ニュース
» 2013年02月06日 16時41分 UPDATE

導入事例:大垣共立銀行が営業店システムを刷新、NEC端末を採用

全150店舗における営業店システムの刷新を1月からスタートした。

[ITmedia]

 NECは2月6日、大垣共立銀行から金融機関向け営業店システム「NAVUTE」を460台受注したと発表した。大垣共立銀行の全150店舗での営業店システムの刷新を1月に開始している。

 大垣共立銀行が発注したNAVUTEは、これまで別々の端末で利用していた勘定系端末機能と情報系端末機能を、1つの端末に統合したもの。同行では預金や為替手続きで顧客による伝票記入やタッチパネル操作を不要にする「記入レスサービス」や、4月に開設する予定のドライブスルー型店舗で利用していくという。

 NECは、窓口担当者が端末画面の指示に従って各種の事務手続き業務を行える「業務ナビゲーションシステム」も提供する。業務の徹底が図られ、コンプライアンスの強化につながるとしている。

関連キーワード

銀行 | NEC(日本電気)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -