ニュース
» 2013年03月15日 19時43分 UPDATE

NEC、基幹業務系クラウドサービス「N-town」提供 「SMBが求める機能を全て用意」

NECは、SFAや販売管理などさまざまなシステムをWebブラウザ上で利用できる「N-town」を提供する。

[本宮学,ITmedia]

 NECは3月15日、中堅・中小企業(SMB)向けクラウドサービス「N-town」を5月7日から提供すると発表した。SFA(営業支援)、EDI(電子データ交換)、販売管理などさまざまな業務システムをWebブラウザ上で利用できる。価格はサービスごとの月額課金制。

photo

 N-townは、NECのパートナー企業が展開する複数のサービスを共通のID/パスワードで利用できるクラウドサービス。まず「経営レポートサービス」(NEC)、「営業支援サービス」(NIコンサルティング)、「倉庫管理サービス」(鈴与システムテクノロジー)など20のサービスを用意し、今後3年間で100のサービスを展開する予定。「SMBが求める機能を全て用意する」(NECの柳田真 産業ソリューション事業部長)

 ユーザーは使用したいサービスを専用サイト上で契約し、Webブラウザ上で利用できる。また、各サービスの連携機能も用意。例えば、販売管理システムと商品データベースシステムなど「相性のよいサービス同士のデータが連携するようになっている」(柳田氏)という。

photophoto 主要サービスの一部(左)、サービス連携イメージ(右)

 会員向けにコンサルティングサービスなども提供するほか、経営者向けコラムなどを掲載するWebサイト「インフォメーションパーク」も用意。全国500社の販売パートナーによる導入サポートなども提供するとしている。

 課金体系はサービスによって異なるが、月額数百〜数千円/1IDの価格設定という。NECは、サービス開始後5年間で1万社への提供を目指す。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -