ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「データ保護」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「データ保護」に関する情報が集まったページです。

「もしものときに戻せる自信がない」:
過去1年間で約4割が「計画外のシステムダウンを経験」 デルがデータ保護に関する調査結果を発表
デル・テクノロジーズは、世界の企業のIT意思決定者を対象に実施したデータ保護に関する調査「2021 Global Data Protection Index」を発表した。それによると企業は新技術の利用を背景に多くのデータ保護に関する課題に直面しているという。(2021/9/27)

日本企業の7割以上が「サイバー攻撃から復旧できる自信なし」 データ保護の現状に警鐘
デル・テクノロジーズの調査によると、世界の67%、日本の78%のIT意思決定者がサイバー攻撃で業務データが損失した場合に「自社の重要な基幹業務データを復旧できる自信がない」と回答していることが分かった。(2021/9/24)

DX時代のプライバシー:
グローバルで進む、個人情報保護法の厳格化 企業が行うべき3つの施策
2018年に施行した欧州一般データ保護規則(GDPR)を機に、各国の個人情報保護法は厳格化の傾向をたどっている。そうした中、企業はどのような施策を講じればよいか。実際にプライバシー保護のグローバリゼーションに取り組んでいる企業の事例をもとに説明する。(2021/9/22)

Facebook傘下のWhatsAppにGDPR違反でアイルランドが約293億円の制裁金
Facebook傘下のWhatsAppがEUの一般データ保護規則(GDPR)に違反したとして、アイルランドが2億2500万ユーロ(約293億円)の制裁金を科すと発表した。GDPRの制裁金としては7月のAmazonに次ぐ高額さだ。(2021/9/3)

「SaaSバックアップ」は軽視でいいのか【中編】
SaaSのデータ保護を「重視する企業」と「軽視する企業」を分ける“あの特徴”
企業でSaaSの活用が進む一方、データバックアップの対策が十分に進んでいないのはなぜだろうか。バックアップを軽視する企業の特徴を分析する。(2021/8/17)

ザイリンクス Versal HBMシリーズ:
広帯域幅メモリ内蔵の新プラットフォーム
ザイリンクスは、「Versal ACAP」の新製品「Versal HBM」シリーズを発表した。高速メモリ、データ保護機能、適応型演算機能を統合し、データセンター、有線ネットワーク、テスト、計測、航空宇宙、防衛に適する。(2021/7/30)

「データ保護」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/7/1)

御堂筋税理士法人「Veeam Backup」でデータリストア作業を「1時間」に削減
御堂筋税理士法人は、「Microsoft 365」のデータ保護に「Veeam Backup for Microsoft Office 365」を導入した。同社では、従来の非効率な業務の改善にMicrosoft 365を採用したが、クラウドデータのバックアップが新たな懸念材料となった。(2021/7/21)

Google、Apple、Twitterなどが加盟するAIC、香港当局のデータ法改定に「サービス停止の可能性」と警告
Google、Apple、Facebook、Amazon、Twitter、楽天、LINEなどが加盟する香港の業界団体アジアインターネット連盟(AIC)が、香港当局が進めている個人データ保護法改定に懸念を表明した。AICは当局宛の書簡で、改定がこのまま決まれば、企業にとって「問題を回避する唯一の方法はサービスを停止すること」としている。(2021/7/6)

「こんなはずでは」を未然に防ぐデータ保護
DX時代のIT-BCP/DRには何が必要? 従来製品では足りない「万が一」への備え
ビジネスがデジタル化し、システムの停止が企業活動の停止に直結するようになった現代、データ保護の重要性は増している。だが従来のバックアップ方式では、いざというときの復旧に不安が残るという。どうすれば対処できるのか。(2021/7/28)

注意すべき「Microsoft 365」の標準機能【後編】
「Microsoft 365」データ保持の限界は? バックアップの購入は必要か?
「Microsoft 365」が備えるデータ保持の標準機能には一定の制約がある。サードパーティー製のバックアップソフトウェアを使えばデータ保護を強化できる。標準機能でできること、できないことを見極めるポイントは。(2021/6/23)

注意すべき「Microsoft 365」の標準機能【前編】
「Microsoft 365」データ保持の基礎知識 保持ポリシー、保持ラベルの違いは?
「Microsoft 365」のデータ保護においては、データ保持の機能とバックアップを適切に使い分けることが重要になる。まずはデータ保持で着目すべきポイントを紹介する。(2021/6/16)

「データ保護」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/7/1)

Microsoft 365のデータ消失に備える最適解
Microsoft 365のバックアップは必要ないのか? 調査で分かった「本音」とは
Microsoft 365で作成したデータのバックアップをユーザー任せにすると思わぬ落とし穴がある。クラウドサービスのデータ保護においては、データレジデンシーやプライバシー規制などさまざまな配慮が必要だ。注意すべきポイントは。(2021/6/1)

AWS、Azure、GCPのデータ保護を単一プラットフォームで Veeamが機能追加
Veeamは2021年下半期に、AWSやAzure、Google Cloud、M365に向け、マルチクラウド/ハイブリッドクラウドおよびKubernetesワークロードのバックアップに対応する。(2021/5/27)

NASからSANへ乗り換えるべき7つの兆候【中編】
「NAS」をやめて「SAN」に移る目安とは? 可用性、信頼性、データ保護の問題
中堅・中小企業が「NAS」から「SAN」に移行するかどうかを見極める判断基準として、「可用性」「信頼性」「データ保護」の視点がある。事業継続性のリスクを排除するという観点で注目すべき「移行の目安」とは。(2021/5/27)

データ保護規制にも対処
クラウドデータ保護「DPaaS」とは? 使い倒す方法は?
バックアップやセキュリティ対策といったデータ保護のクラウドサービス「DPaaS」は、データ保護の運用効率化とデータ損失を防ぐ対策強化に有効だ。DPaaSを最大限に活用するヒントを紹介する。(2021/5/19)

「データ保護対策」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/5/10)

「データ保護対策」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/4/19)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
クラウド上に散在するワークロード、一貫したデータ保護をどう実現するか
データ駆動型組織への変革を図る企業にとって、インフラ刷新は喫緊の課題といえる。中でも重要視されているのが、多様なクラウド環境に分散するワークロードや、コンテナベースのアプリケーションに対応するデータ保護プラットフォームだ。(2021/4/13)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
スナップショットはバックアップには不向き? 本番データの保存に生かすには
スナップショットは元データの完全なコピーではないため、バックアップとしては信頼に欠ける面がある。ただし、他のデータ保護テクノロジーと組み合わせれば、ミッションクリティカルな本番データの保存にも、十分な役割を果たせるという。(2021/4/8)

効率的な情報資産管理で、DXをバランスよく推進:
PR:データ資産の保護は万全ですか? クラウド時代に成功する、3つのポイント
企業のクラウドサービス利用は大幅に促進したが、「万全なデータ保護ができていない」という以前からの課題は一層深刻化している。企業が効率的にデータを保護し、「DXギャップ」を埋めるためにはどうすればよいのだろうか。(2021/4/5)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
DR対策に欠かせないデータレプリケーション、管理の複雑さはどう解消する?
データ保護においてシステム継続の重要性が高まる中、不可欠になっているのがデータのレプリケーションだ。だが、ただでさえ多様化しているIT環境にこの要素が加われば、管理はさらに困難になる。この課題を解決するストレージとは?(2021/4/8)

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社提供ホワイトペーパー:
DRのクラウド対応も重複排除も1台で完結、中小企業やROBOに最適なデータ保護術
データの増加やアプリケーションの多様化により、データ保護の要件はますます高度化し、特に中小企業や、大企業のリモートオフィス/ブランチオフィス(ROBO)で、コストや運用面での課題が顕在化している。これを一挙に解消する製品とは?(2021/4/1)

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社提供ホワイトペーパー:
DR対策と長期保存の課題を解消、「クラウド対応データ保護」の最適解とは?
DR/BCP対策やデータ長期保存の重要性が高まったことで、クラウドにデータ保護環境を拡張したいと考える企業が増えているが、その実践においても課題は伴う。拡張性やコスト効率に優れたクラウド対応データ保護はどうすれば実現できるのか?(2021/4/1)

競争力を高めるクラウド時代のビジネスモデル
「クラウド」「テレワーク」でのデータ保護に悩むユーザー企業 どう支援する?
クラウドサービスやテレワークの浸透によって、管理対象のデータやPCが社内外に点在する環境が生まれている。これはSIerがユーザー企業のシステムのセキュリティを確保する上で大きな課題だ。これを解消し、管理を一元化する方法とは。(2021/3/29)

プレミアムコンテンツ:
Computer Weekly日本語版:NANDの後継はReRAM
特集はデータ保護手段としてのスナップショットのメリット/デメリット解説と生体認証の欠点と解決策。他にフラッシュメモリ後継技術の候補であるReRAMの解説と動向、量子コンピュータによる暗号解読リスク対抗策などの記事をお届けする。(2021/3/25)

データの倫理的活用を考える【第2回】
「法律に違反しないデータ収集」なら何をしても許されるのか?
個人情報などのデータを収集する上でコンプライアンスは間違いなく重要だ。だが法律に違反しないデータ収集であれば問題は一切ないのか。データ保護やデータプライバシーをコンプライアンスと倫理の両面で考える。(2021/3/22)

クラウドとオンプレミス両方で利用可能 HPEが無停止データベース「HPE NonStop SQL Cloud Edition」を提供開始
HPEは、「HPE NonStop SQL Cloud Edition」の提供を開始する。無停止データベースにデータベース管理ソフトとデータベース監視ツールを同梱し、セキュリティやデータ保護、耐障害性を確保した。(2021/3/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
データ保護の3大課題、運用効率化/リモートワーク対応/迅速復旧の一挙解決策
自然災害やサイバー攻撃への対策の鍵となるデータ保護だが、近年は運用負荷の増大、リモートワーク対応、復旧の遅延といった課題に悩まされるケースが増えている。これらを解消するためには、どんなバックアップ製品を選ぶべきか。(2021/3/1)

バックアップソフトウェアでは満たせない溝:
HCIだけでは足りないバックアップやデータ保護をどうやって実現する?
中堅・中小企業も導入しやすくなり、再注目されるHCI。だが、データ保護の観点では「HCIの標準機能だけでは要件を満たせないことがある」という。どうすればいいのか。(2021/1/26)

「鍵の付いた棚で保管」からのデジタル化:
PR:赤ちゃん研究をペーパーレスに 安全性と利便性は両立できるのか
研究開発の長い歴史を持つピジョンは、個人情報を厳格に管理していた。しかし管理が厳密過ぎて、研究開発の効率が低下していたという。安全なデータ保護と柔軟に活用できるシステムをどのように構築したのか。(2021/1/21)

VDIは“高くて面倒”ではなくなった
パッケージで楽々導入、今からできる2021年度のVDI環境刷新方法
コロナ禍をきっかけにデータ保護やセキュリティ要件を考慮したVDI環境の導入に注目が集まっている。しかし、導入には追加予算や作業工数がかかるため足踏みする企業も少なくない。VDI導入の課題を丸ごと解決する方法とは?(2021/1/26)

デル・テクノロジーズ株式会社提供Webキャスト:
ツールやプロセスの複雑さを解消、“コンバージド型”でデータ保護はどう変わる
仮想マシンの増加やインフラの拡大により、バックアップに必要なリソースは増加し、ポイント製品の組み合わせでは限界を迎えつつある。そこで注目されるコンバージド型のデータ保護アプライアンスの実力を、動画で分かりやすく紹介する。(2021/1/15)

2020年改正個人情報保護法の解説 〜EUの一般データ保護規則(GDPR)との比較も含めて
2020年6月に改正案が可決された個人情報保護法。個人データを利用する事業者にはどのような規制が適用されるのか。(2020/12/29)

データ資産の棚卸しはなぜ必要なのか
適切なデータ保護戦略を策定するために不可欠なこと
「データ保護」といってもその定義はユーザー企業ごとに異なる。「テープで保管すれば安全」「クラウドベンダーが守ってくれる」といった誤解も生じている。確実なデータ保護を実現するためには本質を理解することが必要だ。(2020/12/22)

複雑化するクラウド環境に有効なランサムウェア対策とは?――ベリタス調査
ベリタステクノロジーズの調査によると、DXを推進する企業が利用するクラウドサービスの数は平均12だった。導入数によって増すインフラの複雑さから生じるリスクの削減には包括的なデータ保護ツールが必須だという。(2020/11/26)

デル・テクノロジーズ株式会社提供Webキャスト:
PR:クラウドネイティブなスナップショット機能を一元管理、データ保護強化の秘策
プロバイダー提供のネイティブ保護オプションを利用したクラウド上のデータ保護は、コストや管理面で課題を招きやすい。そこで注目されるのが、クラウドネイティブなスナップショット機能を外部から一元管理できるSaaSソリューションだ。(2020/11/13)

日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー
インスタントリカバリーを数分で、仮想化環境に特化した包括的データ保護術とは
システム障害の影響は認識するものの、有効なデータ保護戦略を導入していない企業はいまだ多く、早急な改善が必要となる。そこで注目したいのが、オールフラッシュとバックアップソフトの組み合わせで実現する、包括的なデータ保護戦略だ。(2021/8/2)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
Kubernetesの安全な活用を支援、データ保護を低コスト&容易に強化する方法とは
アプリケーション開発の生産性向上に有効なコンテナやKubernetesだが、ワークロードのデータ保護に関しては懸念も多い。そこで注目したいのが、ITプロジェクトのサイロ化を防ぎつつ、エンタープライズレベルの保護を安価に実現する方法だ。(2020/10/29)

「データ保護」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券3000円分をプレゼント。(2020/10/27)

「AppleのiOSをプライバシー保護で追撃」と専門家
Android 11の「仕事とプライベートをより厳密に分ける機能」とは?
Googleがリリースした「Android 11」は仕事用データと個人用データの分離を強化するなど、データ保護機能を充実させた。専門家にAndroid 11の見どころと課題を聞く。(2020/10/25)

進化し続けるバックアップ技術の裏側
“高すぎる”ほどの重複排除率の秘密は? いま選ぶべきデータ保護ストレージ
バックアップ/リストアの時間や運用/保管コストの削減など、企業がバックアップシステムに求める要件は多岐にわたる。そんな中、「ディスクが埋まらない」ほどの重複排除率を実現し、多様なニーズに応える製品が注目されているという。(2020/10/26)

エンドポイントセキュリティ6つの条件【後編】
エンドポイントセキュリティに必須の「データ保護」「AI」「一元管理」とは
エンドポイントセキュリティ製品は多様な機能を持つ。さまざまなデバイスを適切に保護するために、IT担当者は何に着目してエンドポイントセキュリティ製品を選べばよいのかを解説する。(2020/10/20)

「サイバー攻撃とデータ保護」に関するアンケート
アンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様に「Amazon ギフト券(3000円分)」をプレゼント。(2020/10/16)

担当者必見、データマネジメント最前線:
PR:最適なデータ保護を実現するために、認識しておくべき3つの要点
データは今や企業経営に欠かせないものとなり、いかに保護して事業継続性を確保するかが重要だ。万が一の事態に備えて復元できるようデータを保護することは大切だが、その前に認識しておくべき3つのポイントを解説する。(2020/10/6)

デル・テクノロジーズ株式会社提供Webキャスト:
クラウド化の落とし穴を回避 クラウド事業者任せにしない最新データ保護を学ぶ
クラウド上のデータは本当に安全といえるだろうか?この疑問に答えるべく、テック系YouTuberとデータ保護の専門家が語り合った。技術に精通していなくても、楽しみながら最新のクラウドデータ保護の潮流と対策を理解できる。(2020/9/30)

プレミアムコンテンツ:
災害時、本当に役に立つ「バックアップ」の取り方とは
技術進化やIT環境の変化に合わせて、災害復旧(DR)計画も更新する必要がある。予算を増やさずに、より効果的な計画を立てるポイントと、バックアップとスナップショットを組み合わせたデータ保護の方法を説明する。(2020/9/16)

プレミアムコンテンツ:
Computer Weekly日本語版:データ保護の「最後の弱点」
特集は、保護の方法が確立していない「処理中のデータ」を暗号化する業界の取り組みと、ローカル5G後編。他にクラックが困難な新パスワード暗号化方式、GraphQLやGo言語のススメ、VDI端末に最適なIGEL OSなどの記事をお届けする。(2020/8/9)

デル・テクノロジーズ株式会社提供Webキャスト:
ネイティブ機能ではコストがかかる? クラウドデータ保護を簡素化する方法は
新規アプリケーションのデプロイ先にクラウドを選ぶケースが増え、データ保護の重要性が増している。だがネイティブ保護オプションでは、複製データの無秩序な増殖や管理の煩雑化を招いてしまう。これをシンプルに解決する方法とは?(2020/8/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。