ニュース
» 2012年01月10日 07時55分 UPDATE

Android公式マーケットにまた不正アプリ、ユーザーをだます手口が巧妙化

無料ゲームを装った不正アプリが見つかったが、インストールの過程でユーザーをだます手口が、従来とは変わっていた。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Symantecは、GoogleのAndroid搭載端末向けアプリケーション販売公式マーケットにまた不正なアプリケーションが混入しているのを見つけたと伝えた。インストールの過程でユーザーをだますための手口がこれまでとは変わっているのが特徴だという。

 同社の1月9日付ブログによると、問題のアプリケーションは複数の人気ゲームの無料版を装って、「Stevens Creek Software」というパブリッシャーの名で提供されていた。

 これまでの不正なアプリケーションは、インストールの過程でSMSや通話記録といった本来の機能とは無関係な項目多数へのアクセス許可を求めてくるものが大半だった。このためユーザーはこの時点で不正なアプリケーションだと判断できていた。

 ところが今回見つかったアプリケーションでは、インストールする際に許可を求めてくるのはインターネットアクセスの1項目のみ。ユーザーが安全だと判断してインストールしてしまうと、インストール完了後にスプラッシュスクリーンが表示され、ボタンをクリックしてプロセスを完了するよう促される。

 このボタンをクリックするとWebブラウザが開き、複数のWebサイトのリダイレクトを経て在宅ワークの宣伝ページに行き着く仕掛けになっているという。

 Symantecは同社のウイルス対策ソフトでこの不正なアプリケーションを検出できるようにするとともに、Googleにも通報したとしている。こうした不正なアプリケーションを見分ける方法としては、有料版と無料版のパブリッシャーが同じかどうかをチェックすることを促している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ