ニュース
» 2013年01月18日 16時07分 UPDATE

Microsoft、BingのソーシャルツールでFacebookの友達情報の統合を強化

Facebookが独自のサービス内検索サービス「グラフ検索」を発表した翌日、MicrosoftがBingでのFacebook統合の強化を発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは1月17日(現地時間)、検索サービスBingのソーシャル機能「Sidebar」(日本では提供していない)に表示するFacebookのデータの種類を拡大したと発表した。

 Sidebarは、昨年5月にBingに追加された機能。ユーザーが入力した検索語について情報を提供できそうなユーザーのFacebookとWindows Liveの友達が表示され、Bing上から直接Facebookの友達にメッセージを送れる入力枠がある。Sidebarでは、Facebookの友達だけでなく、Twitter、foursquare、Quora、LinkedIn、Google+、Bloggerなどに投稿された検索結果に関連する情報も表示される。

 これまで、Sidebarに表示されるFacebookデータは友達のプロフィール、「いいね!」、写真だけだったが、従来の5倍のデータを提供するとしている。例えば、友達のFacebookアルバムが表示され、クリックすればBingにとどまったままアルバムを閲覧できる。

 bing Sidebarに表示された友達の写真アルバム(左)をクリックすると、その場で閲覧できる(右)

 Microsoftと米Facebookは長年提携関係にあり、Facebook内の検索結果はBingが提供するものだ。Facebookは16日に新しい独自の検索サービス「グラフ検索」を発表したが、グラフ検索の結果以外の検索結果は引き続きBingが提供する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -