ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ベンダー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ベンダー」に関する情報が集まったページです。

“西日本進出”だけが目的ではない:
MS、AWS、Google、オラクルが大阪へ クラウドベンダーの「東西マルチリージョン化」がもたらす変化と“2つのメリット”とは?
AWSに引き続き、日本オラクルが大阪へのフルリージョン開設を発表した。東日本と西日本に拠点を構えるクラウドベンダーが、日本マイクロソフト、Googleに続いて出そろったことになる。この展開は、ベンダーと顧客企業、双方に何をもたらすのか。その裏側を見ていこう。(2020/2/14)

国内クラウドベンダーの生存戦略:
「Cloudn」を終了するNTTコムは、外資が席巻する国内クラウド市場でどう生き残る? 今後の戦略を聞く
AWSやAzure、GCPが国内クラウド市場を席巻し、国内クラウドベンダーは厳しい状況に置かれている。そんな中で生き残るために、各社はどんな戦略を採ればいいのだろうか。新連載「国内クラウドベンダーの生存戦略」の第1回目では、「Cloudn」の2020年末での終了を決めたNTTコミュニケーションズにフォーカスする。(2020/2/10)

候補になるベンダーは?
“AI推し”のベンダーには要注意 「ネットワーク自動化」の失敗しない選び方
ネットワーク機器の導入や運用管理を効率化する「ネットワーク自動化」製品はなぜ必要なのか。どのような利点があるのか。製品検討時に着目すべきポイントは。こうした疑問を解き明かす。(2020/2/5)

製造マネジメント インタビュー:
進むプロセス産業のデジタル変革、DX支援企業の立ち位置目指すAVEVAの挑戦
プラントや造船業界向けのCADソフトなどを展開するAVEVAは、シュナイダーエレクトリックのソフトウェア部門との合併により、製品ライフスタイル全域をカバーしデジタル変革を支援する総合ベンダーへと転身を図っている。日本での取り組みについて、AVEVA日本法人の日本統括代表である小暮正樹氏に話を聞いた。(2020/2/3)

市場における新たな要件も解説
VMwareは「HCI」市場の“最重要ベンダー”であり続けることができるか?
HCIソフトウェア市場をけん引するVMware。エッジコンピューティングをはじめHCI市場を取り巻く状況が変化する中、VMwareは今の立ち位置を維持できるのか。(2020/1/29)

「X(クロス)インテリジェンス・センター」を本格稼働:
DXのためのデータ活用でコンサルティング提供、ITベンダーの役割を模索する日本マイクロソフト
日本マイクロソフトは2020年1月23日、デジタルトランスフォーメーションのためのデータ活用で、専門部隊が企業に対しコンサルティング/アドバイスを提供する日本独自のプログラム、「X(クロス)インテリジェンス・センター」の本格稼働を開始した。一般的なコンサルティング/販促活動とは異なる方向性を模索しているようだ。(2020/1/24)

ベンダーに課題を残すモバイルBI【前編】
“期待外れのモバイルBIアプリ”がなくならないシンプルかつ悩ましい理由
BIベンダーの中には、簡潔な洞察を提供する効果的なモバイルアプリを開発している企業がある。一方でPC向けのダッシュボードをスマートフォンで再現しようと奮闘しているBIベンダーもある。(2020/1/23)

「働きがいのある企業」ランキング、Googleを抜いて1位だったSaaSベンダーとは……?
オープンワークが「働きがいのある企業ランキング」を発表した。従業員の士気の高さ、風通しの良さ、待遇面の満足度など8項目を調査したもの。首位はクラウド型の顧客管理システムなどを手掛けるセールスフォース・ドットコムだった。(2020/1/22)

全体では前年比11%減に:
2019年の半導体売上高ランキング、Intelが首位奪還
Gartnerは2020年1月14日(米国時間)、2019年の世界半導体売上高が、2018年から11.9ポイント下がって4183億米ドルになったと発表した。ベンダー別の売上高では、Intelが2016年以来3年ぶりに首位を奪還した。(2020/1/20)

残業削減/業務効率化が急務に:
PR:BUILT読者の半数以上が課題を感じている「人材不足」、現場管理アプリは切り札になるか?
建設業界でも喫緊に迫った働き方改革を実現する一番の近道が、現場生産の弊害ともいえる移動時間の削減だろう。これを解決するのが、建設現場だけで作業を完結させる現場管理アプリだ。ここ数年は、ITベンダーやスタートアップ企業から、さまざまな形態のものがリリースされているが、実現場での利用には至らないことも多いと聞く。本当に業務改革を達成できるアプリの条件とは何かを探った。(2020/2/3)

石野純也のMobile Eye:
CES 2020から見えた5Gスマホの最新動向 ミドルレンジ化が想定以上に進みそう
CES 2020では5Gが主要なテーマの1つとして挙げられていたが、5G関連の展示はやや控えめだった印象がある。Qualcommはブースを自動車関連だけに縮小、Intelもブースの出展を見送った他、Samsungはプレスカンファレンスを実施しなかった。2月にはスペイン・バルセロナで「MWC Barcelona」の開催を控えており、メーカーやベンダー各社は、体力を温存しているという見方もできる。(2020/1/14)

Weekly Memo:
ソフトウェアベンダー大手4社の動向にみるエンタープライズIT市場の行方
2020年、エンタープライズIT市場はどう動くか。Microsoft、Oracle、SAP、Salesforce.comのソフトウェアベンダー大手4社の動向から、同市場の行方を筆者なりの視点で探ってみたい。(2020/1/14)

専門家は“大規模な攻撃の前兆”と予測
WindowsのRDP脆弱性「BlueKeep」の悪用例をついに観測 その影響は
2019年11月、脆弱性「BlueKeep」を悪用した初のエクスプロイトが発見された。ベンダーやセキュリティコミュニティーが注意を促す一方で、専門家はさらなる攻撃の拡大を想定する。(2020/1/7)

キャリア形成にも影響
2020年に取るべき「無線LAN」資格はどれだ? CCNAかCWNPか、それとも……
無線LAN関連の認定資格の中で、目標とする価値があるのはどれなのか。ベンダーの専門資格、ベンダー中立の資格、専門性の高い資格について、専門家がアドバイスする。(2019/12/29)

「知ったとき」から1年以内:
「情報システム・モデル取引・契約書」の改正民法対応版 IPAがWebサイトで公開
IPAは「情報システム・モデル取引・契約書」の民法改正を踏まえた見直し整理反映版を公開した。ユーザー企業とITベンダーのどちらかに利益が偏らないよう、中立的な立場での契約書作成を目指したという。(2019/12/27)

本格的なマルチクラウドの時代は到来するのか? 人気が出そうなSaaSは? 2020年のクラウド業界動向を占う
2019年は各ベンダーが、マルチクラウド向けのサービスを多くリリースした。20年はこの流れがさらに加速し、企業が複数のクラウドを使いこなすようになるのか。本記事では、19年にクラウド業界で起きたトピックを振り返りつつ、20年の業界動向を予測していきたい。(2019/12/26)

改正民法に対応した「情報システム・モデル取引・契約書」、IPAがWebサイトで公開
IPAは、2020年4月に施行される改正民法に対応した「情報システム・モデル取引・契約書」を公開した。ユーザー企業とITベンダーのどちらかに利益が偏らないよう、中立的な立場での契約書作成を目指した。(2019/12/25)

2020年のクラウド業界も予測:
2019年、AWS以外が「マルチクラウド」をあおった理由――相次いだ買収劇と勢力図の変化を解説しよう
競合同士による協業やクラウドベンダーによる他社の買収劇が相次いだ2019年。読者がよく耳にしたのが「マルチクラウド」「コンテナ」といった用語だったのではないか。その裏側には、これまでの競争の形を大きく変えた各ベンダーの思惑がある。(2019/12/25)

半径300メートルのIT:
2020年は何を信じよう? サイバーセキュリティのゆく年くる年
2019年のサイバーセキュリティを振り返ると、「これまで信じていたものの崩壊」が印象に残っています。来年は、一体何を信じればいいのでしょうか。セキュリティベンダー各社の予想から、2020年の「信用と対策」について考えてみました。(2019/12/24)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(23):
5Gのメリットは「シンプルな使い方」で引き出そう!
携帯大手による5Gの実証実験や5G機器ベンダー主導のローカル5Gの実験があちこちで行われている。スマートファクトリーだの、遠隔医療だの、なんてややこしい使い方をするのだろうと、思ってしまう。5Gのメリットはもっと素直な使い方で得られるはずだ。(2019/12/23)

プレミアムコンテンツ:
これで分かる「統合エンドポイント管理」(UEM)入門
「統合エンドポイント管理」(UEM)製品は、どれを選べばいいのだろうか。ベンダーごとの製品の特徴と選定のポイント、「MDM」「EMM」などの関連製品との違いを詳しく説明する。(2019/12/20)

追加すべき機能は何か
「説明可能なAI」の実現に向けて企業ができること
説明可能なAIシステムを求める声が高まるにつれ、IBMやDarwinAIをはじめとするベンダーは、ビジネスユーザーがAIシステムの仕組みを理解するのに役立つ新機能を導入している。(2019/12/19)

最新版「Looker 7」を発表:
Lookerの組み込み型アナリティクスが提供する「データエクスペリエンス」とは何か?
Googleによる買収が発表されてから約半年。その間にも着々と成長する気鋭のBIベンダーLookerが新バージョン「Looker 7」を発表した。その特徴を解説する。(2019/12/18)

データバックアップを“当たり前”のサービスにしたい 中小企業に米国ベンダーの社長が熱い視線を向ける理由
かつてはテープでバックアップしていたデータを、今ではクラウドで保管、回復できる――そんなサービスを提供するのがArcserveだ。これまで大企業や自治体を相手にしてきた同社が今注目するのは中小企業。「数千万ドルの投資をしている」と本社の社長が語る、その理由とは。(2019/12/12)

ハイブリッドクラウドが向かう先【前編】
Microsoftの「Azure Arc」は「Anthos」や「AWS Outposts」と何が違うのか?
Microsoftは「Azure Arc」の投入でハイブリッドクラウド分野をより強化する狙いだ。Azure Arcとは具体的にどのようなサービスで、競合ベンダーのハイブリッドクラウド製品/サービスと何が違うのだろうか。(2019/12/12)

プライム率と商材ポートフォリオに関する調査結果:
「IT商材の幅が広がればプライム率が上がる」 ノークリサーチ調査結果
ノークリサーチは、中堅中小企業向け販社やSIerのプライム率と商材ポートフォリオに関する調査結果を発表した。プライム率は、IT商材を開発・販売するベンダーやサービス事業者にとって協業すべき販社やSIerを選択する際に留意すべき指標。(2019/12/5)

ローンスター大学、Merrill、Accentureが挑む「DX」への道【中編】
目論見書印刷会社が本業をやめてSaaSベンダーに転向 その理由と成果
目論見書などの金融資料の印刷を手掛けていたMerrillは、本業をやめてSaaS「DatasideOne」の提供に注力する決断をした。その理由とは何だったのか。事業転換の成果は。(2019/12/5)

「Smart Cut」技術などを生かす:
SoitecとApplied、次世代SiC基板で共同開発へ
高性能半導体材料の生成と製造を手掛けるフランスのSoitecと米国の半導体製造装置ベンダーであるApplied Materialsは2019年11月18日(フランス時間)、電気自動車や通信、産業機器などに対する需要の高まりを受け、パワーデバイス向けに次世代SiC基板の共同開発プログラムを実施すると発表した。(2019/12/3)

「今まで通り」が通用しないのはなぜか
テレビ会議システム刷新で「駆け込み寺」企業に問い合わせが増えた裏事情
「機器置き換え」ではテレビ会議システムの更改に対応できなくなりつつある。ベンダーの製品体系が変わり、利用ニーズも変化したことで、導入にまつわるトラブルもある。テレビ会議システム刷新トラブルの駆け込み寺はどう対処しているか。(2020/1/14)

「Trustwave Fusion Platform」の開発責任者に聞いた:
ベンダー中立のセキュリティ可視化/対応自動化プラットフォーム、「業界における分断を克服する」
Trustwaveは2019年9月、SaaSやIaaSを含めた、特定組織のあらゆる環境をカバーするセキュリティ関連情報集約・可視化・対応自動化のプラットフォームである「Trustwave Fusion Platform」を提供開始した。同システムの開発に、約3年にわたり取り組んできたという、MSS担当シニアバイスプレジデントのクリス・シュエラー氏に話を聞いた。(2019/11/29)

米国電子カルテ市場の動向
病院が「電子カルテ」をリプレースせざるを得ない5つの事情
電子カルテのリプレースは簡単ではない。だがベンダーの買収や組織規模の拡大といった事情で、リプレースが必要になる場合もある。こうした5つの事情を説明する。(2019/11/29)

SAPが経営陣を刷新、戦略への影響は【後編】
SAPが「最大手ERPベンダー」ではなくなる日
ユーザー企業の「S/4HANA」への移行を進めるSAPは、2019年に経営陣を刷新した。同社の課題と、経営陣の刷新が何を意味するのかについて考察する。(2019/11/28)

クラウド移行の是非を問う【後編】
「クラウド移行」と「現状維持」 オンプレミス支持者が選ぶべきはどっち?
これまでオンプレミスで製品を提供してきたベンダーの間で、クラウド事業にかじを切る動きが目立ち始めている。「クラウドかオンプレミスか」を判断するには、この点も考慮に入れる必要がある。(2019/11/28)

HDD大容量化を目指すWD、Seagate、東芝【後編】
20TBのHDDを実現した「SMR」方式とは? 一部の企業に人気の理由
HDDはニアライン向けの需要が高まっている。このトレンドの背景にはHDDを大容量化するベンダー各社の新技術の採用がある。その一つが「SMR」方式を採用したHDDだ。(2019/11/27)

DX実現を支えるITインフラのポイント
オンプレミスとクラウドの境目を意識させないモダナイゼーション
注目のインフラソリューションとして、さまざまなベンダーがHCI(ハイパーコンバージドインフラ)を提供している。ITインフラのモダナイゼーションの基盤となるHCIを選ぶために、検討すべきポイントを紹介しよう。(2019/12/11)

ドコモの「IDaaS」導入秘話 「認証の仕組みは簡単」「自社開発できるでしょ?」と説く上司との戦い
企業では現在、認証サービスにクラウド型の認証基盤「IDaaS」(Identity as a Service)を利用する取り組みが活発化している。NTTドコモは、IDaaSベンダーの米Auth0に出資し、同社のサービスを「docomo sky」の認証基盤に採り入れている。その裏側で開発担当者は、「認証の仕組みは簡単」「自社開発できるでしょ?」と説く上司を説得していたという。(2019/11/25)

「専門家でなくても扱えるDLソフトウェア」:
PR:ベンダーも悩むDL導入の「時間がかかる」問題 どう解決する?
DLは企業の生産性の向上が期待できる技術だ。だが実際に使い始めると幾つもの課題に直面する。それはDLサービスを提供するベンダーも同じだという。日立製作所にこうした課題への対策について話を聞いた。(2019/11/25)

IntelがPCベンダーなどに「謝罪」 CPU供給不足で
IntelがCPUの供給不足について謝罪する旨の書簡を公表した。同社では生産能力を向上する取り組みをしてきたものの、PCの需要がそれを上回ってしまっているという。(2019/11/22)

VMwareとCiscoが強い:
IDCが国内ネットワーク仮想化/自動化プラットフォーム市場の2018年シェアを発表
IDC Japanは、国内ネットワーク仮想化/自動化プラットフォーム市場に関する2018年のベンダーシェアを発表した。NVOソフトウェア市場ではVMwareが72.6%を占め、コントローラーアプライアンス市場ではCiscoが61.7%を獲得した。(2019/11/18)

製造業IoT:
PR:日本の顧客に寄り添って30年、時代に応じた組込みOSのニーズをとらえてサービスを進化
注目を集めるIoTやエッジコンピューティングで重要な役割を果たす組込みOSのベンダーとして知られるウインドリバー。日本法人の設立から30周年を迎えた同社は、今後どのようにデジタルトランスフォーメーションを加速化させていくのだろうか。(2019/11/27)

製造業がサービス業となる日:
PR:製造業の「モノ」から「コト」へのサービス化、その準備に必要なものとは?
IoTなどによるデジタル変革が、製造業のビジネスモデルに大きな変化をもたらそうとしている。特に「モノ」から「コト」へのサービス化に大きな注目が集まるが、日本の製造業ではその前提となるデータ基盤などの準備は十分だといえない状況である。この領域を積極的に支援するのが、スウェーデンに本社を擁する基幹システムベンダーIFSだ。「モノ」から「コト」への変革に必要なものには何があるのか、同社に聞いた。(2019/11/13)

ソフトウェアベンダーとの契約内容、きちんと把握できていますか?:
PR:DX時代の企業を支える仕組み「VMO(ベンダーマネジメントオフィス)」とは
企業にとって、多様なソフトウェアやクラウドサービスを迅速に調達して組み合わせる重要性が増大している。だが、その内容やコストをきちんと把握しなければ、多大な損失につながりかねない。企業が安全にITを使いこなし、成長し続けるための方法とは。(2019/11/18)

コンサルは見た! 情シスの逆襲(7):
ユーザーの信義則違反で訴えてやる!――ベンダーの不自然な行動
開発は進んでいるのに、契約はまだ締結できない。そんな状態が2カ月もたったある日、オンラインショップ「スマホ・デ・マルシェ」開発ベンダーから、1通の内容証明郵便が送られてきた。(2019/11/14)

今日のリサーチ:
急成長のチャットbot市場、2018年度の売上金額は前年度比倍増――ITR調べ
日本国内のベンダー29社への調査を基にしたチャットbot市場の実績と予測です。(2019/11/13)

「ITに頼り過ぎる子ども」を心配する親も
学校や子どもの“IT依存”は是か非か? 教育IT活用の光と影
ベンダーは教育用のIT製品に応用する人工知能(AI)技術の開発を進めている。同時に、学習者側も授業や宿題にITを利用するメリットを見いだしている。(2019/11/12)

「クラウドは勝手に復旧する」という思い込み
クラウドで「冗長性を確保しつつ、サービスを継続する」4つの方法を比較
システム更改を機に、オンプレミスからクラウドへの移行を検討するケースはもはや珍しくない。さまざまな条件を検討する中で、抜け落ちがちなポイントが「障害対策」だ。決してベンダー任せというわけにいかないその理由を見てみよう。(2019/11/11)

主要ベンダーの動向と課題は?
「クラウドHPC」とは? AWS、Microsoft、Googleが競う新たなサービス
高い処理能力を持ったリソースを、ユーザーが必要なときにだけ提供する「クラウドHPC」。主要クラウドベンダーが注力し始めたクラウドHPCのメリットと、普及における課題について説明する。(2019/11/7)

事例で探る「コンポーザブルインフラ」の可能性【後編】
「コンポーザブルインフラ」がAWSより優れている点と、期待される役割は?
コンポーザブルインフラはクラウドのような特性を持っているが、クラウドとは異なる。ソフトウェアベンダーがクラウドをやめてコンポーザブルインフラを採用した理由とは。(2019/11/7)

コンサルは見た! 情シスの逆襲(6):
ベンダーは見つからないって言ったじゃないか!――ふたりはライバル
営業主導で動いているオンラインショップ開発の企画にぶつけるように、情シスは独自の企画を役員会議で提案した。しかも、既にベンダーも決まっているという──羽生、俺をだましたのか?(2019/11/7)

事例で探る「コンポーザブルインフラ」の可能性【中編】
「コンポーザブルインフラ」はHCIやコンバージドインフラと何が違うのか
既に複数のベンダーが「コンポーザブルインフラ」を市場に投入している。「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)や「コンバージドインフラ」と何が違うのだろうか。(2019/11/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。