ニュース
» 2013年03月27日 12時52分 UPDATE

Flipboardに自分で編集した雑誌を公開する機能 “誰でもキュレーターに”

関心のあるニュースコンテンツを収集して雑誌のようなレイアウトで閲覧するモバイルアプリFlipboardがバージョン2.0になり、テーマ別のオリジナル雑誌の編集・公開が可能になった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Flipboardは3月27日(現地時間)、同名のソーシャル情報アプリ「Flipboard」をバージョン2.0にアップデートしたと発表した。本稿執筆段階ではまだiOS版のみのようだ。

 Flipboardは、SNSやニュースサイトの写真や記事を取り込み、雑誌のようなレイアウトで閲覧できるiOSおよびAndroid向け無料アプリ。日本のニュースサイトの記事も読める。

 今回のアップデートで、記事を自分なりに収集してオリジナルの雑誌としてタイトルをつけて保存できるようになった。作成した雑誌はFlipboardのコミュニティーに公開することも可能だ。自分のための「後で読む」コンテンツ集を作成したり、キュレーターとしてテーマ別のトピックをまとめて雑誌として公開することができる。

 flip 1 公開した雑誌の例(左)。雑誌は何冊でも作成・保存できる(右)

 自分の雑誌を作成するには、コンテンツに表示される[+]をタップする。初めてタップした際に雑誌を作成するダイアログが表示されるので、ここで雑誌のタイトル、説明(オプション)、カテゴリー、公開か非公開かを設定する。雑誌ができると、コンテンツをここに追加できるようになる。

 作成した雑誌は、右上の赤いリボンをタップすると表示される「マイFlipboard」に「マイ・マガジン」として表示される。

 flip 2

 マイFlipboardに新設された「By Our Readers」で、既にユーザーが編集・公開した雑誌を閲覧できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -