisco Connected World Report」を発表した。インドやブラジルなどの新興国ではクラウドコンピューティングの活用が急速に進むことが明らかになった。

 同調査は、イタリア、インド、英国、オーストラリア、スペイン、中国、ドイツ、日本、ブラジル、フランス、米国、メキシコ、ロシアの13カ国における企業のIT担当者100人、計1300人を対象に2010年8月〜9月の期間で実施したもの。企業におけるクラウドの動向について、既にクラウドを使用あるいは計画していると回答したIT担当者は全体の52%だった。中でも現在、ブラジル(27%)、ドイツ(27%)、インド(26%)、米国(23%)、メキシコ(22%)ではクラウドの使用率が高く、今後さらにブラジルや中国、インドではクラウドの導入が加速すると予測している。

 また、全世界で95%のIT担当者が今後3年以内にデータやアプリケーションをプライベートクラウドに保存、88%のIT担当者がパブリッククラウドに保存するとしている。

 日本のクラウド事情はどうか。既にクラウドを使用していると回答した日本のIT担当者は7%で、ロシア(3%)に次ぐ少なさだった。プライベートクラウドについては、16%が今後3年以内に使用する予定がないと回答、ロシアと並んで最多だった。同じくパブリッククラウドについては、17%が予定なしと回答している。

クラウドの導入状況と今後の展望データおよびアプリケーション保存に対するプライベートクラウド活用データおよびアプリケーション保存に対するパブリッククラウド活用 クラウドの導入状況と今後の展望(左)、データ保存に対するプライベートクラウドおよびパブリッククラウドの活用について(中)(右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -