ニュース
» 2012年04月12日 16時52分 UPDATE

北國銀行がオープン系の営業店システムを導入へ

日本ユニシスの「Bank_FIT-NE」を採用。勘定系システムにもユニシス製品を採用している。

[ITmedia]

 北國銀行(金沢市)が次期営業店システムに日本ユニシスの「Bank_FIT-NE」を採用する。提供元の日本ユニシスが4月12日に発表した。同行では勘定系システムにも日本ユニシスの「BankVision」の導入を決定している。

 Bank_FIT-NEは、ブラウザ上で勘定系取引や情報系システム、外部機関データー/サービスと連動ができるほか、コンプライアンスや情報セキュリティ強化のためのシステム構成と支援機能を備えるのが特徴。オープン環境で稼働し、特定のハードウェアに依存しないアプリケーション構造であることから、営業店端末を自由に選択できるという。

 勘定系システムと営業店システムをセット導入することで、シームレスな連携やシステムの全体最適化が可能になるとしている。

関連キーワード

日本ユニシス | 銀行 | 情報系システム


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -