ニュース
» 2011年07月14日 15時08分 UPDATE

導入事例:KDDIがタブレットベースの業務環境を構築、約2800人が利用

KDDIはソリューション事業本部の社員を対象に「MOTOROLA XOOM Wi-Fi TBi11M」を利用した業務環境を構築した。

[ITmedia]

 KDDIは7月14日、ソリューション事業本部の社員約2800人を対象にタブレット端末を利用した業務環境を構築したことを発表した。導入したアプリケーションも公表している。

 社員が利用する端末は、Android OSを搭載する米Motorola製タブレット端末の「MOTOROLA XOOM Wi-Fi TBi11M」。同社の閉域クラウドサービス「Virtual データセンター」の仮想デスクトップ機能を使用して、端末をシンクライアントとして利用するアクセス環境を構築した。

 パンフレットや資料などをペーパレス化し、営業担当者が顧客先で画面にデータを表示させて提案を行ったり、社内会議での情報共有を効率化させたりといった利用を見込む。また、夏場の節電対策や事業継続体制の強化にも活用するという。

 導入アプリケーションでは、端末へのコンテンツ配信などに「Handbook」(インフォテリア)、リモートアクセスサービスに「CACHATTO」(いいじゃんネット)、業務システム連携に「moconavi」(レコモット)、端末のセキュリティ対策・資産管理に「Smart Mobile Safety Manager」(オプティム)、端末認証や電子証明書に「サイバートラスト デバイスID」(サイバートラスト)を採用した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ