ニュース
» 2012年07月09日 13時20分 UPDATE

顧客システムをデータセンターでお預かり、日立がサービス拡充

日立製作所は「預けて安心サービス」での対象機器の拡充やサービス期間が7年間の新メニュー導入などを実施する。

[ITmedia]

 日立製作所は7月9日、企業顧客の同社製サーバなどを日立グループのデータセンターで預かり、運用を代行する「預けて安心サービス」のサービス内容を31日から拡充すると発表した。

 今回の施策では同社が預かるサーバ機種にブレードサーバの「BS500」を追加するほか、システム規模に応じてサーバを設置するラックのサイズを、8分の1ラック(3U)/4分の1ラック(7U)/ハーフラック(16U)/フルラック(32U)から選べるようにする(4分の1ラックとハーフラックは新規)。

 また「HA8000シリーズ」のラックマウントサーバを対象に、7年間のハードウェア保守サービスをセットにした「預けて安心ロングライフモデル」(条件あり)というメニューも新設。サービス対応するデータセンターに愛知と福岡も追加する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

あなたにオススメの記事

- PR -

新品より高品質な“中古機器”「第三者保守」のメリットと品質とは?

苦労した点は?実際に導入に携わった情シスに「リアル」な話を聞いてみた

現場の情シスはどう思うか? 生産性を高めるためのデバイス導入のポイント

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -