ニュース
» 2013年04月01日 15時25分 UPDATE

パブリッククラウドサービス市場規模は前年比44.8%増の933億円――IDC調べ

2012年の国内パブリッククラウドサービス市場規模は、前年比44.8%増の933億円で、2017年には2012年比3.4倍の3178億円になるとの予測をIDCが発表した。

[ITmedia]

 IT調査会社のIDC Japanは4月1日、国内パブリッククラウドサービス市場予測を発表した。2012年の同市場規模は933億円で、前年比44.8%増となった。

 IDCでは、国内パブリッククラウドサービス市場が好調な拡大をみせている要因として、パブリッククラウドサービスが「早い」「安い」「拡張性」だけではなく、「災害対策」「先進機能の導入」に有効なITソリューションであるとの認識がユーザー企業に広く浸透した、としている。特に、コラボレーティブやCRMアプリケーション、バックアップ/リカバリサイト、一般消費者向けWebシステムなどの領域では、「クラウドファースト」の浸透が見られると、IDCは分析している。

 2013年以降の国内パブリッククラウドサービス市場は、2012年の前年比成長率をピークに成長率が低下していくものの、引き続き高い成長が継続し、2017年には2012年比3.4倍の3178億円の市場規模になると予測されている。IDC JapanのITサービス リサーチマネージャーの松本聡氏は「新たな競争時代では、技術を核としたベンダー主導による事業開発ではなく、ユーザーが求める価値を核とした特化型ソリューションの提供が重要である」と指摘した。

 今回の発表は、IDCが発行したレポート「国内パブリッククラウドサービス市場 2012年の実績と2013年〜2017年の予測」にその詳細が報告。国内パブリッククラウドサービス市場の概況や動向を分析し、セグメント別に2012年の実績と2013年〜2017年までの市場予測をまとめている。

idc0401.jpg 国内パブリッククラウドサービス市場 セグメント別売上額予測、2012〜2017年(出典:IDC Japan) ※システム/アプリケーション開発、導入支援サービスなどのITサービス、Business Process Outsourcing / Business Process as a Service、コンテンツサービスは含まれない

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ