ニュース
» 2012年01月17日 15時47分 公開

ストレージソフト市場は拡大傾向、2015年には800億円規模に――IDC予測

東日本大震災を契機とする企業のデータ保護に対する意識の高まりなどを受け、2010〜2015年の国内ストレージソフトウェア市場は年率4.0%で成長するとIDC Japanが予測。

[本宮学,ITmedia]

 IT調査会社のIDC Japanは1月17日、国内ストレージソフトウェア市場の実績と予測を発表した。2011年上半期の同市場規模は339億円と、前年同期比で4.0%のプラスだった。2011年通年では前年比3.8%増の686億円になると見込む。また、2010〜2015年の同市場は年率4.0%で成長し、2015年には803億円規模になると予測している。

photo 2007〜2015年 国内ストレージソフトウェア市場 売り上げ実績および予測(出典:IDC Japan)

 2011年上半期の同市場は、東日本大震災によって一時的に停滞した製品分野やベンダーもあったが、その影響は少なかったという。むしろ震災をきっかけとして企業のデータ保護に対する意識が高まり、同市場にとって成長要因になったとしている。

 また今後は、震災を契機としたデータ保護/事業継続性の見直しや、ITインフラ仮想化の進展、“ビッグデータ”利用の活性化などが同市場をけん引していくとみる。特にビッグデータの活用は、現時点では同市場の大きな促進要因にはなっていないものの、今後は企業内の業務データやトランザクションデータを分析して価値を生み出そうとする見方が強まり、データ管理やストレージ管理を見直す企業が増えると予測している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -