ニュース
» 2012年03月06日 15時14分 UPDATE

SAPジャパンがモバイル管理基盤をバージョンアップ、BIツールと連携

最新版の「Afaria 7.0」ではユーザーインタフェースの刷新とモバイルの利用状況分析の機能強化が図られた。

[ITmedia]

 SAPジャパンは3月6日、モバイル端末およびアプリケーション管理基盤製品の最新版となる「Afaria 7.0」を発表した。3月末から提供を開始する。

 最新版はユーザーインタフェースを刷新。社員などが端末の登録や管理を自身で行うための「セルフサービス・ポータル」や管理者向けのシンプルにし、外出先でも直感的な操作ができるようにした。

 またビジネス分析ツールの「SAP BusinessObjects Explorer」や「SAP BusinessObjects Web Intelligence」とも連携。OS単位や通信事業者単位での端末台数の集計、インストールしたモバイルアプリケーション数(月次)、端末のローミングアクティビティ(データ通信、通話など)などの情報をドリルダウンで分析して、レポートを作成できる。

 このほかにWeb APIも強化され、既存システムとAfariaとの連携活用の幅が広がったという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -