ニュース
» 2011年12月13日 16時01分 UPDATE

光ネット上で100GbE機器のベンダー間相互接続に成功――富士通とNEC

光ネットワーク上で100ギガビットイーサネット信号を伝送する装置の異なるベンダー間での相互接続に世界で初めて成功した。

[ITmedia]

 富士通とNEC、アンリツは12月13日、光ネットワーク上で100ギガビットイーサネット(GbE)の信号を異なるベンダーの装置で相互接続する実証実験に世界で初めて成功したと発表した。通信事業者における安価な大容量ネットワークの構築・運用体制の実現への貢献が期待される。

 3社は、2010年にITU-Tで国際標準化された100GbEを光ネットワーク上で伝送するための技術「Optical Transport Network」に準拠したインタフェースの開発を進めている。実証実験では富士通とNECが通信装置のプロトタイプ、アンリツが測定器を持ち寄り、相互接続性の評価と基本的な性能評価を行った。

 その結果、装置間の相互接続の成功と100GbE信号データ伝送効率が100%であることを確認したという。実験はけいはんなオープンラボ相互接続性検証ワーキンググループの「Ethernet over OTN技術 研究開発プロジェクト」の一環として実施された。Optical Transport Networkを用いることで、異なる通信事業者の光ネットワーク間を従来の2.5〜10倍近い速い100Gbpsの速度で相互接続できるようになる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ