ニュース
» 2013年03月07日 17時14分 UPDATE

EMCジャパン、サーバ向けフラッシュカードの新製品を発売

サーバにPCIe接続して使うフラッシュカード製品をEMCジャパンが発売。毎秒100万回以上の読み書きが可能で、さまざまなアプリケーションの処理を高速化するという。

[ITmedia]
photo XtremSF

 EMCジャパンは3月7日、サーバのPCI Expressインタフェースに接続して使うフラッシュカード製品「XtremSF」を発売した。毎秒100万回以上の読み書きが可能で、各種アプリケーションの処理速度を高めるという。

 XtremSFは、サーバ内にDAF(Direct Attached Storage)として設置するフラッシュ製品。OracleやMicrosoft SQL Server、Microsoft Exchange Serverなどさまざまなアプリケーションの処理を高速化するとしている。容量別に、eMLCタイプ(550Gバイトモデルと2.2テラバイトモデル)とSACタイプ(350Gバイトモデルと700Gバイトモデル)を提供する。価格は91万1880円(税別)から。

関連キーワード

サーバ | EMC | ストレージ | PCI Express


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -