ニュース
» 2011年04月07日 12時45分 公開

クラウド向けソフトウェア市場、2015年には10%前後のシェアに

IDC Japanによれば、クラウドコンピューティング向けソフトウェア市場は2015年にパブリッククラウドとプライベートクラウドで、それぞれ約2254億円、約2707億円規模になると見込む。

[國谷武史,ITmedia]

 調査会社のIDC Japanは4月7日、国内クラウドコンピューティング向けソフトウェア市場予測を発表した。2015年にはパブリッククラウドで2254億8000万円、プライベートクラウド向けで2707億2400万円に達すると見込んでいる。なお、東日本大震災による影響は考慮されていない。

 パブリッククラウド向けソフトウェア市場では、2010年〜2015年の年間平均成長率が19.0%になると予測する。ERM(エンタープライズ・リソース・マネジメント)やCRMなどのエンタープライズアプリケーション、コラボレーティブアプリケーションのSaaSや、PaaSおよびIaaSのサービス基盤向けソフトウェアの売り上げ拡大が要因になるという。2010年の国内ソフトウェア市場全体に占める割合は4.5%だが、2015年には9.5%になると見込んでいる。

 またプライベートクラウド向けソフトウェア市場では、同期間の年間平均成長率を34.4%と予測する。プライベートクラウド基盤の構築に必要な仮想化ソフトウェアやOS、システム運用管理ソフトウェアが市場の成長をけん引する見通し。プライベートクラウド上で稼働するエンタープライズアプリケーションやデータベースも大きく増加するという。2010年の国内ソフトウェア市場全体に占める割合は3.0%だが。2015年には11.4%を占め、パブリッククラウド向け市場を上回る市場規模になると予想している。

国内クラウドコンピューティング向けソフトウェア市場予測、2010年〜2015年(2010年は実績、2011年〜2015年は予測、出典:IDC Japan)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -