ニュース
» 2012年06月11日 16時21分 UPDATE

NTT Com、OpenFlow採用のクラウドサービスを提供へ

世界で初めてデータセンター間接続にネットワーク仮想化技術を採用し、オンプレミス環境やクラウド環境間でのシームレスな接続を可能にしたという。

[ITmedia]

 NTTコミュニケーションズは6月11日、企業向けパブリッククラウドの新サービス「Bizホスティング Enterprise Cloud」を29日から提供すると発表した。ネットワーク仮想化技術の「OpenFlow」を世界で初めてデータセンター間接続に採用し、ICT基盤を柔軟に拡張できるようにするという。

 新サービスは、サーバやネットワークなどのITリソースを時間による従量課金で利用できるもの。国内外で利用可能なVPN回線サービス「Arcstar Universal One」とも接続され、Arcstar Universal OneのユーザーはBizホスティング Enterprise Cloudへの接続料金が無料になる。

tkncon01.jpg サービスイメージ

 またソフトウェアを利用して自在にネットワーク構成を組めるOpenFlow技術の採用により、海外のデータセンターにデータをバックアップできる「グローバルデータバックアップ」も提供する予定。通常は必要最小限のネットワーク帯域だけにしてデータをバックアップし、大量のデータをバックアップする必要が生じれば、すぐに帯域を拡張してこれに対応できるという。

 開始当初は、日本と香港の同社データセンターからサービス提供する予定。2013年3月までに米国(2拠点)、英国、シンガポール、オーストラリア、マレーシア、タイの各データセンターでも順次開始し、各データセンターとも共通のサービス仕様・品質にするとしている。

tkncon02.jpg 主なサービスメニューと利用料金

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -