ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「エンタープライズアプリケーション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「エンタープライズアプリケーション」に関する情報が集まったページです。

IoTセキュリティ:
欧米との比較に見る、日本のソフトウェアサプライチェーンセキュリティの現在地
日本シノプシスは、調査レポート「ソフトウェア・サプライチェーン・セキュリティ・リスクの状況」を基に、日本企業のソフトウェアサプライチェーンセキュリティに対する取り組みや対応状況などについて説明した。(2024/7/4)

Gartner Insights Pickup(357):
スプレッドシートの利用も増加、AIはアナリティクスユーザーにどのような影響を与えるか
アナリティクスとAIは相互に関連し、さまざまな分野に影響を与えている。これらがもたらす機会を活用しリスクを最小限に抑えるために、D&Aのリーダーはアナリティクスやデータサイエンスのエコシステム、ユーザーの行動などに対するAIの影響を考慮する必要がある。(2024/6/28)

2024年内に「Claude 3.5 Haiku」と「Claude 3.5 Opus」をリリース予定:
Anthropic、生成AI「Claude 3.5 Sonnet」を発表 推論速度は前世代上位モデルの2倍、図やグラフの解釈能力も向上
Anthropicは、同社の大規模言語モデルとして「これまでで最も高性能」とする「Claude 3.5 Sonnet」を発表した。(2024/6/27)

Huawei、非AndroidのOS「HarmonyOS NEXT」発表 独自AI搭載
Huaweiは、Androidベースではない初の独自OS「HarmonyOS NEXT」を発表した。次期フラグシップ「Meta 70」に搭載する計画だ。同社は独自LLM「Pangu 5.0」も発表した。(2024/6/24)

CIO Dive:
ChatGPTが2023年最も使用されたシャドーITのトップにランクイン CIOが難色
従業員が企業の許可なく使用するシャドーITの代表格にはLinkedInやCanvaなどが挙げられるが、2023年はChatGPTが首位に立った。この状況はCIOにとって好ましい状況ではない。(2024/5/24)

リミニストリートが開始した第三者保守「Rimini Custom」はベンダー保守と何が違う?
Rimini Streetはこれまで提供してきたSAPやOracle、Salesforceのシステム向けサポートを超えた、新しいカスタムパッケージ「Rimini Custom」を開始している。ベンダーサポートと何が異なるのだろうか。(2024/5/15)

データセンターの“標準”が変わる
AI需要で一変、「従来型データセンターではデータも電力も収容し切れない」
AI技術の利用が広がることを受けて、データセンターの設計や立地に変化が生じている。データセンターのインフラや設備は、AI技術の利用拡大からどのような影響を受けているのか。(2024/5/15)

セキュリティニュースアラート:
FIDO2認証をバイパスされる脆弱性 セキュリティ研究者が複数のユースケースを検証
Silverfortは、FIDO2認証が中間者攻撃によってバイパスされる可能性があると発表した。同社は複数の認証ツールでこの脆弱性を検証し、どうすればバイパスできるかを解説した。(2024/5/10)

CIO Dive:
プロンプト作成は「ヒトに残された」仕事か? それとも「時間の浪費」なのか
生成AI活用においてプロンプトの調整は重要だ。生成AI登場当初はプロンプトエンジニアが重宝されていたが、「AIの方が人間よりも優れたプロンプトエンジニアだ」と結論付ける論文が発表された。(2024/5/2)

「Linux」認定資格11選【前編】
「RHELマスター」になるなら手に入れておきたい“Linux認定資格”とは?
「Red Hat Linux Enterprise」(RHEL)を業務で扱うIT管理者が、自分の知識やスキルを証明したい際は、Red Hatが提供する認定資格が役立つ。どのような認定資格があるのか。(2024/4/16)

Windows PowerShell基本Tips(101):
【 Get-MgServicePrincipal 】コマンドレット――Microsoft Entra ID(旧Azure AD)に登録されたサービスプリンシパルの情報を参照する
本連載は、PowerShellコマンドレットについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は「Get-MgServicePrincipal」コマンドレットを解説します。(2024/4/15)

テクノロジープロバイダーに求められる4つの取り組みとは:
LLM、AIツールの活用がAPIの需要増加要因に Gartner予測
Gartnerによると、2026年までにAPIの需要増加の30%以上は、大規模言語モデル(LLM)を使用するAIやツールからの需要が寄与するようになる見通しだ。(2024/3/25)

Gartner Insights Pickup(343):
経営リーダーが創造的破壊の担い手となるには何が必要か
経営リーダーは、自らがリーダーとしての行動様式を変える必要があることを認識し、イノベーションを加速させる上で重要な行動をマスターしなければならない。(2024/3/22)

Daprを採用したZscalerも価値を実感:
マイクロサービスの原則をプラットフォームエンジニアリングにもたらす「Dapr」とは?
マイクロサービスが主流となる中、マイクロサービス向けに開発された「Dapr」が、プラットフォームエンジニアにとって魅力的なものとなっている。(2024/3/22)

NECグループの広範な対応力と丁寧な人材育成:
PR:SAPエンジニアにとって理想の環境とは
NECソリューションイノベータはSAPに関連する人材を集約する形で、2020年にSAPソリューション事業部を立ち上げた。SAP事業のキーパーソンに仕事の醍醐味や同社ならではの教育制度などを伺った。(2024/3/21)

パフォーマンス、透明性、コスト効率の新たな基準を設定:
コード生成用オープンアクセスLLM「StarCoder2」を公開 ServiceNow、Hugging Face、NVIDIA
ServiceNow、Hugging Face、NVIDIAは、コード生成用のオープンアクセスLLMファミリー「StarCoder2」を公開した。(2024/3/4)

専門家が予言するERPのトレンド、2024年の3本柱とは
2024年はERP業界にとって重要な1年になる。アナリストはクラウドへの移行や生成AI機能の追加などで戦略的投資先になっていくとみているが、具体的にはどのように進化するのか。(2024/2/28)

ERPにAIチャットbotを統合する意味ってある? そのメリットを解説
ERPにAIチャットbotを統合する企業が増えている。本稿ではERPをチャットbot経由で活用するメリットと効果的なチャットbot選定のコツについて解説する。(2024/2/28)

Weekly Memo:
マイクロソフトが狙うのは「CopilotのWindows化」? プライベートイベントの取材から考察
マイクロソフトが生成AIに関する最新の取り組みをプライベートイベントで明らかにした。その内容と根本にある考え方を紹介しつつ、エンタープライズアプリ市場における競争のポイントを探る。(2024/2/26)

Cybersecurity Dive:
2024年、セキュリティ業界で進むさらなる規制と取り締まり 企業はどう動けばいい?
民間企業や重要インフラストラクチャの提供者は、製品のセキュリティや情報共有、データセキュリティの透明性に関してこれまでにない要求に直面している。(2024/2/24)

Coderpadが発表:
採用担当者が開発者に求めるプログラミング言語スキルランキングトップ10、PythonがJavaScriptを超えて1位に
CoderPadは人事、採用担当者が開発者に求めるプログラミング言語スキルランキングトップ10を発表した。(2024/2/14)

CIO Dive:
GPU不足が深刻化 生成AI導入を急ぐCIOは早めに手を打つべきか?
生成AIの急速な普及に伴い、処理に不可欠な半導体の不足が深刻だ。半導体メーカーやハイパースケーラー、その他のITプロバイダーは、企業が生成AI導入に必要とするプロセッサの提供を急いでいる。(2024/2/7)

生成AI「だけ」では業務は回らない 「OCI Generative AI」はエンタープライズのユースケース網羅をねらう
ミッションクリティカルなエンタープライズアプリケーションと生成AIエンジンの両方を持つことが強み――。Oracleがデータベースとアプリケーション、買収したAI Techを生かして事業をドライブさせようとしている。(2024/2/5)

CIO Dive:
ついに「COBOL」からIT部門が“解放”される? アクセンチュアの報告書を読み解く
保守的なイメージの強い金融業界だが、アクセンチュアによると、実は銀行はAIの活用に向けて他業界よりも早く体制を整えているという。中でも、レガシーシステムに使われている「COBOL」の“解読”に向けた期待が高まっている。(2024/2/1)

ユースケースごとの向き、不向きはあるのか:
Webアプリ開発における「MERN」スタックとは? 「MEAN」との違いは?
Web開発プロジェクトでは、適切なテクノロジースタックを選定することが極めて重要なステップになる。Web開発プロジェクトではMERNとMEANのどちらかを選ぶのが一般的だ。どちらを選ぶのが最適なのか。(2024/1/18)

Weekly Memo:
SAPジャパン社長が「2024年は“ビジネスAI元年”になる」と宣言 その根拠を聞いてみた
2023年もあとわずか。2024年、企業のIT活用はどのように変化して進化していくのか。企業の基幹業務を担うERPをはじめとするエンタープライズアプリケーション市場をリードするSAPジャパンの鈴木洋史社長の話から探った。(2023/12/25)

米飲料メーカーのERP導入 上手な製品選定に必要な考え方とは
米飲料メーカーのTalking Rainは既存システムの限界を感じ、ERPの導入を決めた。プロジェクトを導いたホーナー氏は、製品選定において重要なことは慎重かつ綿密な計画だと話す。(2023/12/15)

“増え過ぎたSaaS”が招くリスクと解決策【第4回】
“SaaSのサイロ化”を解消する「コンポーザブルアーキテクチャ」とは?
企業が複数のSaaSを利用するとき、データの保管場所や管理手法がばらばらになればデータ活用は簡単ではなくなる。こうした課題を解消するために、市場にはどのような製品が登場しているのか。(2023/12/11)

重要なのは熱意ある人材の有無?:
生成AIの導入前にCIOとCTOは何を考慮すべき? IBMが解説
IBMは生成AIの導入についてCIOとCTOが何をすべきかについて同社ブログで解説した。(2023/11/24)

明らかになった「MSA攻撃」の詳細【後編】
中国系犯罪グループが「Microsoftアカウント」に入り込めた本当の理由
サイバー犯罪集団「Storm-0558」はなぜ、「Microsoftアカウント」(MSA)への侵入に成功したのか。Microsoftの対策の弱点を見るとともに、セキュリティ専門家の見解を紹介する。(2023/11/22)

Windows PowerShell基本Tips(89):
【 Add-MgApplicationPassword 】コマンドレット――Microsoft Entra ID(旧Azure AD)の「アプリの登録」でクライアントシークレットを作成する
本連載は、PowerShellコマンドレットについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は「Add-MgApplicationPassword」コマンドレットを解説します。(2023/11/17)

SAP、Oracle、Salesforceの生成AIは何が違うのか? 関連ニュースをまとめ読み
ベンダー各社が生成AIサービスを相次いで打ち出している。一方で「何が違うのか」を明確に理解するのは困難だ。本稿ではOracle、Salesforce、SAPの情報をまとめて紹介する。(2023/11/15)

Oracle Databaseの無視できないコスト【後編】
「Oracle Database」ユーザーへのお願いから読み解くOracleの“本当の狙い”
Oracleは「Oracle Database」の古いバージョンをアップグレードするようユーザー企業に推奨している。背景にはサポート体制の継続以外にも、同社の戦略的な狙いがあるという。それは何か。(2023/11/15)

人とマシンの関係は新たな段階へ 戦略的テクノロジーのトップトレンドは何が変わったか
来年のIT投資を占う「テクノロジートップトレンド」が発表された。今年の特徴はDXが次のステージに移行しつつあること、AIの可能性をいよいよ具体的に理解しなければならないことが強く意識されている点だ。われわれは今から何を準備すべきなのだろうか。(2023/11/14)

「2027年までに企業アプリの半数はパブリッククラウド外で構築」:
オンプレミスに残ったアプリケーションは今後どうする?どうなる? Gartnerが推奨する3つのステップ
Gartnerは、2027年までに重要な企業アプリケーションの半数が集中型パブリッククラウド以外の場所で運用されるとの予測を発表した。パブリッククラウド以外でアプリケーションを配置する際のポイントとして3つのステップを推奨している。(2023/11/13)

Windows PowerShell基本Tips(88):
【 New-MgUserAppRoleAssignment 】コマンドレット――Microsoft Entra ID(旧Azure AD)エンタープライズアプリケーションのアクセス許可を設定する
本連載は、PowerShellコマンドレットについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は「New-MgUserAppRoleAssignment」コマンドレットを解説します。(2023/11/10)

「生成AI対応アプリ、基盤モデル、AI TriSMが大きな影響を与える」:
2026年までに80%以上の企業が生成AIのAPI/アプリを導入する Gartnerが予測
Gartnerは、2026年までに企業の約80%が生成AIのAPIや生成AI対応のアプリケーションを導入するという予測を発表した。あわせて今後10年間で組織に影響を与える生成AIハイプサイクルも公開した。(2023/10/30)

Windows PowerShell基本Tips(87):
【 Get-MgApplication 】コマンドレット――Microsoft Entra ID(旧Azure AD)に登録されたエンタープライズアプリケーションの一覧を参照する
本連載は、PowerShellコマンドレットについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は「Get-MgApplication」コマンドレットを解説します。(2023/10/20)

「Java 11」の長期サポートは2032年まで延長:
Oracle、「Java 21」および「Oracle JDK 21」の一般提供を開始
Oracleはプログラミング言語「Java」の最新版である「Java 21」とJava開発キット「Oracle JDK 21」の一般提供を開始したと発表した。(2023/10/12)

Gartner Insights Pickup(318):
AIの導入についてCIOが知っておくべき5つのこと
ビジネスリーダーはAIに大きな期待を寄せている。AIをどう活用し、ビジネス価値やリスク、人材、投資の優先課題にどう取り組むかを検討しなくてはならない。本稿では、ビジネスリーダーとしてAI導入を成功させるために、全てのCIOが押さえておくべき5つのポイントを紹介する。(2023/9/15)

Copilotを使いたいならクラウド移行一択 MicrosoftのERP移行支援プログラムの中身
Copilotを使いたいならクラウド移行は急いだ方が得策のようだ。MicrosoftがERPのクラウド移行支援プログラムを始める。Dynamicsファミリーの既存ユーザーはメリットを得られるだろうか。(2023/8/24)

技術だけでなくビジネスの素養も必要:
次の花形職種? 組織とITの総合プロデューサー「エンタープライズアーキテクト」に必要な4要素
Excelon Developmentのマット・ホイサー氏は「エンタープライズアーキテクト」にとって重要な“4つのアクション”について解説した。エンタープライズアーキテクトが成功するためには、技術的な専門知識だけでなく、ビジネス洞察力やコミュニケーション能力など幅広いスキルが必要だとしている。(2023/8/14)

「Apple Vision Pro」はAR/VR市場の起爆剤になるか【後編】
Apple Vision ProにAR/VR関係者がこれほどまでに期待を寄せる理由
AR/VR市場を盛り上げるきっかけになると専門家が指摘するのが、Appleのヘッドマウントディスプレイ「Apple Vision Pro」の登場だ。Apple Vision Proは、AR/VR市場にどのような影響を及ぼすのか。(2023/8/13)

「Apple Vision Pro」はAR/VR市場の起爆剤になるか【中編】
Apple Vision Proが“やっぱり売れそうにない”のはなぜ?
AR/VR市場の活性化に、Appleのヘッドマウントディスプレイ「Apple Vision Pro」は貢献する可能性がある。ただし専門家は、Apple Vision Proの“ある問題”が、その躍進を妨げかねないと語る。その問題とは。(2023/8/6)

明日から使えるITトリビア:
TwitterがXになったし、アプリアイコンだけでA〜Zはそろう? 大人の自由研究やってみた
イーロン・マスク氏によってTwitterアプリの名称がXへと変わった。そんな中、記者の中で「『X』アプリができたし、アプリアイコンでアルファベット26種全てそろったのでは?」という疑問が浮かんだ。大人の自由研究として実際に調べてみた。(2023/8/3)

1960万以上のサービスアカウント情報が漏えいしている、Flareが窃取ログを分析
Flare Systemsは1960万件を超える窃取されたログデータを分析し、SalesforceやOktaといったアプリケーションのアカウントデータが漏えいしている可能性を示した。(2023/7/27)

アナリストの“眼”で世界をのぞく:
電子国家エストニア 世界で最も多くスタートアップを生み出す小国の「本気」
電子政府をはじめとするデジタル関連施策で注目を集めるエストニア。なぜ人口130万人の小国にもかかわらず、世界で最も多くスタートアップを生み出すに至ったのか。実際に同国を訪れた筆者が現地で見たものとは。(2023/5/26)

Gartner Insights Pickup(302):
2023年以降、IT企業に影響を与えるテクノロジー市場の4つの新トレンド
技術市場では常に変化が起こる。Gartnerは、2023年には、全てのIT企業が4つの新たなトレンドへの対応を迫られると予測している。(2023/5/19)

ポリシーでアプリケーションアクセスをきめ細かく制御:
AWS、ポリシー言語「Cedar」のSDKをオープンソースで公開
Amazon Web Servicesは、「Amazon Verified Permissions」と「AWS Verified Access」の顧客に使用されるポリシー言語「Cedar」のSDKをオープンソースとしてリリースした。(2023/5/18)

Innovative Tech:
中古ルーターは機密データの宝庫? 購入して検証、半数以上に企業秘密が残存 スロバキアチームが調査
セキュリティ企業ESETの研究者らは、テストのために購入した中古の企業向けルーターの半数以上(56.25%)が、前の所有者によって完全にそのままの状態で残されていたことを示した研究報告を発表した。(2023/4/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。