ニュース
» 2012年05月29日 18時04分 UPDATE

日立がサーバ新製品を多数リリース、仮想化やクラウド、ビッグデータ対応を推進

処理性能やメモリ容量、ストレージ容量を強化したアドバンストサーバ「HA8000シリーズ」の新製品8機種を発売する。

[ITmedia]

 日立製作所は5月29日、アドバンストサーバ「HA8000シリーズ」の新製品8機種と、統合サービスプラットフォームの新製品「BladeSymphony BS320」を発表した。いずれも30日に発売する。

 HA8000シリーズの新製品は、サーバの仮想化やクラウドコンピューティング、ビッグデータの利活用ニーズに対応するべく、処理性能やメモリ容量、ストレージ容量を強化した。内蔵ストレージのRAIDの構築や設定作業を容易にする「Hitachi RAID Navigator」機能や、ファームウェアやドライバーなどの更新を容易にする「Hitachi Server Navigator」機能を搭載。全機種で最新のインテル Xeon プロセッサ E5-2400ファミリーを採用している。

tkhtc01.jpg Hitachi Server Navigatorのユーザーインタフェース

 省電力性では「80 PLUS Platinum」認証を取得した電源モジュールの採用で消費電力を抑え、設定した消費電力の上限値を超えないよう自動的にプロセッサの能力を制御する「動的パワーキャッピング」機能も持つ。米国の「ENERGY STAR」適合モデルも用意する。

 従来製品に比べてシステム搭載コア数を2倍の最大8コア、メモリ容量を3倍の最大96Gバイトにした「HA8000/RS110-h」「HA8000/TS10-h」、また、同じくストレージ容量を約3.2倍の37.8テラバイトに拡張した「HA8000/RS220-s」などをラインアップしている。

tkhtc02.jpg HA8000/RS220-s

 BladeSymphony BS320もインテル Xeon プロセッサ E5-2400ファミリーを採用、処理性能を向上。メモリ容量も従来の2倍となる最大384Gバイトまで拡張でき、サーバの仮想化への対応が強化された。

 このほか、HA8000シリーズではエントリークラスディスクアレイ装置「BR1200」のサポートオプションでSSDを新たにサポートし、データ検索や分析などに伴う処理スピードを高められるようになった。3テラバイトのニアラインSAS HDDもサポートし、ストレージ容量を従来の1.5倍となる最大276テラバイトに拡張している。

 製品価格はHA8000/RS110-hが18万1650円、HA8000/TS10-hが13万4400円、HA8000/RS220-sが39万6900円、BladeSymphony BS320が29万850円などとなっている。

関連キーワード

HA8000 | 日立製作所 | BladeSymphony


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ