ニュース
» 2011年11月16日 14時19分 UPDATE

NEC、大規模コンタクトセンター向け基盤ソフトウェア群を発売

最大1万5000席規模のコンタクトセンターシステムに必要なソフトウェアを製品化した。

[ITmedia]

 NECは11月16日、大規模コンタクトセンター向けの基盤ソフトウェア製品群「UNIVERGE ContactCenterシリーズ」を発売した。12月下旬から出荷を開始する。

 同製品群は、最大1万5000席規模のコンタクトセンターシステムに必要なソフトウェアで構成される。製品ラインアップは統合管理の「UNIVERGE ContactCenter Manager」、オプションとして各種ルーティング機能やAPIを提供する「UNIVERGE ContactCenter Integrator」、呼情報を統計・管理し、レポートの出力/リアルタイム表示を行う「UNIVERGE ContactCenterReporter」、通話録音と録音検索機能などを持つ「UNIVERGE ContactCenterAuditor」。

 また、中・大容量コミュニケーションサーバ「UNIVERGE SV8500」や自動音声応答サーバとも連携でき、システム導入や保守運用のコストを低減させ、トラブルや災害などの非常事態に備えたシステムの二重化や遠隔地へのリカバリサイト構築にも対応するという。

 希望小売価格(税別)は、UNIVERGE ContactCenter Managerが30万円から、UNIVERGE ContactCenter IntegratorとUNIVERGE ContactCenter Reporter、UNIVERGE ContactCenter Auditorが100万円からとなる。同社は今後3年間で100システムの販売を見込む。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -