ニュース
» 2011年11月09日 20時32分 UPDATE

大手ATMメーカーがVMwareの仮想化ソフトウェアを導入

ATMメーカーの米Dieboldは、VMwareの仮想化ソフトウェア「vSphere 5」を先行採用したという。

[ITmedia]

 ヴイエムウェアは11月8日〜9日の日程で、仮想化、クラウドに代表される同社の最新ソリューションや技術動向などをアナウンスする年次カンファレンス「vForum 2011」を都内で開催した。基調講演の中で、今夏に発表されたサーバ仮想化ソフトウェアの最新版「VMware vSphere 5」に関する先行事例が紹介された。

 米国・オハイオ州に本社を構えるATMメーカー大手のDieboldは、vSphere 5を活用して仮想ATMを構築。さまざまな場所に設置する物理的なATMに仮想ATMアプリケーションを導入することで、ソフトウェアの更新をデータセンターから一元的に実行できるようになった。その結果、ATMのメンテナンスを短時間で行えるようになり、運用・保守に関するコストが削減した。加えて、セキュリティレベルも向上したという。

関連キーワード

ATM | VMware | 仮想化


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ