ニュース
» 2013年01月16日 12時04分 UPDATE

SAPジャパン、顧客情報のマスターデータ管理製品を発売

ビッグデータ活用を支援するという「SAP Master Data Services 1.0」を発売した。

[ITmedia]

 SAPジャパンは1月16日、顧客情報のマスターデータ管理製品「SAP Master Data Services 1.0」を発売した。マーケティングを強化している企業や一般消費者向けのビジネスを展開する企業が主な対象となる。

 新製品は、企業のERPやCRM(顧客関係管理)のデータ、また、TwitterやFacebookなどのソーシャルネットワークにおける顧客情報を一元的に管理するもの。散在する各種データを重複排除機能などで整理し、クリーンな顧客データを生成できるという。

 またインメモリデータベースのSAP HANAを基盤としており、高速処理が可能。ビジネス分析やデータ品質の可視化ツール「Information Steward」の機能を搭載し、モバイル端末にも対応している。

関連キーワード

SAP | SAP HANA | Business Analytics


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -