ニュース
» 2012年04月24日 15時25分 UPDATE

キヤノンITSがESETの法人向け製品を刷新へ、β版の提供開始

製品名称を変更するとともに、次期製品のβ版提供を5月に始める。

[ITmedia]

 キヤノンITソリューションズは4月24日、同社が販売・サポート・開発支援を行うセキュリティソフトウェア「ESET」の法人向け次期製品のβ版の提供を5月15日から開始すると発表した。これと併せ、製品名称も変更する。

 名称は、総合セキュリティソフトの「ESET Smart Security」が「ESET Endpoint Security」に、ウイルス/スパイウェア対策ソフトの「ESET NOD32 アンチウイルス」が「ESET Endpoint アンチウイルス」にそれぞれ変更される。次期製品ではデバイス管理機能の強化やサードパーティー製品とのログ連携のための汎用ログフォーマット対応などを図り、サーバOS向けの専用プログラムを提供するという。また管理者向けクライアント管理ツール「ESET Remote Administrator」もバージョンアップし、運用管理の負荷を軽減する改善を実施する。

 5月15日からβ版を提供するのは、ESET Endpoint SecurityとESET Endpoint アンチウイルス、ESET Remote Administrator V5.0の3製品。導入前の事前検証が行える。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -