ニュース
» 2011年05月06日 23時08分 UPDATE

Google Chromeに悪質なダウンロードを阻止する新機能

Chromeの新機能では、ユーザーの同意を得ないままスパム広告を表示させたりパスワードを盗んだりする不正なダウンロードが横行している実態に対応する。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Googleは、悪質なダウンロードからユーザーを守るための新機能をWebブラウザのChromeに組み込むと発表した。

 同社のオンラインセキュリティブログによると、Chromeの新機能ではダウンロードサイトのURLを既知の悪質なWebサイトのリストと照らし合わせ、ユーザーが悪質な実行可能ファイルをダウンロードしようとすると、警告メッセージを表示する。

 Webサイトの脆弱性を突いてユーザーが知らないうちにマルウェアをダウンロードさせる手口については、これまでも「Safe Browsing API」を通じて防対策を講じてきたとGoogleは説明する。しかし、脆弱性を悪用するのではなくソーシャルエンジニアリングの手口を使ってユーザーをだまし、同意を得ないままスパム広告を表示させたり、パスワードを盗んだりする不正なダウンロードも横行していることから、今回はそうした手口に対応したという。

 この新機能はまず、Chromeの開発者向けリリースで実験的に提供を開始し、次期安定版リリースで全ユーザー向けに公開する予定だとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -