ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「インストール」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「インストール」に関する情報が集まったページです。

auの「+メッセージ」が公式アカウントに対応 自らも4つのアカウントを開設
大手3キャリア共通のメッセージングサービス「+メッセージ」。その公式アカウント機能が、auからスタート。最新版アプリをインストールすることで利用可能となる。(2019/5/23)

「Windows 10 May 2019 Update」(ビルド1903)一般提供開始
Microsoftが「Windows 10」の大型アップデート「May 2019 Update」(バージョン1809)を5月21日に提供開始した。今回からインストールするタイミングをユーザーが最長35日間延長できる。(2019/5/22)

買収したManageとの統合も視野に:
Criteoがモバイルアプリ広告事業を強化、新規獲得と既存顧客活性化のためにできること
インストール、リエンゲージメント、ダイナミックリターゲティングで、Criteoが企業のモバイルアプリ活用を支援する。(2019/5/17)

電話するだけでスパイウェアをダウンロード――WhatsAppが重大な脆弱性を修正
WhatsAppの通話機能を使って標的とする相手に電話をかけるだけで、iPhoneとAndroidに監視ソフトウェアをインストールすることが可能だった。(2019/5/17)

「信ぜよ、だが確認せよ」
Windows 10の「May 2019 Update」以降はアップデート時期を自由に選べる
2019年5月下旬公開の「Windows 10」次期アップデートは、IT管理者によるインストールの管理機能が復活する。その重要度について、専門家が解説する。(2019/5/15)

Firefoxのアドオンが使えなくなる不具合発生――更新版で対処を
不具合が原因で、一部のユーザーは導入済みのアドオン実行も、新しいアドオンのインストールもできなくなっていた。(2019/5/7)

新たな手口「DNS Changer」:
iOS端末向けに偽の構成プロファイルを用意する手口も――進化を続ける「Roaming Mantis」に警鐘
家庭用ルーターのDNS設定を変更し、それと知らぬうちにユーザーをフィッシングサイトや悪意あるサイトに誘導するサイバー攻撃キャンペーン「Roaming Mantis」は継続的に「進化」を続けている。iOSデバイス向けに偽の構成プロファイルをインストールさせる手法も登場しており、引き続き注意が必要だ。(2019/4/25)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(47):
Windows 10のOSイメージ展開の新常識(その3)――応答ファイルの作り方
Windowsのインストールに対し「システム準備ツール」を実行してイメージを一般化すると、物理/仮想マシン環境にイメージ展開するだけで新しいWindowsの稼働環境を短時間で構築できます。その際、効率化の鍵となるのが「応答ファイル」です。今回は、Windows 10の一般化されたイメージ用の応答ファイルの作り方を説明します。(2019/4/25)

アドウェア入りアプリ50本、インストール回数は計3000万回――不正アプリをダウンロードしないためには
Avast Softwareは、「Google Play Store」でアドウェアが仕込まれたアプリ50本を発見したという。問題のアプリでは全画面広告を執拗(しつよう)に表示したり、別のアプリをインストールするよう仕向けたりしていた。(2019/4/24)

iPhoneの充電と同時にデータをバックアップできる「Qubii Pro」
フォーカルポイントは、iPhoneの充電と同時に写真や動画、連絡先をバックアップできるソリューション「Qubii Pro」のクラウドファンディングを実施。iPhoneにQubiiアプリをインストールし、本体にmicroSDを挿入すれば自動でバックアップが行える。(2019/4/23)

名刺サイズの超小型PC「ラズパイ」で遊ぶ(第4回):
ラズパイで音楽・動画のメディアサーバを構築 OSのインストール方法は?
小さなマイクロコンピュータ「Raspberry Pi」(通称ラズパイ)で作る、自分だけのガジェット。今回からはラズパイを音楽や動画のメディアサーバとして活用する方法を解説します。(2019/4/12)

2018年、日本で最もインストールされたアプリは? 米Sensor Tower調査
総合1位はTikTok。荒野行動とPUBG Mobileの戦いは荒野行動の勝利。(2019/4/10)

Chromium版EdgeのCanary版と開発者版リリース
Microsoftが12月に発表したChromiumベース「Edge」ブラウザのCanaryおよびDevチャンネル版が公開された。インストールできるのはまだWindows 10のみだ。“間もなく”Beta版もリリースの見込み。(2019/4/9)

あの作業の妨げから解放――Windows 10の更新プログラム、最大35日のインストール延期が可能に
2019年5月に配信予定の「Windows 10 May 2019 Update」からは、Windows 10の機能更新プログラムと月例更新プログラムの両方で、更新プログラム適用のタイミングをユーザーが選べるようになる。(2019/4/5)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(45):
Windows 10にオンデマンド機能のOpenSSHサーバをインストールする方法
Windows 10 バージョン1803からは、OpenSSHクライアントおよびサーバ機能がWindowsに組み込まれました。Windows Server,version 1803ではOpenSSHクライアントが、Windows Server,version 1809およびWindows Server 2019からはOpenSSHサーバが同様に組み込まれています。今回は、このOpenSSHサーバ機能に注目します。(2019/3/28)

ソフトバンクのサービスや料金プラン、Googleアシスタントで質問可能に
ソフトバンクは、Googleアシスタントへ話し掛けると同社のサービスや料金プランなどを教えてもらえるサービスを開始。「OK Google, ソフトバンクにつないで」と呼び掛けると、料金プランやキャンペーン、データ通信量、契約状況などを確認できるようになる。対象はGoogle Pixel 3などのAndroidスマホや、Google Home/GoogleアシスタントのアプリをインストールしたiPhone。(2019/3/18)

Microsoft、ChromeとFirefox向け「Windows Defender Application Guard」拡張機能公開
ユーザーが安全ではないWebサイトを開こうとするとサンドボックスに移動するMicrosoft Edgeの機能をChromeとFirefoxでも使えるようにする拡張機能がWindow Insider向けに公開された。利用するにはEdgeもインストールする必要がある。(2019/3/18)

iOS版「Gboard」にGoogle翻訳機能追加
Googleのキーボードアプリ「Gboard」のiOS版でも翻訳しながらの入力が可能になった。103言語から翻訳元と翻訳先を選んで入力すると、自動的に翻訳される。Googleのサーバで翻訳するので言語データのインストールは不要だ。(2019/3/18)

ITの教室:
【WSL入門】第1回 Windows 10標準Linux環境WSLを始めよう
Windows 10 Fall Creators Updateから標準搭載されているWSLは、Windows 10からLinuxを利用するための仕組み。上手に活用することで、文書処理などを格段に効率よくできる。まず、インストールから始めてみよう。(2019/3/18)

Google Playで提供のアプリ210本にマルウェア、ダウンロード合計1億5000万回
感染アプリがインストールされると、バックグラウンド広告を表示したり、Webブラウザを開いて指定されたURLを表示したりする。(2019/3/14)

Microsoft、直近アップデートを自動アンインストールする機能をテスト中
Microsoftが、Windows 10の直近のアップデートでPCが起動できなくなった場合に、自動的にアンインストールする機能をWindows Insider向けに追加した。(2019/3/14)

「Android Q」のBeta 1公開 Pixelシリーズにインストール可能
Googleが次期モバイルOSを「Android Q」とし、最初のBeta版を公開した。初代からのすべてのPixel端末にインストールできる。位置情報などのプライバシーの強化や折りたたみ端末のサポートなど多数の新機能が盛り込まれる。(2019/3/14)

プレステ4の「リモートプレイ」がiOSに対応
プレイステーション 4(PS4)のゲームを遠隔操作で楽しめる「リモートプレイ」がiOSに対応。App Storeから「PS4 Remote Play」アプリをダウンロードすれば利用できる。対応機種はiOS 12.1以降がインストールされたモバイル機器。(2019/3/8)

スマホユーザーが近づくだけでエレベーターを呼び出せるサービス
三菱電機ビルテクノサービスは、2月19日にスマートフォンを用いた新たなエレベーター機能の開発について発表。専用アプリをインストールしたスマートフォンを所持してエレベーターの乗場に近づくと、自動的にエレベーターの呼び出しとあらかじめアプリで指定した階の登録を行う。本機能は同社の新たなメンテナンス契約のメニューとして、2019年度より提供する予定だ。(2019/2/19)

DockerデーモンやDockerfileなしでコンテナ化できる:
Google、Javaアプリケーションを簡単にコンテナ化できるオープンソースツール「Jib 1.0.0」をリリース
Googleは、DockerのインストールやDockerデーモンの実行、さらにはDockerfileの作成も行うことなく、Javaアプリケーションをコンテナ化できるオープンソースツール「Jib」を正式リリースした。(2019/2/13)

ドコモの「dmenu ニュース」Android版が提供開始 インストールでdポイントプレゼントも
NTTドコモは、2月5日にiOS向けニュースアプリ「dmenu ニュース」のリニューアルを実施。デザインを一新し、操作感の向上やカスタマイズ機能の強化に合わせてAndroid版の提供も開始する。これに伴い、dポイントを最大600ポイントをプレゼントするキャンペーンも行う。(2019/2/5)

Tech TIPS:
Windows 10でMicrosoft IMEを削除して、勝手にIMEが切り替わるのを防ぐ
複数の日本語入力システム(IME)をインストールしていると、いつの間にかMS-IMEに戻ってしまうことがある。これを防ぐにはMS-IMEを削除すればよい。その方法を紹介する。(2019/2/4)

Tech TIPS:
Windows 10にフォントを追加インストールする方法と注意点
Windows 10では管理者権限がなくてもフォントをインストールできるようになった。ただしその場合は他のユーザーがインストールしたフォントを利用することはできない。必要ならば他のユーザーからも利用できるようにインストールする必要がある。その方法をまとめておく。(2019/1/31)

ローソンから対応開始:
クオカード、スマホを使ったギフトカード「QUOカードPay」を開発 3月14日発売
磁気カードのギフトカードとして長年親しまれてきた「QUOカード(クオ・カード)」にスマホ版が登場。送りたい相手にコード(URL)を送付する形式で、受け手、送り手共に特別なアプリのインストールは不要だ。(2019/1/30)

山市良のうぃんどうず日記(145):
更新プログラムのダウンロード/インストール進捗状況が知りたい――Windows 10(バージョン1709以降)の更新用スクリプト解説
Windows 10 バージョン1709以降では、「WindowsUpdateProvider」モジュールが利用可能になりました。今回は、このモジュールのWindows Update用コマンドレットを利用した、汎用的に使える筆者自作のPowerShellスクリプト「SearchAndInstallUpdates.ps1」を紹介します。(2019/1/22)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(40):
オンデマンド機能になった「リモートサーバー管理ツール(RSAT)」、そのインストール方法は?
Windows Serverをリモートから管理するためのツール群「リモートサーバー管理ツール(RSAT)」は、Windows 10 October 2018 Update(バージョン1809)からWindowsの「オンデマンド機能(Features on Demand)」に変更されました。(2019/1/10)

山市良のうぃんどうず日記(144):
Windows Server 2019の新規インストールはWindowsセットアップに任せてはダメ!
2018年11月13日、10月初めにいったんリリースされたものの重大な問題のために配布が停止されていたWindows 10 October 2018 Update(バージョン1809)、Windows Server 2019、Windows Server,version 1809が再リリースされました。もし、これらのOSを新規インストールする予定なら、今回の記事を一読してください。既に新規インストールして、まだ日がたっていないなら、インストールをし直すことも検討すべきかもしれません。(2019/1/8)

Tech TIPS:
WSL上のXサーバで、Windows 10にインストールされているフォントを利用する
WSL環境でGUIのアプリを利用するためにXサーバを導入した場合、Windows 10側にインストールされているフォントを全てそのまま利用できると便利だ。これは、フォント用の設定ファイルを用意すれば簡単に実現できる。その方法を紹介する。(2018/12/27)

Tech TIPS:
WSL上にXサーバをインストールしてGUIを実現する(VcXsrv編)
WSL(Linux)環境でGUIのアプリを利用するには、GUIの描画を行うXサーバを用意する必要がある。Windows 10で利用できるXサーバはいくつかあるが、今回はVcXsrvというXサーバの導入方法を解説する。(2018/12/6)

Windows 10 The Latest:
Windows 10にLINEアプリが勝手にインストールされる怪――「Microsoft Consumer Experience」とは
Windows 10に大型アップデート「October 2018 Update」を適用するとLINEアプリが勝手にインストールされると話題になっている。なぜ、LINEアプリがインストールされてしまうのか? その謎を解く。(2018/12/4)

「LINEが勝手にインストールされた」Windows 10の“おせっかい機能”不評
「PCに、LINEが勝手にインストールされていた」――11月10日ごろから、Windows 10のユーザーが困惑の声を上げている。その理由は。(2018/11/29)

Tech TIPS:
Windows 10 October 2018 Updateで変わった、サーバ管理ツールRSATのインストール方法
クライアントのWindows OSからServer OSを管理するにはRSATというリモート管理ツールをインストールして利用する。Windows 10のOctober 2018 UpdateからはこのRSATのインストール方法が変更された。その方法を解説する。(2018/11/29)

山市良のうぃんどうず日記(141):
Windows Sysinternalsユーティリティーの入れ替え作業をPowerShellスクリプトで簡単に
Microsoftが無料提供しているWindows向けユーティリティー群「Windows Sysinternals」は、筆者のお気に入りのツールです。「Sysinternals Suite」は、Windows Sysinternalsのほとんど全てのユーティリティーを1つのZIPファイルにまとめて提供するものです。今回は、Sysinternals Suiteのインストールと更新をPowerShellスクリプトで自動化することに挑戦してみました。(2018/11/27)

Tech TIPS:
Windows 10の更新プログラム適用を自動的に完了する
Windows 10では、Windows Updateによる更新プログラムの自動適用後の挙動が変わったことにお気付きだろうか? セットアップを自動的に完了させる設定を有効にしておくと、適用終了後にサインインして操作しなくても、更新プログラムが最後までインストールされるようになっている。その設定方法と、設定による副作用(?)について解説する。(2018/11/9)

Googleの法人向けスマートフォン導入支援プログラム
「Android Enterprise Recommended」の最新情報 高耐久性スマートフォンが対象機種に
「Android Enterprise Recommended」は、ゼロタッチ登録やQRコードで大量のAndroid端末の導入とEMMのインストールを容易にする。対象機種の追加など、拡充も進められている。(2018/11/8)

Tech TIPS:
Microsoft Storeアプリのインストール先ドライブを移動/変更する
Microsoft StoreアプリはデフォルトではC:ドライブにインストールされるが、C:の空き容量が少なくなったような場合、別ドライブへ移動させることができる。その方法を紹介する。(2018/11/2)

山市良のうぃんどうず日記(139):
Windows 10のWindows Updateでやってくる「更新プログラム」をまとめてみよう
Windows 10はWindows Updateで「更新プログラム」が配布、インストールされます。更新プログラムには幾つか種類があり、それぞれに検出のされ方、インストールのされ方も異なります。筆者はその一部を「アップグレード」と呼んでいますが、Windows Updateなのにアップグレードはおかしいという意見をいただいたことも。皆さんはちゃんと更新プログラムの種類を区別できていますか。まとめてみましょう。先に言っておきますが、ややこしいです。(2018/10/30)

コンテナ実行の事実上の標準?
いまさら聞けない「Linuxコンテナ」の始め方
Linuxコンテナによって、アプリケーションごとにOSをインストールする従来のモデルは、なくなるかもしれない。(2018/10/30)

Tech TIPS:
Windows 10のユーザーアカウント制御(UAC)を一時的に無効にする
UACは不適切な操作やウイルスなどから、システムの乗っ取りや破壊を防ぐ重要な機能だ。しかし、この機能の影響でアプリケーションがインストールできないこともある。このような場合、セキュリティ上のリスクを十分検討した上で、一時的にUACを無効化するとよい。その方法を紹介する。(2018/10/25)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(35):
Windows10のOSイメージ展開の新常識(その2)――Sysprepを成功させるポイント
企業でWindowsを大量のクライアントPCに導入する場合は、OSのイメージ展開を採用するのが一般的です。イメージ展開のためのイメージは、Windowsインストールを「システム準備ツール」(Sysprep)で一般化して作成します。しかし、Windows 10では肝心のSysprepが失敗するという話をよく聞きます。そこで今回は、Windows 10でSysprepを成功させるポイントを紹介します。(2018/10/25)

Tech TIPS:
Windows 10のMicrosoft Storeアプリをコマンドラインやバッチから起動する
よく使うMicrosoft Storeアプリをコマンドラインやバッチファイルから起動できると便利である。だがストアアプリは常に同じ場所にインストールされるわけではないので、決まったパスで起動することができない。そのような場合に利用できる便利な起動方法を紹介する。(2018/10/19)

ドコモの「ワンナンバーサービス」がAndroidスマホでも利用可能に 専用周辺機器「ワンナンバーフォン」が登場
スマートフォンの携帯電話番号をアクセサリ端末(子機)と共有できるNTTドコモの「ワンナンバーサービス」が、Androidスマートフォンにも対応する。子機「ワンナンバーフォン」を購入した上で、スマホに専用アプリをインストールしてセットアップすることで使える。(2018/10/17)

今日のリサーチ:
モバイルアプリが削除されるまでの期間は平均6日未満――Adjust調査
モバイルアプリのユーザーには、最後にアプリを開いてから平均して6日間未満でアンインストールする傾向があることが明らかになりました。(2018/10/12)

Visual Studio Code TIPS:
VS Codeをアンインストールするには
何らかの都合でVS Codeアンインストールするときには、VS Codeだけをアンインストールする方法と、設定や拡張機能まで削除する方法がある。(2018/10/12)

ITはみ出しコラム:
Windows 10の新機能「スマホ同期」って何ができるの?
Windows 10大型アップデート「October 2018 Update」の注目機能、「Your Phone(スマホ同期)」アプリをインストールしてみました。(2018/10/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。