ニュース
» 2012年07月11日 16時16分 UPDATE

ヴイエムウェア、Oracle DBを仮想化する「vFabric Data Director 2.0」を発表

Oracle 10g R2および11g R2をサポートしている。

[ITmedia]

 ヴイエムウェアは7月11日、データベース仮想化支援ソフトの最新版「VMware vFabric Data Director 2.0」を発表した。2012年第3四半期中の出荷開始を予定する。

 最新版ではサポート対象のデータベースに、PostgreSQLベースのvFabric Postgres 9.1、Oracle 10g R2および11g R2が追加されたほか、vSphereを利用して物理環境から仮想環境への移行プロセスを自動化できるようにしている。

 またクラウド基盤向けソフトと連携するためのAPIも搭載。VMware vCloud DirectorやvFabric Application Director、Cloud FoundryなどのVMware製品やEMC Data Domain、Greenplum Chorus、オープンソースプロジェクトなどの製品と統合できるようになる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ