ニュース
» 2012年03月12日 13時42分 UPDATE

エンタープライズ検索エンジンをオープンソースで公開、ブレインズテクノロジー

Apache Solrなどをベースに、自然言語処理や分散処理、リアルタイム検索など拡張機能を追加している。

[ITmedia]

 ブレインズテクノロジーは3月12日、1000万件規模の文書検索に対応できるというエンタープライズサーチエンジン「Neuron」を4月1日からオープンソースとして無償公開すると発表した。併せて機能拡張を図った有償のオプションやサポートも提供する。

 Neuronは、オープンソースの検索エンジンApache SolrやApache ManifoldCFなどをベースに独自開発したもの。WindowsやUnixなどの共有サーバやWebシステム内の検索が可能なほか、Active DirectoryやNTFS、LDAPを連携したアクセスコントロールに対応、形態素解析ライブラリやN-Gramを活用して日本語検索の精度も向上させたという。またApache Solr 4.0に先行対応して、分散処理やリアルタイム検索も行えるようにしている。

 有償オプションではRDBMSやLotus Notes、SharePointの検索にも対応するほか、機械学習による自動分類、検索機能のパーソナライズも行える。価格は150万円から。導入や保守のサポートも有償で提供する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -