ニュース
» 2012年08月08日 22時01分 UPDATE

デル、運用管理を簡素化したユニファイドストレージ製品を発売

PowerVaultシリーズとして初めて分散型ファイルシステム「Dell Fluid File System」を採用し、運用管理を簡素化するという。

[ITmedia]

 デルは8月8日、ユニファイドストレージの新製品「PowerVault NX3600」および「PowerVault NX3610」を発売した。

 新製品は、PowerVaultシリーズとしては初めて分散型ファイルシステム「Dell Fluid File System」を採用。ストレージプールを1つのIPアドレスが割り振られた1つのファイルシステムとして表示することで、運用管理を簡素化するという。

 また、ストレージアレイ製品「PowerVault MD3200i/MD3600iシリーズ」と組み合わせれば、iSCSI、CIFS、NFSアクセスを提供するユニファイドストレージを構築できる。これによりブロックデータとファイルデータを共通のプラットフォームで管理でき、データの運用管理を効率化できるとしている。

 このほかスナップショット機能やレプリケーション機能、NDMP(Network Data Management Protocol)によるバックアップ機能なども搭載。データ読み取り/書き込み処理時にデータを保護する機能も搭載し、データ損失のリスクを低減するという。

 NX3600は1ギガビットイーサネット(GbE)に対応し、最大576テラバイトまで拡張できる。価格は83万2000円から。

 NX3610は10GbE接続に対応し、最大1ペタバイトまで拡張できる。価格は105万5000円から。

関連キーワード

運用管理 | PowerVault | Dell | ストレージ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ