ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ネットワーク伝送」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ネットワーク伝送」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ホームネットワークの基礎知識【後編】
在宅勤務を危険・不快にしないためのホームネットワーク「4つの注意点」
在宅勤務などのテレワークを実施する際、ホームネットワークのセキュリティを確保したり、データ伝送を安定化させたりする上で注意すべきこととは何か。主要な4つの注意点を紹介する。(2020/7/31)

電源システム解説:
駆動用バッテリーのモニタリング精度向上へ、不可欠なノイズフィルタリング
電気自動車(EV)など電動車が主流として受け入れられるには信頼性が不可欠ですが、信頼性を高めるには、車内のバッテリーセルの状態に対する測定精度が向上しなければなりません。測定精度のレベルを上げるには、データを取得する際や取得したデータをメインプロセッサに伝送する際の妨げとなる、高レベルのノイズへの対策が必要です。バッテリーセルの電圧や温度、電流を高い精度で測定するだけでは不十分であり、これらを同期させることが要求されます。(2020/7/27)

ドコモ、商用5Gによる遠隔手術支援の実験へ 4K手術映像を離れた場所にいる医師に伝送
NTTドコモが、5Gを活用して医者が遠隔地から手術の支援を行う仕組みの実証実験を行うと発表した。商用5G回線を通じて治療室から遠隔地にいる専門医に手術の4K映像をリアルタイムに伝送する。(2020/7/21)

東芝 TLP2312、TLP2372:
2.2Vで動作可能な高速通信用フォトカプラ
東芝デバイス&ストレージは、電源電圧2.2Vから動作する、高速通信用フォトカプラ「TLP2312」「TLP2372」を発売した。標準データ伝送レートは、TLP2312が5Mビット/秒、TLP2372が20Mビット/秒となる。(2020/7/20)

「無線LAN」の根幹技術【中編】
「MISO」「MIMO」や「3x3」「4x4」とは? 無線LAN選びの基礎知識
無線LANはどのような方式でデータを送受信するかによって、データ伝送速度に違いが出る。それを理解するための「SISO」「SIMO」「MISO」「MIMO」や「1x1」「2x2」「3x3」「4x4」の違いを紹介する。(2020/7/17)

Intelが「Thunderbolt 4」の詳細を発表 対応製品は2020年後半に登場
Intelが「Thunderbolt 4」の仕様の詳細を発表した。Thunderbolt 3やUSB4の「スーパーセット」という位置づけで、PCI Expressのデータ伝送速度が向上し、機器のハブ状接続をサポートするなど機能改善が図られている。【訂正】(2020/7/8)

携帯3キャリアで通信障害が発生 九州大雨の影響
熊本県と鹿児島県を中心に発生している大雨に伴い、携帯各社で通信障害が発生している。原因は大雨の影響による伝送路の故障や停電など。各キャリアは災害用伝言板を提供している。(2020/7/6)

PAM4を利用した400Gbps伝送向け:
京セミ、変調帯域40GHzのフォトダイオード開発
京都セミコンダクターは、変調帯域40GHzを実現したインジウムガリウムヒ素フォトダイオード(InGaAs-PD)「KP-H KPDEH12LC-CC1C」を開発した。「Beyond 5G」を見据えた製品で、4値変調方式(PAM4)を利用した伝送速度400Gビット/秒の伝送システムに対応する。(2020/7/1)

Ossiaとパートナーシップ契約:
丸文、米社の空間伝送型ワイヤレス給電技術を提供
丸文は、米国のIPベンダーであるOssia(オシア)とパートナーシップ契約を締結し、Ossiaの空間伝送型ワイヤレス給電技術「Cota」について、日本企業へのライセンス提供と技術サポートを始めた。(2020/6/29)

「IEEE 802.11ax」に新たな展開
「Wi-Fi 6E」とは? 全ての無線LANを過去にする衝撃
FCCが無線LANの6GHz帯使用を承認し、無線LANのデータ伝送速度を飛躍的に向上させることが可能になった。その可能性と課題とは。(2020/5/24)

オーディオ、動画を1本のケーブルで:
PR:車載情報ネットワークをシンプルにする新規格「INICnet」とは
INICnetテクノロジを使うと、ハードウェアとソフトウェアを追加せずに複数のオーディオおよびビデオチャンネルを並列、高品質、低レイテンシで伝送できる。加えて、Ethernet/IPチャンネルによりOTA(Over The Air)を含むソフトウェアのダウンロードと診断を可能にする。さらに、車載ネットワークの他の部分とのシームレスな接続を可能にする。しかし、既に各種規格が混在する車載ネットワークに、なぜ新たなオープン規格が必要なのか――。INICnetを解説する。(2020/5/20)

TE STRADA Whisperケーブルリセプタクル:
最高112G PAM-4対応のケーブルリセプタクル
タイコ エレクトロニクス ジャパンは、最高112G PAM-4のデータ伝送速度に対応した「STRADA Whisperケーブルリセプタクル」を発表した。挿入損失とクロストークの小さいサーバ、スイッチ、ルーターの設計が可能になる。(2020/4/30)

「スモールセル」での対処には限界も
「5Gは屋内でも利用できる」が常に正しいとは言い切れない理由
日本でも商用サービスが始まった「5G」は、高速なデータ伝送速度といった多様なメリットをもたらす。ただし5Gへの移行は一筋縄ではいかない可能性がある。それはなぜなのか。(2020/4/30)

医療機器ニュース:
医療用カメラ向け超小型情報伝送用半導体の新製品を発売
ザインエレクトロニクスは、医療用カメラ向け超小型情報伝送用半導体の新製品「THCV243」の量産を開始した。2Mピクセル60フレームの映像を1本のケーブルで伝送できる。(2020/4/27)

極薄銅箔側を低粗度化:
三井金属、高周波製品向けキャリア付き極薄銅箔
三井金属鉱業は、伝送損失を極めて小さくできるキャリア付き極薄銅箔(はく)「MicroThin」の新製品「MT-GN」を開発、量産出荷を始めた。サブ6GHz帯やミリ波帯を利用する高周波回路基板などに向ける。(2020/4/27)

ケル TSLシリーズ:
32Gビット/秒の高速伝送に対応した次世代ハーネス
ケルは、最大32Gビット/秒の高速差動伝送に対応した0.55mmピッチのハーネス「TSL」シリーズを発売した。共振、ノイズ対策が取られており、31ピン差動10ペアのハーネス1本で、320Gビット/秒の伝送が可能だ。(2020/4/22)

スマート工場やスマート農業の実現に向けた取り組み:
富士通らがローカル5G検証システムを構築 遠隔監視やリモート作業支援の実証実験向け
富士通ネットワークソリューションズと富士通、ケーブルメディアワイワイは、ローカル5G検証システムを構築する。カメラや各種センサーなどを組み合わせて高精細映像をリアルタイム伝送し、遠隔監視やセンシング、リモート作業支援などの実証実験に活用する。(2020/4/7)

「Wi-Fi 6」って何だ?
過去の無線LAN規格にはない「Wi-Fi 6」特有の機能 決定的に違うのは何?
「Wi-Fi 6」が「Wi-Fi 5」の単純な改良版だと考えてはいけない。これらの規格にはデータ伝送を高速化する点だけに限らない大きな違いがあるからだ。(2020/4/7)

リピーターをカスケード接続:
超高精度光周波数の240kmファイバー伝送に成功
NTTと東京大学、NTT東日本は、1×10の−18乗の周波数精度を保ちながら、240kmの光周波数ファイバー伝送に成功した。この技術を用いると1cm精度で標高差測定が可能となり、微小な地殻変動をリアルタイムで観測できるという。(2020/3/23)

172Tbpsで2040km伝送に成功:
統合型3コア光ファイバーで大容量長距離伝送
情報通信研究機構(NICT)とNOKIA Bell Labs(ベル研)の研究グループは共同で、標準外径(クラッド外径:0.125mm)結合型3コア光ファイバーを用い、毎秒172Tビットで2040kmの伝送実験に成功した。伝送能力は351Pビット×kmで、従来に比べ約2倍となる。(2020/3/16)

5G、Beyond5Gの通信需要対応に向け:
150GHz帯で100mのリアルタイムデジタルOAMモード多重無線伝送
NECは150GHz帯において、OAM(Orbital Angular Momentum:軌道角運動量)モード多重技術と偏波多重技術を組み合わせた「リアルタイムデジタルOAMモード多重無線伝送」による100mの伝送に成功したと発表した。同社によると、世界初。(2020/3/11)

福田昭のデバイス通信(232) 2019年度版実装技術ロードマップ(42):
差動伝送ラインを雑音から守るコモンモードフィルタ(後編)
前回に続き、コモンモードフィルタ(CMF:Common Mode Filter)について説明する。今回は、コモンモードフィルタの種類と特性パラメータ、最近の製品動向を解説する。(2020/3/12)

時速200kmで走りながら8K映像転送 鉄道各社が5G活用に向け実験
JRや大阪メトロなど鉄道各社は、2020年春の5G通信サービススタートを前に実証実験に乗り出した。時速200km以上で走ル新幹線への8K映像伝送や、地下鉄のトンネルなどへの5G基地局設置など、通信環境の整備を進めている。(2020/3/10)

福田昭のデバイス通信(231) 2019年度版実装技術ロードマップ(41):
差動伝送ラインを雑音から守るコモンモードフィルタ(前編)
今回は、チップビーズとともにEMC対策部品の代表ともいえる「コモンモードフィルタ」の概要を説明する。(2020/3/9)

毎日放送とドコモ関西支社の間で:
5Gを用いた8Kライブ伝送の実証実験に成功
アストロデザインとNTTドコモ関西支社、毎日放送、ミハル通信らは共同で、NTTドコモの5Gプレサービスを用い、8K素材のHEVCライブストリーミング実証実験に成功した。(2020/3/9)

従来比10分の1以上の圧縮を実現:
AI認識に必要最小限まで映像データを圧縮する新技術
富士通研究所は2020年3月5日、高精細/大容量な映像データをAI(人工知能)が認識可能な必要最小限のサイズまで高圧縮する技術を開発した、と発表した。従来の人間による視認を目的とした圧縮技術と比較し10分の1以上の圧縮が可能となり、運用、伝送回線コストを大幅な削減が実現できるという。同社は、2020年度中の実用化を目指している。(2020/3/5)

5Gやそれ以降の無線通信に向けて:
NEC、10Gビット/秒の屋外無線伝送実験に成功
NECは、D帯(130〜174.8GHz)の周波数帯域を用いて、伝送速度10Gビット/秒の屋外無線伝送実験に成功した。(2020/3/5)

パワエレの小型、軽量、省エネ化に向け:
複数信号の双方向通信を実現する絶縁ICなど開発、東芝
東芝は2020年2月21日、3つの信号の双方向通信と100mW以上の電力電送が可能な「双方向多重伝送IC」および、データセンターのサーバ用電源システムなどに搭載できる「高速絶縁計測IC」を開発したと発表した。いずれも2022年度以降のサンプル提供を目指している。(2020/2/21)

道路工事の遠隔操作や自動化に5Gを活用、KDDIらが実証実験に成功
KDDIと大林組、NECの3社は三重県伊賀市で建設中の川上ダムで、5Gを活用した道路造成工事の施工に関する実証実験に成功した。建設機械の遠隔操作や遠隔操作に必要なカメラ映像の伝送、自動運転システムを備えた振動ローラーへの作業指示などに5G通信を活用した。(2020/2/17)

組み込み開発ニュース:
電界共振結合方式を用いて4.7kWのワイヤレス電力伝送に成功
古河電気工業は、同社の自動車・エレクトロニクス研究所で開発している電界共振結合方式を用いて、13.56MHzで4.7kWの電力を95mmの距離でワイヤレス電力伝送することに成功した。(2020/2/17)

FAニュース:
産業用ネットワーク「M-4」対応のACサーボドライブとマシンコントローラー
安川電機は、新規格の産業ネットワークM-4対応のACサーボドライブ「Σ-7」シリーズと、マシンコントローラー「MP3000」シリーズの販売を開始した。伝送効率の改善などの機能強化により、データ通信量の増大を図る。(2020/2/17)

5Gを活用した道路造成工事 KDDI、大林組、NECが実証実験
KDDI、大林組、NECは、5Gを活用した一般的な道路造成工事の実証実験成功を発表。3台の建設機械の遠隔操作と自動運転システムを搭載した振動ローラの同時連携や、工事に必要な施工管理データのリアルタイム伝送・解析を行った。(2020/2/14)

ミネベアミツミ CAM-L41:
Thunderbolt 3対応の防水コネクター
ミネベアミツミは、Thunderbolt 3に対応し、IP68に準拠した防水コネクター「CAM-L41」を発売した。データ伝送速度は最大40Gビット/秒で、水深1.5mでも30分間の防水性を持つ。(2020/2/3)

5G:
商業施設で“5G”を活用したWi-Fiエリア構築、建設現場にも提案
無線多段ホップ通信機器を販売しているPicoCELAは、協和エクシオとともに、NTTドコモが提供する5Gプレサービスを用いて高性能メッシュWi-Fiの接続・伝送検証に成功した。東京スカイツリータウン・ソラマチ内の「PLAY 5G 〜明日をあそべ〜」で5G電波を受信し、イーストヤード5階全域でWi-Fiエリアの構築を検証した。(2020/1/27)

周波数利用効率も最高記録を達成:
38コア・3モードファイバーで毎秒10Pビット伝送
情報通信研究機構(NICT)ネットワークシステム研究所と住友電気工業、オプトクエストは、38コア・3モードファイバーを用いて毎秒10.66P(ペタ)ビットの伝送実験に成功した。周波数利用効率は1158.7ビット/秒/Hzを達成している。(2020/1/23)

東芝、盗聴不可能な「量子暗号」でヒトゲノム約500GBの伝送に成功 世界初
東芝と東北大学は1月14日、「量子暗号通信」を用いて、人のゲノムデータ約500GBを約7キロ離れた施設へ伝送することに世界で初めて成功したと発表した。同社は近く、量子暗号通信で事業展開を始める見込み。(2020/1/14)

「イーサネット」の歴史と進化【後編】
10Mbpsから1Tbps超えへ 歴史から読み解く「イーサネット」の進化
10Mbpsで始まったイーサネットの伝送速度。IEEEは400Gbpsまでの規格を標準化し、さらに1Tbpsやそれを上回る規格の標準化を視野に入れている。イーサネットはどのように進化してきたのか。その過程を追う。(2020/1/11)

CES 2020:
シャープが8Kビデオカメラ搭載の5Gスマホを開発 2020年は“8K+5G、AIoT”が主軸に
シャープは、米ラスベガスで開催中のCES 2020にて、8Kビデオカメラを搭載する5Gスマートフォンを開発していることを明らかにした。超解像技術を用いることで、30Mbps程度の速度でも8K画像の安定した伝送が実現するという。製品の詳細や発売時期は未定だが、日本向けには2020年に発売される可能性が高い。(2020/1/10)

Broadcomが発表:
1チップで伝送速度が25.6TbpsのイーサネットスイッチIC
Broadcomは、単一のモノリシックデバイスで25.6テラビット/秒(Tbps)のスイッチングを実現するイーサネットスイッチIC「StrataXGS Tomahawk 4(以下、Tomahawk 4)」を発売した。(2019/12/24)

南阿蘇の雄大な景色を360度VRライブ映像で“飛行体験” 5GドローンとVRゴーグルを活用――KDDIら、VR観光の実証実験
KDDI、熊本県阿蘇郡南阿蘇村らは、5G対応のドローンを活用し、南阿蘇の景色や震災遺構を眺望できるVR観光の実証実験を実施した。360度カメラの映像をVRゴーグルにリアルタイムで伝送し、阿蘇山の全景などのライブ映像を見られる他、4Kカメラの高精細映像を見ながらドローンの操縦もできる。(2019/12/17)

雄大な阿蘇山をドローンが撮影、リアルタイムでVR化 5G活用、KDDIなど実験
KDDIなどがドローンで撮影した阿蘇山などの映像を、5Gを活用してVRゴーグルにリアルタイムに伝送する実験を行った。観光促進の他、防災・減災にも活用する。(2019/12/13)

TE zSFP+スタック式両面基板コネクター:
最大56Gビット/秒 PAM-4対応の基板コネクター
タイコ エレクトロニクス ジャパンは、最大28Gビット/秒 NRZと56Gビット/秒 PAM-4のデータ伝送速度に対応した「SFP+スタック式両面基板コネクター」を発表した。縦型ラッチ機能を備え、4列の両面基板用途に対応する。(2019/12/12)

2021年、われわれは“完全ワイヤレスiPhone”を使えるのか
アナリストのミン=チー・クオ氏は、Appleが2021年のiPhoneで「完全なワイヤレス体験」を提供し、Lightningコネクターを排除する可能性を指摘しました。これは空間伝送型の新しいワイヤレス充電技術を想定しているのかもしれません。(2019/12/10)

東京‐大阪間の伝送容量を拡大 NTT Comが400Gbpsの伝送基盤を構築
長距離・大容量伝送に優れたCSMケーブルを採用し、災害に強く最短のルートも選定した。学術ネットワーク「SINET5」のバックボーンに組み込まれ、実運用を開始した。(2019/12/9)

ソニーと米Verizon、5Gを活用したスポーツ映像ライブ配信の実証実験
ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ、ソニーモバイルコミュニケーションズ、米国通信事業者のVerizonは、5Gを用いたスポーツのライブ映像撮影・制作に関する実証実験に成功。高画質な映像伝送をリアルタイムに行った。(2019/12/6)

ドローン点検:
5G/ドローン/ARスマートグラスで点検業務を効率化、実証実験に成功
NTTコムウェアら5社は、5G・ドローン・ARスマートグラスを活用した遠隔ビル外壁点検の実証実験に成功。高速大容量・低遅延な映像伝送によるドローン点検業務の効率化を実現する。(2019/12/4)

5Gで脳外科手術を遠隔支援、ドコモと広島大が実験に成功
NTTドコモと広島大学が、5Gを使った遠隔手術支援の実験に成功したと発表した。病院内の治療室と遠隔地を5Gで接続し、バイタルデータなどを伝送。遠隔地にいる熟練医師が遠隔で手術を支援する。(2019/11/29)

“5G×水中ドローン”で沖合の養殖カキをリアルタイム監視 スマホで高画質映像を確認――NTTドコモと東京大学が実証
NTTドコモと東京大学は、5G技術と水中ドローンを用いた漁場遠隔監視システムの実証結果を発表。5Gの大容量・超低遅延通信により、水中ドローンを操作しながら、海中の養殖カキの様子をHD映像で撮影し、遅延なく伝送できた。生産業務の効率化や生産性の向上効果が期待できるという。(2019/11/29)

ドコモら、水中ドローンを活用した漁場遠隔監視の5G実証実験に成功
NTTドコモらは、水中ドローンを活用した漁場遠隔監視の5G実証実験に成功したと発表。水中ドローンを遅延なく操縦しながら高画質な映像を伝送し、リアルタイムに海中の状態把握を可能とした。(2019/11/27)

ゴルフ場で5G実験、ボールの落下点予測 ドコモら5社
NTTコミュニケーションズなどが、ゴルフ場で5Gを活用した映像伝送の実証試験を実施。ボールの落下地点予測や、プレー状況のリアルタイムな把握に成功したという。(2019/11/15)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。