ニュース
» 2012年01月18日 18時08分 公開

法人向けクラウドストレージ市場は年率10%成長――IDC予測

ファイル共有サービスに対するニーズ拡大などを受け、2011〜2015年の法人向けクラウドストレージ市場は年率10%以上で成長するという。

[本宮学,ITmedia]

 IT調査会社のIDC Japanは1月18日、国内Storage as a Service市場の分析と予測を発表した。2011〜2015年の同市場は年率10.3%で成長し、2015年には369億円規模になると見込む。特に、スマートフォンやタブレット端末の普及に伴うファイル共有サービスへの需要増加が、同市場の成長を支えると予測している。

photo 2007〜2015年 国内Storage as a Service市場 売り上げ実績および予測(出典:IDC Japan)

 2010年の同市場は、大手ITベンダーのクラウドサービスへの参入やAmazon Web Serviceの利用拡大などにより、前年比8.3%増の226億円規模だった。また、2011年の同市場は東日本大震災の影響によるクラウドサービスの利用拡大などを受け、前年比17.4%増の265億円規模になると見込む。

 同社が定義する「Storage as a Service」は、ストレージ製品を販売することなく、その利用のみをサービスとして法人向けに有償提供するというもの。個人向けの無料オンラインストレージサービスなどは含まない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -