ニュース
» 2012年06月11日 13時19分 UPDATE

開発アプリの脆弱性を検査、IBMのツールがモバイル対応

日本IBMのアプリケーション脆弱性検査ツールがAndroidに対応した。

[ITmedia]

 日本IBMは6月11日、Webアプリケーションの脆弱性検査ツールの最新版「IBM Security AppScan Source V8.6」を発表した。Android端末用アプリケーション開発時に自動でセキュリティ検査ができる機能を搭載している。

 最新版は、Androidアプリケーション開発の初期段階でソースコードを分析し、データがアプリケーションでどのように利用され、アプリケーションの外部に引き渡されるのかを識別。脆弱性悪用などによる情報漏えい発生の危険性を開発途中で把握することで、修正に要するコストの発生や開発の遅延を抑制できるという。

 利用料金は1194万1000円(税別)から。12日から提供を開始する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ