ニュース
» 2012年11月08日 18時42分 UPDATE

国内PC出荷台数は5.9%減、Windows 8発売前の“買い控え”などが影響――IDC調べ

2012年第3四半期の国内PC出荷台数は372万台と、前年同期比で5.9%減少した。

[ITmedia]

 IT調査会社のIDC Japanは11月8日、2012年第3四半期(7〜9月)の国内PC出荷実績を発表した。同期間の出荷台数は372万台と、前年同期比で5.9%減少した。

 コンシューマー向けPCの出荷台数は、前年同期比18.6%減の158万台だった。減少幅が大きくなった原因として、同社は(1)Windows 8発売前にPCの“買い控え”が発生したこと、(2)同期間中にPCに関する目立った消費者向けイベントがなかったこと、(3)メーカー間の価格競争に“息切れ”が生じ、値引き要求への対応が難しくなったことを挙げる。

 一方、ビジネス向けPCは買い替え需要が好調に推移し、出荷台数は前年同期比6.4%増の214万台となった。大企業だけでなく中堅・中小企業にも買い替え需要が波及し始めたのが成長要因になったと同社は分析している。

 PCメーカー別シェアは前四半期から変更なく、1位がNECレノボグループ、2位富士通、3位東芝、4位Hewlett-Packard(HP)、5位Dellと続いた。

photo 2012年第3四半期 国内クライアントPC出荷台数 トップ5ベンダーシェア、対前年成長率 実績値(出典:IDC Japan)

関連キーワード

PC | PC市場 | IDC | ベンダー | 調査


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -