ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「情報系システム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

デル・テクノロジーズ株式会社提供eBook
自治体や公共サービスを支える、高い可用性と安全性を備えるITインフラの姿とは
地方自治体や公共サービスを支えるITインフラには、何よりも可用性と安全性の高さが求められる。これらの要件を満たすソリューション構成の在り方を、岡山県真庭市をはじめとした複数の事例から探る。(2021/9/10)

「統合運用管理」の基本と進化【第2回】
「JP1」と「Hinemos」の歴史で考える企業ITと統合運用管理の移り変わり
システムの運用管理を支える製品として統合運用管理ソフトウェアは長い歴史を持つ。企業ITの変化に応じて統合運用管理がどのように変わっているのか。JP1とHinemosを例にして考える。(2021/9/6)

Weekly Memo:
ついに1兆円規模を突破、拡大する国内パブリッククラウド市場を待ち受ける3つの課題
企業のDX進展に伴い、パブリッククラウド市場が高成長を続けている。ただ、最新の調査によると、ユーザーにとっての課題が浮かび上がってきた。(2021/8/2)

プレミアムコンテンツダウンロードランキング(2021年度第1四半期)
サーバ停止時の謝り方からJavaプロが「COBOL」を学ぶ訳まで 新規会員の注目は
「経営とIT」や「システム開発」「データ分析」などに関するTechTargetジャパンの「プレミアムコンテンツ」のうち、2021年度第1四半期に新規会員の関心を集めたものは何か。ランキングで紹介します。(2021/6/26)

情シスの負荷を解消しながらコストも削減
思ったより手間がかかる、マルチクラウド環境の運用管理を楽にする方法とは?
DX推進を阻む人材リソース不足を解消すべく、クラウド移行を考える企業が増えている。だが、移行後の運用管理や監視、セキュリティなどに課題を抱えるケースは少なくない。そこでカギとなる、“外部の力”の賢い活用方法を紹介する。(2021/6/24)

コロナ禍でもスピーディーな開発を実現
DXで医療現場の未来を作れ 「レガシー」だった札幌の病院を変えた挑戦
数年前までPHSや旧来のシステムを使って業務を回していた病院は、あるきっかけでITシステムの総入れ替えを決意した。だが、コロナ禍でプロジェクトリーダーは現場に来られず、現場も激しく抵抗する。危機を乗り越えた起死回生の戦略とは。(2021/4/8)

特集:Microsoft & Windows最前線2021(4):
これからはあなたも主役に! Power Platformが仕事、社会、そして人生を変える
ニューノーマルな時代に向けたMicrosoft&Windowsテクノロジー活用の新たな道筋を探る本特集。企業のビジネス革新を支援し、エンドユーザーの利便性と生産性の向上に寄与するテクノロジーとはどのようなものか。第4弾は、コロナ禍で変わった働き方にMicrosoftの開発環境がどのように追随しているのかを見ていく。(2021/3/3)

“オンプレミスとの違い”を正しく理解するのが鍵
“絶対に止めてはいけない”基幹系システムのクラウド化 成功のポイントは?
基幹系システムのクラウド移行には複数の課題がある。技術的な特性が違うため、運用性や可用性の確保にはオンプレミスとは異なる技術やノウハウが必要だ。両者の違いをより深く理解し、クラウド移行を成功に導く方策とは。(2021/2/24)

リコージャパン株式会社提供ホワイトペーパー:
HCIで拡張性/運用性/コストはどう変わる? 札幌中央信用組合の事例で考察
情報系システムや仮想デスクトップ環境を仮想化基盤で自社運用していた札幌中央信用組合。拡張性の不足や管理/メンテナンスの複雑化、コストの増大といった課題を抱える中、解決策として選ばれたのがHCIだった。その理由と導入効果とは?(2021/2/15)

基幹系と情報系システムを一元化 大塚商会がDX基盤の構築を支援するパッケージを提供
大塚商会は「DX統合パッケージ」の提供を開始した。基幹系システムと情報系システムのデータベースを統合し、コンサルティングとサポートを併せて提供する。企業のDX推進の基盤作りを支援する目的だ。(2021/2/8)

キオクシアが基幹系を刷新、東芝グループ離脱後の経営高度化を狙う
キオクシアは、経理業務の最適化に向けてグループの共通会計システムをERPパッケージ「Biz∫」で更改した。併せて、BIツール「Tableau」やRPAも導入し、経営情報の可視化や運用の自動化を取り入れるなど、経営管理の質的向上を図った。(2021/1/28)

プレミアムコンテンツダウンロードランキング(2020年)
“宅電”は過去の遺物ではない? 「Java」「Rust」がC/C++の代替になる?
「データ分析」「情報系システム」「システム開発」に関するTechTargetジャパンの「プレミアムコンテンツ」のうち、2020年に新規会員の関心を集めたものは何か。ランキングで紹介します。(2020/12/31)

リレーションシップバンキング推進SaaSで日本の金融機関の顧客体験は変わるか
金融機関のデジタル変革を支援する「クラウドバンキングプラットフォーム」が日本法人の活動を本格化させる。リレーションシップバンキング推進に向け、既に複数の金融機関と導入に向けた議論が進む状況だという。(2020/12/7)

「経営可視化が簡単」なんてことはない:
情シス専門採用ゼロのチームが挑む、アジャイルなDXからの経営高度化への道のり
データドリブン経営を考えたときにまず着手する必要があるのが、経営情報、実績情報の可視化だ。だが、重厚長大なシステム設計をしていては市場トレンドに取り残されてしまう。IT専門の人材がいない、数百万の商品を扱う企業はどうこの問題を克服したのだろうか。(2020/11/25)

プレミアムコンテンツダウンロードランキング(2020年度上半期)
Zoom以外のコロナ対策ツールとは? iPhone、Android新型を買い渋る理由は?
「スマートモバイル」「情報系システム」に関するTechTargetジャパンの「プレミアムコンテンツ」のうち、2020年度上半期にユーザー企業の新規会員の関心を集めたものは何か。ランキングで紹介します。(2020/9/30)

関心は高いけれど:
調達購買業務のDXは進むのか
今回のコロナ禍で日本企業が、高い興味を感じているのは、DXです。先だって私が講演したセミナー参加者のアンケートでも調達部門のDXやIT活用に対する関心は、非常に高いことが結果として出ています。 それでは調達購買部門のDXはどのように進んでいくでしょうか。(2020/9/20)

基幹系と情報系という分け方はもう古い:
PR:基幹系と情報系システムの一体化で“即アクション”のデータ経営を実現するには
収集したデータを“そのとき”分析してこそ価値のあるインサイトが得られる。顧客体験を向上させて収益増につなげるには、今まで以上にスピードが必要だ。スピーディーなビジネスを実現するデータ基盤の作り方とは。(2020/7/22)

コンテナ技術やクラウド、AIを活用:
DX急ぐ金融機関のニーズに密着? 日本IBMが支援策を次々と強化
DXを急ぐメガバンクや地銀向けに、日本IBMが次々と支援策やソリューションを発表している。店舗型のサービス業態を中心にしてきた金融機関にとって、アフターコロナを見据えたデジタルシフトは急務だ。買収したRed Hatのコンテナ技術やAI「IBM Watson」を活用し、金融機関のニーズに応えようとするIBMの施策とは。(2020/6/22)

プレミアムコンテンツ:
「Outlook.com」「G Suite」のセキュリティ事件の真相
2019年、MicrosoftのWebメールサービス「Outlook.com」で不正アクセスが発生した。Googleのオフィススイート「G Suite」でも、パスワードが可読状態で保存されていたことが明らかになった。被害や影響範囲の詳細は。(2020/6/1)

NTTデータ、データの整備から分析、活用までトータルでサポートする新ブランド「Abler」を始動
NTTデータは、データの整備から分析、活用までをトータルでサポートするデータ管理サービスの新ブランド「Abler」を創設した。オントロジーやセマンティックといったデータ処理技術を活用し、ナレッジグラフを構築することで、データの“意味理解”を実現し、人間と同程度のデータ解釈が可能だという。(2020/5/21)

プレミアムコンテンツダウンロードランキング(2019年度)
“宅電”が滅びない納得の理由から脱メールまで 新規会員が気になった話題は
「データ分析」「情報系システム」に関するTechTargetジャパンの「プレミアムコンテンツ」のうち、2019年度にユーザー企業の新規会員の関心を集めたものは何か。ランキングで紹介します。(2020/4/30)

クラウドニュースフラッシュ
国内パブリッククラウド市場が1兆円規模に、新型コロナでDaaSも急拡大か
企業や自治体が重要なシステムをクラウドに移行する動きが広がっている。それを象徴するクラウド関連の主要なニュースを紹介する。(2020/4/29)

2019年は対前年比22.9%増の8778億円:
国内パブリッククラウドサービス市場は堅調に成長し2020年は1兆円超、IDCが予測
IDC Japanは、国内パブリッククラウドサービス市場の予測を発表した。2019年の同市場規模は、対前年比22.9%増の8778億円。2024年の市場規模は、2019年の2.4倍に当たる2兆644億円になると予測する。(2020/3/23)

国内パブリッククラウドサービス市場、2024年までに2倍成長へ その要因は?――IDC予測
IDC Japanによると、国内のパブリッククラウドサービス市場は、従来型ITからの移行やDX基盤としての用途が伸び、高い成長を継続する。2024年まで成長率18.7%で推移し、2024年には2019年比2.4倍の2.6兆円超えに達する見込みだ。(2020/3/19)

アズビルが解き明かす「BAS」解体新書!(1):
【新連載】アズビルが解き明かす「BAS」徹底解剖!「BAS/BEMS/自動制御」誕生の歴史とその全体像
建物には、空調、照明、監視カメラなど、さまざまな設備機器が導入されている。それらを効果的に運用するシステムとしてビルディングオートメーションシステム(Building Automation System、BAS)が存在する。本連載では、制御・計測機器メーカーで各種ビル設備サービスを展開するアズビルが、「建物の頭脳」ともいえるBASやシステムを活用したエネルギー管理システム「BEMS」を紹介し、今後の可能性についても解説する。第1回目はBASを中心にBEMSも含めたビルシステムの全体像を明らかにする。(2020/3/19)

PR:RPAに“管理の負担”はいらない――クラウド提供型RPA「WinActor Cast on Call」と最新版「WinActor Ver.7」とは
RPAの運用や開発の常識を、クラウドから打ち破りたい――そんなコンセプトを体現するNTT-ATの新サービス「WinActor Cast on Call」と最新版「WinActor Ver.7」の目指す将来像とは。その機能や特徴を解説する。(2020/1/30)

PR:中小企業の業務効率化で見落としがちな「基幹系と情報系の連携」の効果とは?
労働力不足や少子化を前に「働き方改革」が待ったなしの局面を迎える中、人材や予算に余裕のない中小企業は具体的に何に取り組めば良いのか。そのヒントは「基幹系システム」と「情報系システム」の連携だ。専門家に詳細を聞いた。(2020/1/14)

Microsoft Focus:
高まらない中堅・中小企業のIT活用意欲、DXを後押しするMSの3施策
日本マイクロソフトは、中堅・中小企業やスタートアップ企業のDXを3つの施策から支援する。どのような支援なのだろうか。(2019/12/26)

京都信用金庫が情報系システムをAzureに移行、日立がシステム構築
京都信用金庫は、情報系システムをMicrosoft Azureのクラウド環境に全面移行させる。日立製作所がシステムを構築する。西日本リージョンにシステムを構築し、東日本リージョンにバックアップデータを保管する。(2019/12/24)

山口フィナンシャルがAzure上に統合データベース構築、傘下の地銀の顧客情報活用へ
山口フィナンシャルグループが、「Microsoft Azure」に統合データベースを構築した。勘定系と情報系システムの顧客データを集約し、データ分析に関する知見やノウハウと統合データベースを組み合わせて、地域の中堅・中小企業のDX推進を加速する。(2019/12/16)

IT予算は増額傾向を維持するものの勢いには陰り ITRが国内動向の調査結果を発表
2019年度のIT予算額が対前年度で増加した企業は35%、減少した企業は8%、横ばいの企業は57%。2020年度の予算に「10%以上の増加」を見込む企業は2019年度の同回答から2ポイント減少し、「20%未満の減少」を見込む企業は2ポイント増加した。(2019/12/11)

PR:「厳しいスケジュール」「セキュリティ確保は当然」──山口フィナンシャルグループの“データ分析基盤”を構築した男たち
(2019/12/16)

「クラウドは勝手に復旧する」という思い込み
クラウドで「冗長性を確保しつつ、サービスを継続する」4つの方法を比較
システム更改を機に、オンプレミスからクラウドへの移行を検討するケースはもはや珍しくない。さまざまな条件を検討する中で、抜け落ちがちなポイントが「障害対策」だ。決してベンダー任せというわけにいかないその理由を見てみよう。(2019/11/11)

3世代までさかのぼって保守部品を確保:
PR:金融業界で第三者保守は大丈夫? 新しい投資の原資を生み出す保守見直し術
金融庁は2019年3月から金融業界に対して「保守契約の見直し」を推進している。高いセキュリティ基準が要求される金融業界は、どのように保守を見直すべきなのだろうか。(2019/8/30)

顧客接点を“見える化”:
PR:「デザイン思考×CRM」で最高品質のサービスを ダイナースクラブが目指す“お客さま視点”の変革
お客さまに価値を実感していただけるサービスを――。そんな理想があっても、何に取り組むべきか悩む企業は多いだろう。問題の“本質”を見極めるにはどうすればいいのか。真の変革を成し遂げるため、「デザイン思考」の手法を取り入れて業務改善に挑んでいる人たちがいる。「ダイナースクラブカード」を手掛ける三井住友トラストクラブだ。同社は、最高品質のサービスを提供するため、業務変革に着手した。タッグを組んだのが、セールスフォース・ドットコムで「デザイン思考プログラム」を推進するIgniteチームだ。両社の取り組みは、顧客体験にどのような変化をもたらしたのか。(2019/8/5)

基幹系システムもクラウド運用の時代
「クラウドに移行したいけど自社要件が……」と悩む担当者に知ってほしい解決策
VMware vSphereで構築した既存環境をクラウドに移行するにはどんな選択肢があるのか。VMware vSphereベースのクラウドサービスといっても設計の自由度や運用の範囲などさまざまだ。(2019/8/5)

CIOへの道【フジテックCIO 友岡氏×クックパッド情シス部長 中野氏スペシャル対談】:
リーダーに大事なのは「IQより愛嬌」? 変革の大敵、“変わりたくない人々”を巻き込む方法
企業の変化を妨げる「変わりたくない人々」。CIOはどうやって彼らを納得させればいいのか。(2019/6/15)

京大、業務系システムをクラウドに全面移行 AWS、G Suiteなど導入の舞台裏
京都大学が業務系システムをAWSに全面移行。グループウェア、教職員用のメールなど情報系システムも、サイボウズの「Garoon」「kintone」、Googleの「G Suite」に切り替えた。(2019/6/13)

生産活動の停止に追い込まれないために:
PR:崩れ始めた“安全神話”、これからの工場に必要なサイバー攻撃対策とは?
「スマートファクトリー」や「Connected Industries」は、製造業において避けては通れない。そのためには情報系システムなどとの接続が必要だが、マルウェア感染や脆弱性を突く攻撃のリスクも高まる。工場の安全神話は、もはや過去の話だ。(2019/6/25)

生産活動の停止に追い込まれないために
崩れ始めた“安全神話”、これからの工場に必要なサイバー攻撃対策とは?
「スマートファクトリー」や「Connected Industries」は、製造業において避けては通れない。そのためには情報系システムなどとの接続が必要だが、マルウェア感染や脆弱性を突く攻撃のリスクも高まる。工場の安全神話は、もはや過去の話だ。(2019/6/25)

先送りしていた課題解決に絶好のチャンス
Windows Server 2008サポート終了でファイル「断捨離」のすすめ
2020年1月に控えた「Windows Server 2008/2008 R2」の延長サポート終了を前に、企業が備えておくべきことは何だろうか。ファイルサーバのOS移行に伴う課題と解決策を紹介する。(2019/6/12)

2019年度のIT投資動向に関する調査レポート
2019年のIT投資、現状維持しつつもRPAやチャットbotに興味津々
TechTargetジャパン会員を対象に、「2019年度のIT投資動向に関する読者調査」を実施した。本レポートでは、その概要をまとめた。(2019/4/8)

情シスの相棒は総務だった!? 会社を救う最強タッグ(6):
PR:グループウェア刷新のために、全社プロジェクトを「2度」立ち上げた会社の話
業務システムを導入するときは、現場の人間を巻き込むこと――。至極当たり前の話かもしれないが、これが意外と難しく、プロジェクト失敗の遠因になることもしばしばだ。そんな中、グループウェアの刷新のために全社横断プロジェクトを「2回」も立ち上げた会社があるという。(2019/4/1)

新システムの社内普及に「チェンジマネジメント」を導入
J・フロントリテイリングが「G Suite」を1万人規模で利用 社内普及の方法とは
J・フロントリテイリングは、全国の拠点で働く1万2000人のグループ従業員に向けて「G Suite」を導入した。新しいシステムを早期に定着させるために、同社が導入したのが「チェンジマネジメント」と呼ばれる手法だ。(2019/3/29)

CIOへの道:
オイシックスが考える、サブスクリプション時代を生き抜くためのシステム設計とIT人材とは CMT、西井氏に聞く
マーケティングのプロがIT部門にも関わっているオイシックス・ラ・大地のCMTと、クックパッドの情シス部長が、ITとビジネスの在り方について語り合う本対談。後編は全体最適の視点に立ったIT戦略の重要性と、ビジネスを加速させるシステムの在り方に関するテーマで話が進んだ。(2019/3/20)

今後も「Java」の需要は高い:
IT開発者の75%以上が開発以外にも従事、楽天コミュニケーションズ調べ
楽天コミュニケーションズは、IT開発者を対象とした就業環境調査の結果を発表した。開発以外の業務に携わっている割合は75%を超え、Web APIを活用したことがある割合は半数以上だった。(2019/3/13)

インドネシアにおける日系製造業のIT事情(10):
インドネシア市場におけるIT導入の現在地とその将来性
インドネシアに工場を持つ、日系製造業のIT事情とは? 中国に3年、タイに3年駐在した経験のある筆者が、それらの国と比較したインドネシア特有のIT導入の実態について現地からレポート。最終回となる第10回では、2019年のインドネシア製造業の動きと、インドネシアの将来的なIT化の話題について取り上げる。(2019/2/5)

オムロン i-BELT 金型加工の切削最適制御サービス:
匠の技を“見える化”し、金型の切削加工を最適制御するサービスを開始
オムロンは、IoTサービスプラットフォーム「i-BELT」の第3弾サービスとして、「金型加工の切削最適制御サービス」の提供を2019年2月から開始することを発表した。(2019/1/29)

オリンパス 技術発表会レポート:
ソリューションで“勝ち”を狙う! 創業100周年を迎えるオリンパスの科学事業
2019年で創業100周年を迎えるオリンパスは、同社初となる「メディア向け技術発表会」を開催し、事業ユニットの1つである科学事業の取り組みや、同社事業(医療、映像、科学)を支える“5つのコア技術群”について解説した。(2019/1/28)

定型業務を自動化する「RPA」も有効活用:
PR:中小企業の「働き方改革」、そのカギは基幹系と情報系の統合にある
働き方を変える必要性を感じながらも、課題が多い中小企業で効果的に「働き方改革」を進めるにはどうすればいいのか。そのポイントは「基幹系システム」と「情報系システム」の統合にあるという。(2019/1/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。