ニュース
» 2010年12月22日 08時30分 UPDATE

Microsoft、「Windows Phone 7端末は150万台売れた」――ただしキャリアと小売店に

MicrosoftがWindows Phone 7端末発売後初めて販売台数に触れたが、150万台という数字は市場在庫を含めたものになっている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは12月21日(現地時間)、Windows Phone 7の販売台数について初めて公式にコメントした。

 Windows Phone 7端末は、10月21日に欧州とアジアの一部で、11月8日に米国で発売された。Microsoftは、アプリストアへのアプリ登録数やアプリ開発者数については何度か公式に発表してきたが、販売台数についてはこれまで触れることがなかった。

 同社のWindows Phoneビジネスマーケティング部門のアキム・バーグ副社長は発表文で、「通信キャリアと小売店は端末を購入し、顧客のために在庫を確保している。発売後最初の6週間で、端末メーカーは150万台以上の端末を販売した」と語った。つまりこれはユーザーが購入した台数ではなく、市場在庫を含めた台数だ。

 バーグ氏はまた、Windows Phone 7の最初のアップデートを向こう数カ月以内に実施することや、2011年にはWindows Phone 7を扱う通信キャリアが拡大すること、幅広い価格帯の端末が発売される予定であることなどに触れている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -