ニュース
» 2013年02月25日 20時00分 UPDATE

那覇市「WiFi化計画」、伊藤忠ケーブルシステムなどの提案を採用

伊藤忠ケーブルシステムなど6社が提案する公衆無線LANシステムが那覇市のICT利活用モデル事業に採用された。

[伏見学,ITmedia]

 沖縄県那覇市が昨年に募集した同市ICT利活用モデル事業「WiFi化計画」の企画提案に関して、このたび伊藤忠ケーブルシステムなどの案が採用された。伊藤忠ケーブルシステムが2月25日に発表した。

 伊藤忠ケーブルシステム、沖縄インターマップ、沖縄ケーブルネットワークなど6社による企業コンソーシアムが提案する公衆無線LANシステム「Ruckus Wireless ZoneFlex シリーズ」を那覇市が導入。メインストリートである「国際通り」を中心に、100カ所以上のアクセスポイントを設置する予定だ。

 同提案の採用理由として、電波干渉に強い公衆無線LANであることや、地元企業との連携による広告宣伝を行うこと、AR(拡張現実)を用いたポータルコンテンツを提供することなどが評価されたという。

 那覇市は、ICT利活用モデル事業を3年間実施。市内主要観光スポットでの無料公衆無線LANサービスの提供などによって、観光客の利便性や街自体の魅力の向上を図る。

関連キーワード

沖縄 | 公衆無線LANサービス | 観光


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -