ニュース
» 2011年07月26日 19時21分 UPDATE

NEC、家庭のブレーカーで電力を可視化するクラウドサービス

NECのHEMSは家庭の電力利用量や電気料金を可視化するクラウドサービス。利用状況をPC画面で確認可能だ。

[石森将文,ITmedia]

 NECは7月26日、家庭の電力利用量や電気料金を可視化するクラウドサービス「ホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS)」を発表した。8月1日から販売を開始する。

 HEMSは、分電盤のブレーカーにセンサーを取り付けることで、部屋単位の電力消費を計測する。また太陽光による発電量や、電力系統網に対する売買電量も可視化できる。これらはPC画面で確認可能だ。

 原則として分電盤の製造メーカーは問わないため、新築・既築のいずれの住宅にも設置できる。電力測定装置とデータを集める情報収集装置間の通信は、特定小電力無線(950MHz帯)を利用しており、電子レンジや無線LANとの電波干渉は回避できる。

 NECではHEMSの利用により、各家庭の節電意識を高めるとともに、無理な節電によって住環境の快適性を損なうことを避けられるとしている。

hems.jpg HEMSの仕組み

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -