ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「データ保護」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「データ保護」に関する情報が集まったページです。

日本市場に対応したバックアップを提供 ヴィームが製品アップデート状況を解説
ヴィームは事業戦略説明会を開催し、データ保護における4つのトレンドを踏まえて、レッドハットとの協業や自社製品アップデートの最新状況を発表した。(2024/2/14)

「データセキュリティ」は誰の問題か【第4回】
古いままの「バックアップ」は何が駄目なのか? 回復力を高めるには?
クラウドサービスを利用するなどシステム構成が複雑になっている一方で、バックアップと復元の仕組みが従来のままになっていないだろうか。データ保護の対策を見直す場合のポイントとは。(2024/2/16)

「Microsoft 365 Backup」が登場【前編】
「Microsoft 365 Backup」はクラウドの“責任共有モデル”を揺るがすのか
クラウドサービスのデータ保護の責任はユーザー企業にある――。これがクラウドサービス利用時の“常識”となっているが、「Microsoft 365 Backup」はその考え方とは異なるものになる可能性がある。(2024/1/24)

セキュリティニュースアラート:
75%の組織が「現状のデータ保護に不安」 デルがグローバル調査を発表
デルは全世界のIT意思決定者1500人を対象としたデータ保護に関する調査結果を発表した。組織の75%がデータ保護対策の不足を感じているという。(2024/1/22)

85%の組織がランサムウェア攻撃で身代金を支払う:
復旧できるかどうか不安なのに、半数以上の企業が「復旧よりも予防」に投資 デル・テクノロジーズ
デル・テクノロジーズは、データ保護に関する調査の結果を発表した。過去12カ月以内にデータへのアクセスを阻害するサイバー攻撃を受けたと回答した人の割合は52%。85%の組織が、データにアクセスするために身代金を支払うことを余儀なくされた。(2024/1/22)

ハイブリッドクラウドに合わせたデータ保護
オンプレミスとクラウドのデータ保護を手軽に一元化できるバックアップ運用術
オンプレミスシステムとクラウドを併用するハイブリッドクラウドの運用においては、データ保護対策が煩雑になりやすい。コストと手間を抑えながら、クラウドに適したバックアップ/リカバリーシステムを構築する方法とは。(2023/12/26)

中堅・中小企業でのコストを抑えたデータ保護
中小企業向けのランサムウェア対策 シンプルでも強固な「データ保護」の実力
企業を襲うランサムウェア攻撃をはじめ、災害や機器故障などの事態からデータを保護するために欠かせないのがバックアップだ。予算が限られる中でも、コストを掛けずに強固なバックアップシステムを構築する方法とは。(2023/12/22)

バリオセキュア株式会社提供Webキャスト
"復元できないバックアップ"が増加? データ保護を強化し回復力を高める方法
サイバー攻撃による被害が後を絶たず、多くの企業がバックアップ戦略でデータ保護を進めている。しかし、バックアップが復元できないケースも増えており、サイバーレジリエンスの強化が重要となっている。この実現方法を解説する。(2023/12/19)

サイバー攻撃対策だけではなくDX推進にも:
PR:保護と活用は両立可能? データ保護とクラウドの“切っても切れない関係”
企業のデータは「貴重な資産」であると同時に「DXを進めるための原動力」でもある。サイバー攻撃などの脅威が深刻化する中、データを守りながら活用するためにはどのようなインフラが必要なのか。その鍵は「クラウド連携」にある。(2023/12/21)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「サイバーセキュリティとデータ保護」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(5000円分)をプレゼント。(2023/12/13)

導入から活用までをワンストップで支える
ハイブリッドクラウドのデータ保護を一元管理 手間を削減する近道は?
データ保護は企業にとって重要な課題である一方、それを実現するためのコストや負荷も相当なものになる。オンプレミスシステムやクラウドをまたいで、コストを抑えつつ効率的にデータを保護するクラウドBCPとは。(2023/12/14)

半径300メートルのIT:
E2EEとは何か? 今すぐ使える暗号化技術のメリットと設定方法を解説
端末のデータ保護を担う暗号化技術として筆者が最近注目しているのが「E2EE」(End to End Encryption)です。意外に普及していないこの技術のメリットや、LINEやiCloudでこれを設定する方法を紹介します。(2023/12/12)

Veeam Software Japan株式会社提供Webキャスト:
PR:Microsoft 365のデータ保護を強化する、バックアップのベストプラクティス
「Microsoft 365のバックアップは、プロバイダー任せで十分」という認識は誤りだ。意図しないデータの削除や、セキュリティリスクに対応するためにも、ユーザー自身の手でバックアップし、データ管理ができる環境を構築しておきたい。(2023/11/28)

セキュリティニュースアラート:
組織の半数以上が機密情報を損失している Rubrikがデータ保護の実態調査を公開
Rubrik Japanはサイバーセキュリティリスクと攻撃対象領域の拡大に伴うデータ保護の課題に焦点を当てた調査結果を発表した。組織の半数以上が機密データ損失を経験していることが分かった。(2023/11/22)

Microsoft Ignite:
Microsoft、「Bing Chat」を「Copilot」にリブランド GPTも作れる「Copilot Studio」も発表
Microsoftは2月に立ち上げた“AI採用のWebの副操縦士”「Bing Chat」の名称を「Copilot」にリブランドした。法人向け「Copilot」には商用データ保護が適用される。また、「GPTs」やカスタムCopilotを作れる「Copilot Studio」も立ち上げた。(2023/11/16)

セキュリティニュースアラート:
Kyndryl、Google Cloudを使う金融機関を対象に新たなデータ保護サービスを提供
Kyndrylは金融サービス機関向けに統合性や拡張性、セキュリティに優れたGoogle Cloud向け新サービスを提供する。金融業界特有の規制やコンプライアンスに柔軟に対応できるという。(2023/11/10)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「サイバーセキュリティとデータ保護」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(5000円分)をプレゼント。(2023/11/9)

セキュリティニュースアラート:
ベリタス、サイバーレジリエンス強化を支援するVeritas 360 Defenseの提供を開始
ベリタスはデータ保護やデータガバナンス、データセキュリティ機能を提供する統合ソリューションVeritas 360 Defenseを提供した。セキュリティベンダーが提供する複数のソリューションと連携できる。(2023/10/29)

セキュリティニュースアラート:
BoxとCrowdStrike クラウドデータ保護のための新パートナーシップを発表
BoxとCrowdStrikeはクラウドデータの保護とデータ漏えい防止を支援するためのパートナーシップを発表した。(2023/10/16)

データの所在地や規制を要確認
“危ないクラウドストレージ”にありがちな5つの落とし穴
企業がクラウドストレージを利用する際、データの保管場所がどこなのか、データ保護規制に準拠しているのかどうかといった問題が浮上する。適切に対処するために知っておくべき5つのポイントを取り上げる。(2023/10/6)

アクロニスのバックアップ×セキュリティソフト「Cyber Protect Home Office」に最新版 2要素認証によるデータ保護に対応
アクロニスのバックアップ×セキュリティソフト「Cyber Protect Home Office」(旧True Image)にアップデートが行われた。第三者がバックアップデータなどにアクセスする際に「2要素認証」を有効化できるようにすることで、より強固なセキュリティを確保できるようになる。(2023/9/28)

「Mac」の暗号化機能とデータ保護【第1回】
いまさら聞けない「暗号化」とは何か? なぜ必要なのか
企業や従業員は絶えず機密データを侵害・窃取される脅威にさらされている。データ保護の基本的な対策である暗号化について解説する。(2023/9/28)

BCP、ランサムウェアからデータを守るには
ランサムウェア対策やデータ保護ニーズに幅広くマッチするストレージとは
災害対策、ランサムウェア対策でデータ保護のニーズが高まる中、あまり類を見ないデータ保護機能を実装し、ブロックとしてもファイルとしても利用できるストレージ製品がある。実例に近いユースケースを想定して検証した結果をお届けする。(2023/9/25)

生成AI時代のデータ管理術とは【後編】
ChatGPTを正しく使うには? 「シャドー生成AI」を安全にするポイント3選
さまざまなビジネスの現場で活用が進む「生成AI」について懸念が広がっているのが、データ流出のリスクだ。セキュリティベンダーImpervaが考えるデータ保護術とは。(2023/8/28)

セキュリティニュースアラート:
Google Workspaceに複数のセキュリティ新機能が追加 Google AIなど活用
GoogleはGoogle Workspaceのセキュリティを向上する複数の新機能を発表した。Google AIを利用してGoogleドライブなどのデータ保護し、流出を防止する機能などが含まれる。(2023/8/25)

企業ユーザーに贈るWindows 11への乗り換え案内(19):
生成AIで強化された企業向け「Bingチャット」登場、個人向けを含めてBingチャットの社内利用を制御するには
MicrosoftはMicrosoft 365サブスクリプションにおいて、商用データ保護付きの「Bingチャット」である「Bingチャットエンタープライズ(プレビュー)」を既定で有効化し、プレビュー版の提供対象を広げました。(2023/8/22)

身代金の支払いについてもアドバイス:
「ランサムウェア攻撃にやられたらどうする」、Gartnerが説く組織としての効果的な備えとは
ランサムウェア対策では、防御やデータ保護のテクノロジーに注目が集まりがちだが、Gartnerはインシデント発生時の全社的な対応を明確化しなければならないと強調する。身代金の支払いについてのアドバイスもできる必要がある。セキュリティ担当アナリストに対策のポイントを聞いた。(2023/8/22)

専門家に聞く:
クラウドのデータ消失は自己責任? 完全消失を防ぐ方法を紹介
クラウドのデータ保護について、「クラウドサービスに標準搭載されているバックアップ機能があるから大丈夫」と考えるのは危険だと専門家は指摘する。どのような対策を講じればよいのだろうか。(2023/8/3)

Veeam Software Japan株式会社提供Webキャスト
確かな復元力を確保、ワークロードを強力に保護するデータプラットフォーム
強力で確実なデータ保護戦略の重要性が高まる中、環境を問わずワークロードの保護とリストアを実現するデータプラットフォームが注目されている。その非常に高度なデータ保護技術について、デモ動画を通じて解説していく。(2023/8/2)

Veeam Software Japan株式会社提供Webキャスト
災害時の不安を一掃、仮想マシンのバックアップと復旧を迅速にする“この1手”
仮想マシン(VM)のバックアップや復旧を、簡単かつ迅速に行えるソリューションを活用することで、データ保護戦略を着実に前進させることができる。災害時に被害を拡大させないためにも、具体的な操作手順を見ておこう。(2023/8/2)

Veeam Software Japan株式会社提供Webキャスト
巧妙なランサムウェア攻撃に対抗、回復力が高いデータ保護の実現方法とは?
巧妙なランサムウェアに対抗するには、バックアップでデータを保護し、攻撃を受けても復元できる体制を整えることが重要だ。バックアップデータを狙う攻撃が横行する中で、回復力が高いスケーラブルなデータ保護を実現する方法とは?(2023/8/2)

うっかりミスやランサムウェア攻撃への備え
「Microsoft 365のバックアップ」が必要なのはなぜ? 簡単にできる対策とは?
クラウドサービスを利用する際に前提にしなければならないのが、データ保護の責任は自社にある点だ。データの「うっかり削除」や「攻撃による暗号化」に備えたバックアップが重要になる。その選定ポイントとは。(2023/7/24)

VeeamとMicrosoftが提携を発表 Microsoft 365関連サービスのデータ紛失を防ぐ
VeeamとMicrosoftが提携を発表した。Microsoft 365関連のサービスにおけるデータ保護が強化されるようだ。(2023/7/22)

Kyndrylがサイバーレジリエンス強化 Veritasと連携、可視化や自動復旧も
キンドリルとベリタスは「Data Protection Risk Assessment with Veritas」と「Incident Recovery with Veritas」を発表した。オンプレミスおよびハイブリッド、マルチクラウド環境のデータ保護と復旧に対応する。(2023/7/20)

ChatGPTが招く法律違反【中編】
イタリアの「ChatGPT」禁止措置は正しかったのか?
「ChatGPT」が個人情報を脅かすという懸念から、イタリアのデータ保護規制局は国内でのChatGPT使用を禁じた。当局がOpenAIに求めた措置とは何か。企業がChatGPTを利用することで起こり得る法律違反とは。(2023/7/12)

生成AIが直面する規制【前編】
「ChatGPT」継続のためにイタリア規制当局がOpenAIに突き付けた“ある条件”
イタリアのデータ保護規制局は、国内における「ChatGPT」の使用禁止措置を、ある条件と引き換えに解除した。同局がOpenAIに突き付けた条件とは。(2023/6/15)

電子政府のクラウド活用【第4回】
シンガポール政府が「ソブリンクラウド」には満足できない納得の訳
シンガポールの公共サービスの電子化を支えるのがクラウドサービスだ。クラウドサービス活用における懸念事項になりがちなセキュリティ対策とデータ保護に対して、シンガポール政府はどのように取り組んでいるのか。(2023/6/14)

データベース管理者にデータセキュリティの意識が求められる理由:
PR:データベース管理の現場にも求められる「情報漏えい対策」という課題――「安定稼働」と「データ保護」は両立できるのか
頻繁に発生するサイバー攻撃によって「データそのものを守ること」の重要性が再認識されている。データベース管理の現場にも厳密な対策が求められるようになっているが、データベース管理者としては、データベースの安定稼働もないがしろにはできない。セキュリティと安定稼働を両立させる方法とは。(2023/6/7)

医用画像の長期保管を考える【後編】
Tiger Technologyが「医療業界のクラウドデータ保管」を重視する理由
Tiger Technologyはストレージ階層化やデータ保護などに利用できるソフトウェアやストレージ製品を提供するベンダーだ。同社が医療業界に焦点を当ててビジネスを強化する理由とは。(2023/6/2)

法規制が求める「高度な暗号化」の効力:
PR:情報漏えいが多発するデジタル社会で「本当に守るべきものは何か」を見極めるデータ保護対策とは
サイバー攻撃による情報漏えいが後を絶たない。アクセス制御や侵入検知など「防御」の仕組みはもちろんあるが、それだけではソーシャルエンジニアリングや内部不正など“人の隙”を突いた攻撃は防ぎ切れない。今、ユーザーが企業に期待するのは、“情報漏えいが疑われる事象が発生しても、実質的な被害は最小限にとどめてくれる”という安心感だ。(2023/5/31)

データ保護がIT戦略を変革【後編】
ランサムウェア攻撃が収まらない“甘くない現実” 対処すべき問題はこれだ
約8割の組織が、データ保護の理想と現実のギャップに苦しんでいる。データを保護する上で最大の脅威はサイバー攻撃だ。データ保護に求められる対策とは。(2023/5/24)

暗号化が「DX、デジタル社会」を支える:
PR:顧客や従業員を守り、企業のブランド価値を高める――韓国の最新事情から見る、データ保護の必要性
数々の情報漏えい事故を受け、日本国内でも徐々にセキュリティ対策の必要性が認識され始めたが、歩みはまだ遅い。一歩早く、罰則規定も含む厳しい個人情報保護規制を行い、国を挙げて対策を進めている韓国では、どのような考え方で取り組んでいるのだろうか。(2023/5/24)

Metaにアイルランドが12億ユーロ(約1800億円)の罰金 GDPR違反で
アイルランドのデータ保護委員会は、Metaに12億ユーロの罰金を科すと発表した。EU圏内のFacebookユーザーのデータを米国に送信できないというEUの判決に違反したため。Metaは控訴すると発表し、データの国境を越えた転送の重要性を主張している。(2023/5/23)

データ保護に対するVeeamの一手【前編】
ランサムウェアの補償もあり? データ保護ツール「Veeam Data Platform」とは
企業のシステムが一段と複雑になる中で、ランサムウェアといったデータ保護の信頼性を揺るがす脅威が拡大している。こうした状況において、Veeam Softwareが新製品群「Veeam Data Platform」を発表した。(2023/5/18)

データ保護がIT戦略を変革【前編】
クラウド時代でも「磁気テープ」が大活躍 データ保護の外せないトレンドは?
Veeam Softwareの調査では、データ保護にクラウドサービスを利用する組織が目立った。一方で、磁気テープを利用する組織も依然として珍しくない。データ保護戦略において何が重要になっているのか。(2023/5/17)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「運用で困っていることは? データ保護/バックアップ」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/5/17)

Veeam Software Japan株式会社提供Webキャスト
巧妙化する脅威と複雑化するITインフラで難化、データ保護をシンプルにするには
ランサムウェアを中心としたサイバー攻撃が巧妙化し、ITインフラの複雑化も進む中、企業はその重要資産であるデータをいかにして保護すべきなのか。さらに、何らかの障害が発生した際のデータレジリエンスをどのように確保すればよいのか。(2023/5/2)

AppleのE2EEに対する賛否【第5回】
FBIがAppleの「iCloud」セキュリティ強化策に反発 何がまずいのか?
「iCloud」内のデータを守るセキュリティ機能「iCloudの高度なデータ保護」の中核要素として、Appleは「エンドツーエンドの暗号化」(E2EE)を採用した。この動きをFBIが懸念しているという。その理由とは。(2023/5/2)

Microsoft 365のデータを包括的にバックアップ、ソフトクリエイトが「SCCloud SaaS Backup」を提供開始
ソフトクリエイトは、「Microsoft 365」のデータ保護に特化したクラウド型バックアップサービス「SCCloud SaaS Backup」の提供を開始した。バックアップ対象やバックアップ頻度、バックアップ期間をユーザーが自由に選択できる。(2023/5/8)

OpenAIのChatGPT、イタリアで再び利用可能に 透明性改善で
イタリアのデータ保護当局は、ChatGPTの使用禁止を解除した。OpenAIが年齢確認機能や履歴を保存しない機能を追加したため。GPDPはOpenAIの対策を認め、引き続き欧州データ保護法順守についての調査を続けるとしている。(2023/4/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。