ニュース
» 2007年12月13日 17時02分 公開

デル、ストレージ製品のラインアップを刷新

ストレージ製品を強化。デルは、NASサーバ「PowerEdge Storage Server」を「PowerVault」シリーズに統合し、新たに「PowerVault NF」「PowerVault DP」の2シリーズとして発表した。

[ITmedia]

 デルは12月13日、ストレージ製品「PowerVault」シリーズのラインアップを刷新した。従来のNASサーバ「PowerEdge Storage Server」をPowerVaultシリーズに統合し、「PowerVault NF」と「PowerVault DP」の2シリーズを発表した。「NF600」「NF500」「NF100」および「DP600」「DP500」「DP100」の6製品を市場に投入する。

新たに発表された「PowerVault DP」シリーズ 新たに発表された「PowerVault DP」シリーズ

 NFシリーズは、ネットワークファイルサーバでの利用を重視。PCの電源を入れたままパーツやケーブルが交換可能なSAS(Serial Attached SCSI)とHDDを搭載し、NF600で最大10Tバイト、NF500で6Tバイト、NF100で4Tバイトの容量を実現する。オプションで、IPネットワーク経由で送受信するためのプロトコル「iSCSI」のデバイスとそれにアクセスするサーバとの接続を管理するソフトウェアがバンドルできる。

 DPシリーズは、データのバックアップを目的にした製品。データ復旧ソフトウェア「Microsoft System Center Data Protection Manager 2007」をプリインストールするため、起動後すぐにディスクのバックアップを開始できる。Microsoftの「SQL Server」「Exchange Server」「SharePoint Server」などのアプリケーションに対応する。

 価格は、NFシリーズが36万2670円(税込み)から、DPシリーズが約50万円から。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -