ニュース
» 2011年07月25日 17時28分 UPDATE

導入事例:日立化成、Force.comで韓国工場の生産管理をクラウド化

日立化成は業務プロセス標準化を見据え、韓国工場の生産管理システムをForce.com上に構築した。

[石森将文,ITmedia]

 日立化成は韓国に設置した自社工場の生産工程管理システムを、Force.comによりクラウド環境で構築した。既に2010年9月から稼働を開始しているという。構築を担当した日立ソリューションズが、7月25日に公表した。

 日立ソリューションズは、100件を超えるForce.com上の開発実績があるといい、また生産管理分野の業務知識を有するスタッフを当てることで、要件定義と稼働検証も含め約半年で導入できたという。

 生産工程の計画・実績の進捗情報を従来より細かく把握できるようになったことに加え、Force.comをクラウド基盤として利用したことで、他の海外拠点にも柔軟に展開できるシステムとなった。マルチリンガルにも対応可能となったため、他のアジア地域の製造・加工・供給拠点に対しても新しい生産工程管理システムを展開し、業務プロセスをグローバルで標準化する計画だという。

kasei.jpg

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -