ニュース
» 2012年11月07日 15時38分 UPDATE

チェック・ポイント、ファイアウォールスループットが最大110Gbpsのアプライアンス発売

大規模環境向けセキュリティゲートウェイ装置をチェック・ポイントが発表した。

[ITmedia]

 チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは11月7日、大規模環境向けセキュリティゲートウェイアプライアンスの新製品「Check Point 21600 Appliance」を発売した。

 新製品は、ユーザーの希望に応じて1台の装置で複数のセキュリティ機能を組み合わせて利用する「Software Blade」に対応。ファイアウォールやVPN、IPS、アプリケーション制御、モバイルアクセス、情報漏えい対策、ボット対策、ID識別、URLフィルタリング、ウイルス/スパム対策などを利用できる。

 最大110Gbpsのファイアウォールスループットと遅延を5マイクロ秒以下に抑える高速化モジュールを利用できるほか、ポート数は最大37個を搭載している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -