ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ネットワーク伝送」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ネットワーク伝送」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

製造ITニュース:
AI画像判定サービス検証パッケージをワークステーションに搭載して販売
東京エレクトロン デバイスは、YE DIGITALのAI画像判定サービスのオンプレミス検証パッケージ「MMEye Box」の取り扱いを開始した。クラウドへデータを伝送しなくても、自社内で自由に高精度の判定モデルを作成できる。(2021/4/30)

組み込み開発ニュース:
車載ビジョンシステム向けFPGAを発表、競合比で消費電力を75%低減
Lattice Semiconductorは、組み込みビジョンシステムに適した車載アプリケーション向けFPGA「Lattice CrossLink-NX FPGA」を発表した。最大10Gbpsの伝送速度を有するMIPI D-PHYインタフェースに対応している。(2021/4/27)

東芝が「量子暗号」事業化へ 未来社会の基盤、政府も支援本腰
 超高速で計算できる量子コンピューターといった将来の社会基盤とされる「量子技術」の分野で、日本が世界をリードする期待が高まっている。解読困難な「量子暗号通信」では、東芝が世界で初めてヒトの遺伝情報(ゲノム)の伝送に成功。金融機関などに向けた本格的なサービス展開を2025年度までに実現する構想を描く。ただ、量子技術分野は中国の伸長も著しく、日本政府は国内開発拠点の連携支援や米国との協力強化などに本腰を入れ始めている。(2021/4/20)

ヨコオ 10Gbps 伝送対応ツーピースコネクター:
耐振動性能と高速伝送を両立したコネクター
ヨコオは、ツーピース電源コネクターに伝送機能を追加した「10Gbps 伝送対応ツーピースコネクター」の受注を開始した。物流倉庫や製造現場、建築現場といった環境下で用いる情報端末機器やノートPCでの用途を見込む。(2021/3/29)

追加コマンド、プログラミング不要:
ラズパイ〜カメラ間をプラグ&プレイで延長するキット
ザインエレクトロニクスは2021年3月、プログラミングや設定作業なしに、シングルボードコンピュータ「Raspberry Pi」(通称:ラズパイ)とカメラモジュールの伝送距離を10メートルを超える程度まで延長できるキットソリューションを開発。オンライン通販サイトのDigiーKeyなどでの発売を開始した。販売想定価格は約60米ドル。(2021/3/24)

広テレやドコモらが協力して「遠隔バスケットボール教室」を開催 5Gで遠隔地から指導支援
広島テレビ放送(広テレ)やNTTドコモ中国支社など7社が、遠隔地でのスポーツ指導格差の解消を目的とした「遠隔バスケットボール教室」を実施した。5G回線を活用し、映像伝送技術やストリーミング配信技術を使いつつ、VRスポーツ指導コンテンツを配信した。(2021/3/23)

ドコモとソニー、日本とグアム間でエンタテインメント車両の5G遠隔操作に成功
NTTドコモとソニーは、約2500km離れた東京とグアム間でエンタテインメント車両の遠隔操作を行う実証実験に成功。5Gを活用し、リアルタイムで車両の周囲の映像を都内にあるソニーの開発拠点に伝送して操作した。(2021/3/22)

「Wi-Fi 6」への期待と現実【中編】
「Wi-Fi 6」の厄介な問題 “宣伝文句”と現実の無視できない違いとは?
「Wi-Fi 6」(IEEE 802.11ax)導入によってデータ伝送の高速化などのメリットが期待できる半面、問題になり得るポイントもある。Wi-Fi 6の一見紛らわしい宣伝文句を正しく受け取るためのヒントを紹介する。(2021/3/19)

24GHz帯で他規格との干渉なし:
ミリ波で周辺の機器を無線充電、米新興企業が開発
ワイヤレス電力伝送は、半導体業界の中で常に注目を集めているトピックの1つだ。今回、米国カリフォルニア工科大学(CALTECH)からスピンオフして設立された新興企業GuRu Wirelessが、ワイヤレス電力伝送向けのシステムを開発したと発表した。(2021/3/11)

「Wi-Fi 6」への期待と現実【前編】
「Wi-Fi 6」への期待に疑義 無線LANが抜け出せない「半二重」問題とは
「Wi-Fi 6」(IEEE 802.11ax)は高速なデータ伝送やクライアントデバイスのバッテリー駆動の長時間化などさまざまなメリットをもたらし得る。ただし規格上の理論値を達成することはまずない。それはなぜなのか。(2021/3/11)

5G:
5G普及を見据えた日立の映像通信サービス、低コストかつセキュア環境でインフラ点検にも有効
日立システムズは、5Gの普及を視野に入れ、独自の暗号化処理でプライバシーを保護し、専用回線ではなくインターネット回線やクラウドを活用することで安価に4Kや8Kなどの高精細な映像を伝送するサービスをスタートさせた。主な用途としては、自治体のカメラを用いたインフラ設備点検やATMや店舗の監視、遠隔医療などでの活用が見込まれ、同社ではIoTプラットフォーム「Lumada」と連携した5Gのワンストップソリューションと位置付けて、2025年度末までに累計25億円の売上を掲げる。(2021/3/9)

パナソニック R-5410:
ミリ波帯アンテナ向け低伝送損失多層基板材料
パナソニック インダストリアルソリューションズ社は、ハロゲンフリー超低伝送損失多層基板材料「R-5410」を製品化した。低損失、高効率化が求められる、車載ミリ波レーダーや5G無線通信基地局の基板材料に適している。(2021/3/8)

4K/8K映像の伝送などに最適:
PALTEK、高性能FPGAコンピュータを発売
PALTEKは、高性能FPGAコンピュータ「HPFC」をベクトロジーと共同で開発し、販売を始める。4K/8K映像の伝送やリモート制御、医療画像診断、ロボット制御などの用途に向ける。(2021/3/8)

材料技術:
低伝送損失化と多層化を同時に実現、パナがミリ波レーダー向けの新基板材料開発
パナソニック インダストリアルソリューションズ社は2021年2月25日、ADASなどに用いられるミリ波帯アンテナ向けの、熱硬化性樹脂を用いたプリプレグ「ハロゲンフリー超低伝送損失多層基板材料」を販売すると発表。アンテナの低伝送損失化と多層化を同時に実現する。(2021/2/26)

NTT、過疎地域での遠隔診療・リハビリ指導に5Gを活用 医療従事者の不足や派遣の負担軽減に
NTTデータ経営研究所らは、過疎地域診療所での5Gを用いた遠隔診療・リハビリ指導の実証実験を実施。5Gや4Kカメラを使用した高精細な映像伝送・診療システムにより、医療従事者の不足や派遣の負担などの課題解決に貢献する。(2021/2/22)

ホシデン CMS2329:
6Gビット/秒対応の車載カメラ用同軸コネクター
ホシデンは、高速デジタル信号の伝送向けに、車載カメラ用フローティング機構付き同軸コネクター「リアケースAssy(品番:CMS2329)」を発表した。次世代SER/DESの高速信号伝送に対応する。(2021/2/18)

導入事例:
東京建物が施設内の設備と状況を見える化するDBMを日本橋のビルに導入
東京建物は、2019年5月にZETA通信を利用したビル間の無線通信の実証実験を行った。実証実験では、ZETA通信でデータ損失の無い完全なデータ伝送が行われ、スマートビルディングの実現でZETA通信の有用性が高いことを確認。その後、ビルマネジメントにおけるZETA通信の活用について検討を進め、ZETAセンサーによる設備の遠隔監視と点検作業のデジタル化の機能を備える「Dynamic Building Matrix」の試験導入に至った。(2021/2/17)

光伝送技術を知る(15) 光トランシーバー徹底解説(9):
光トランシーバーForm Factorの新動向(5) 〜ハイパースケールデータセンターの光インタフェース
今回は、光インタフェースについて、ビット速度や多重波長数、光伝送路数といった観点で解説する。(2021/2/9)

京セラ 5652シリーズ:
車載向け0.5mmピッチ基板対基板コネクター
京セラは、車載向けに、0.5mmピッチ高速伝送対応フローティング基板対基板コネクター「5652」シリーズを製品化し、サンプル出荷を開始した。伝送速度が16Gビット/秒で、XY方向に±0.85mm可動する。(2021/2/1)

ドコモとJR東日本、時速360kmの新幹線試験電車「ALFA-X」で5G通信に成功
NTTドコモとJR東日本は、新幹線試験電車「ALFA-X」での5G通信実験に時速360kmで成功。また、地上とALFA-X車内の双方向で4K/8K映像を安定的に伝送する実証実験にも成功した。(2021/1/28)

5G以降の利用シーンを拡大:
つまむだけで通信エリアを構築できるアンテナ開発
NTTドコモは、ケーブル(伝送線路)をつまむだけで通信エリアを構築できるアンテナを開発、60GHz帯域での実証に成功した。(2021/1/22)

ここまで進んだ最新治療 移動型治療室「モバイルSCOT」、5Gで高度な遠隔手術が可能に
東京女子医科大学とNTTドコモが共同で進めているのが、遠隔手術支援システムと移動型スマート治療室「モバイルSCOT」の実用化だ。手術の4K映像を5Gで伝送し、手術に精通する医師がその場にいなくても、適切な手術支援が行うことができる。(2021/1/21)

日本航空電子工業 DX07S024JAA:
USB4準拠の高速伝送用レセプタクルコネクター
日本航空電子工業は、転送レート40Gビット/秒のUSB4に準拠したType-Cレセプタクルコネクター「DX07S024JAA」の販売を開始した。高速伝送を必要とするPC、ドック、モニター、SSD、VRやARデバイスなどに適する。(2021/1/20)

年間2万レースをライブ配信、運用課題をどう解決したか:
AIによる自動編集・低遅延を実現する動画配信技術とは? ミクシィの競輪投票サービス「TIPSTAR」開発陣に聞く
ミクシィは2020年6月、スマホブラウザやアプリで競輪(KEIRIN)のライブ動画視聴と勝者投票券を購入できるサービス「TIPSTAR」をリリースした。全国に43カ所ある競輪場から年間約2万レースをライブ配信している。映像の伝送技術やAI技術について開発陣に話を聞いた。(2021/1/19)

5G:
熊谷組とNECが“ローカル5G”活用で、VR遠隔操作の無人化施工に成功
熊谷組とNECは、ローカル5Gを活用し、4K映像と建機の傾きなどといった動きの情報伝送、VRでの遠隔操作を組み合わせた無人化施工の実証実験を行った。低遅延で大容量な通信を可能にするローカル5Gを活用することで、ネットワークの帯域不足といった従来の課題を解決し、4K映像や動きなど多様な情報をリアルタイムに伝送することで、実際に建機に搭乗したときに近い環境を構築することを目指す。(2021/1/6)

「5G」と「AI」を同時に語るべき理由【後編】
「5G」「AI」が不可分な訳 相互作用が生む「インテリジェントエッジ」とは
「5G」が高速なデータ伝送によって「AI」技術の活用を広げるだけではなく、AI技術が5Gを進化させる可能性もある。両者は相互作用する関係にあるということだ。この関係性がもたらし得る進化とは。(2020/12/11)

KDDIが「光ファイバー無線技術」の実験 27Gbps無線信号の伝送に成功
KDDIらは、大容量の無線信号を配信する「光ファイバー無線技術」を開発。27Gbps無線信号のモバイルフロントホール伝送などの統合伝送実験に世界で初めて成功し、アンテナ設置箇所のスペース・消費電力削減が可能となる。(2020/12/7)

aptX Adaptiv対応、左右独立伝送の完全ワイヤレスイヤフォン「Sonic」発売 割引で3000円台に
SOUNDPEATSは、11月27日に完全ワイヤレスイヤフォン「Sonic」を初回ロット1000個限定で発売。Amazonブラックフライデー&サイバーマンデーに合わせ、同社一部製品を最大30%オフで販売する。(2020/11/27)

送受信の制御で低消費電力化も
IoTに適した無線LANの条件とは? 「IEEE 802.11ah」「11af」「11ba」から探る
無線LANで着目すべき点はデータ伝送速度だけではない。特にIoTを想定した場合、省電力機能や電波の到達距離などにも注目すべきだ。IoTに適した無線LAN規格の検討ポイントを紹介する。(2020/11/27)

組み込み開発ニュース:
NTTが光電融合技術の開発を加速、1Tbpsでチップ間光伝送が可能な光電変換素子も
日本電信電話(NTT)は、「NTT R&Dフォーラム2020 Connect」において、同社が推進する光ベースの革新的ネットワーク構想「IOWN(アイオン)」を構成する先端デバイス技術を披露した。(2020/11/18)

ドコモら、「Tリーグ」開幕戦の試合映像を5Gで配信 選手・審判視点の映像も
NTTドコモらは、11月17日に行われる「Tリーグ」開幕戦で5Gを活用した臨場感のある試合映像の撮影と伝送を実施。選手視点や審判視点など多視点の映像や、CGスタッツとCGエフェクトで高度化した映像を提供する。(2020/11/6)

DJI、199gドローンの新モデル 4K30fps動画も撮影可能、伝送距離は3倍に
DJIが小型ドローン「DJI Mini 2」の日本向けモデルを発表。新たに4K/30fps動画の撮影にも対応している。価格は5万9400円(税込)からで、11月12日に発売する。(2020/11/6)

NTTドコモ、カメラやVR機器のレンタルサービスを提供へ 21年3月から
NTTドコモが、カメラやVR機器、プロジェクターといったデバイスのレンタルサービスを2021年3月に始めると発表。高精細映像の伝送に対応する5G通信の広がりに合わせ、映像デバイスの利用促進や普及につなげるという。(2020/11/5)

イリソ電子工業 11503シリーズ:
25Gビット/秒伝送対応の5G用FPC、FFCコネクター
イリソ電子工業は、最大25Gビット/秒の高速伝送に対応する、5G機器向けFPC、FFCコネクター「11503」シリーズを発表した。FPC、FFCカードの挿入と同時にロックが掛かる、独自の「Auto I-Lock」構造を採用している。(2020/11/2)

日本メクトロン MPI FPC:
折り曲げ耐性、耐熱性を向上させた5G向けFPC
日本メクトロンは、液晶ポリマーベースのFPCと変性ポリイミドを用いた高速伝送用FPCを開発し、量産を開始した。MPIと低誘電接着剤を組み合わせることで、従来のLCP FPCと同等の伝送特性を維持しつつ、折り曲げ耐性や耐熱性の向上に成功した。(2020/10/29)

高知医療センターと相互参照も実施:
医療分野に量子暗号を適用、NECらが電子カルテの伝送を量子暗号で秘匿化する実証実験
NEC、NICT、ZenmuTechは、電子カルテの伝送を量子暗号で秘匿するシステムの実証実験に成功した。データ伝送の安全性や、秘密分散を用いたバックアップと複数の医療機関の間でデータの相互参照がリアルタイムにできることを確認した。(2020/10/26)

医療のDXを推進 NECらが量子暗号で安全にデータを共有する実証実験に成功
NECらは、電子カルテの伝送やバックアップにおいて量子暗号を利用する実証実験に成功した。医療機関間で、機微性が極めて高いデータを安全に共有する仕組みの確立が期待できる。(2020/10/23)

高速大容量通信の実現に向けて:
NTTら、帯域100GHz超の直接変調レーザーを開発
NTTは東京工業大学と共同で、炭化ケイ素(SiC)基板上に作製したインジウムリン(InP)系メンブレンレーザーを開発した。直接変調レーザーとして、3dB帯域は100GHzを超え、毎秒256Gビットの信号を2km伝送できることを確認した。(2020/10/23)

日本TI DP83TD510E:
最長1.7kmの伝送距離に対応するイーサネット物理層IC
日本テキサス・インスツルメンツは、最長1.7kmで帯域幅10Mビット/秒のイーサネット信号が伝送できる、イーサネット物理層(PHY)IC「DP83TD510E」を発表した。ケーブルの延長により、産業用通信の対応範囲が広がり、システムを軽量化できる。(2020/10/20)

エレコム、国内製品初の認証済み「HDMI2.1ケーブル」発売 8Kに対応、伝送速度は最高48Gbps
エレコムは8Kの映像伝送に対応した「HDMI2.1ケーブル」を11月下旬に発売すると発表した。HDMIの業界団体による品質保証プログラム「Ultra High Speed HDMI Cable」規格の認証を受けた製品は国内初だという。(2020/10/6)

住友商事、製造現場でローカル5Gを活用した実証実験
住友商事は、2021年1月サミットスチールの大阪工場でローカル5Gを活用した実証実験を開始。「AI解析を用いた目視検査の自動化」「高精細映像伝送による遠隔からの品質確認」を行う。(2020/9/28)

3Dプリンタニュース:
電子回路PCB基板用3DプリンタによるAME技術の応用例を公開
Nano-Dimensionは、電子回路PCB基板用3Dプリンタによる、3次元電子回路基板印刷技術(AME)の新しい応用例を発表した。マイクロ波アンテナ、メタマテリアル、RF伝送路などへの応用例を公開している。(2020/9/30)

無線LANと移動通信システムの進化【前編】
「Wi-Fi 6」と「5G」は融合する――識者が示す“未来の無線通信”
高速なデータ伝送を実現する無線技術として「Wi-Fi 6」と「5G」がほぼ同時に登場した。無線LANや移動通信システムといった無線技術はこれまでどのように進化し、どのような方向へ向かうのか。識者に聞く。(2020/9/14)

5Gなどミリ波帯利用の用途に提案:
住友電工、フッ素樹脂FPCの量産化に成功
住友電気工業は、ミリ波帯において伝送損失が低く、柔軟性にも優れたフッ素樹脂のフレキシブルプリント基板(FPC)「FLUOROCUIT(フロロキット)」を開発し、量産化に成功した。(2020/9/11)

5Gシステム基地局向け:
光通信用デバイス、標準パッケージで100Gbps達成
三菱電機は、5G(第5世代移動通信)システム基地局向けの光通信用デバイスとして、CANパッケージを採用し伝送速度100Gビット/秒を達成したEML(電界吸収型光変調器を集積した半導体レーザー)「ML770B64」を開発した。(2020/9/8)

シャープがローカル5G対応ルーターを開発、9月以降に提供予定
シャープは、ローカル5Gへ対応したルーターの試作機を開発。大容量データの高速伝送が可能となり、ローカル5Gの実証実験やネットワーク検証用として9月以降に提供開始する予定だ。(2020/8/17)

組み込み開発ニュース:
市販の協働ロボットで力触覚の双方向伝送が可能になる遠隔操作システム
モーションリブは、市販の協働ロボットを用いて力触覚を双方向に伝送する遠隔操作システムを開発した。市販の協働ロボットを活用できるため、専用装置を製作しなくても、協働ロボットが持つ安全性を生かした遠隔操作システムが構築できる。(2020/8/13)

ホームネットワークの基礎知識【後編】
在宅勤務を危険・不快にしないためのホームネットワーク「4つの注意点」
在宅勤務などのテレワークを実施する際、ホームネットワークのセキュリティを確保したり、データ伝送を安定化させたりする上で注意すべきこととは何か。主要な4つの注意点を紹介する。(2020/7/31)

電源システム解説:
駆動用バッテリーのモニタリング精度向上へ、不可欠なノイズフィルタリング
電気自動車(EV)など電動車が主流として受け入れられるには信頼性が不可欠ですが、信頼性を高めるには、車内のバッテリーセルの状態に対する測定精度が向上しなければなりません。測定精度のレベルを上げるには、データを取得する際や取得したデータをメインプロセッサに伝送する際の妨げとなる、高レベルのノイズへの対策が必要です。バッテリーセルの電圧や温度、電流を高い精度で測定するだけでは不十分であり、これらを同期させることが要求されます。(2020/7/27)

ドコモ、商用5Gによる遠隔手術支援の実験へ 4K手術映像を離れた場所にいる医師に伝送
NTTドコモが、5Gを活用して医者が遠隔地から手術の支援を行う仕組みの実証実験を行うと発表した。商用5G回線を通じて治療室から遠隔地にいる専門医に手術の4K映像をリアルタイムに伝送する。(2020/7/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。