ニュース
» 2012年05月29日 18時57分 UPDATE

2012年の国内サーバ市場は前年比マイナス9.9%――IDC予測

2011年にスーパーコンピュータ「京」が市場拡大に貢献した反動で、2012年の国内サーバ市場は縮小するとみる。

[ITmedia]

 IT調査会社のIDC Japanは5月29日、2012年〜2016年の国内サーバ市場予測を発表した。2012年の同市場は前年比9.9%減の4226億円規模になると見込む。また、2011年〜2016年の同市場の年平均成長率はマイナス3.5%となり、2016年には3918億円規模になると予測している。

 2011年の同市場は、富士通のスーパーコンピュータ「京」の貢献により、2001年以降初のプラス成長(前年比4.1%増)だった。なお、2011年のサーバ出荷実績から“京効果”を除いた場合の前年比成長率はマイナス4.4%となっている。

 製品分野別では、x86サーバが2010年に引き続きプラス成長で、IA64サーバとビジネスサーバは小幅なマイナス成長となった。一方、メインフレームは2009年から3年連続で2桁台のマイナス成長が続いているという。

 2012年の同市場規模は、京効果の反動によって2011年比で9.9%縮小するとみる。x86サーバの出荷額も前年比2.2%減と、1000台以上の大型案件が多数あった2011年と比較して縮小すると見込んでいる。

photo 国内サーバ市場予測:2007〜2016年(出典:IDC Japan)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -