ニュース
» 2013年06月06日 17時13分 UPDATE

クラウドやビッグデータ関連のOSS導入は2015年に本格化、IDC予測

オープンソースソフトウェア(OSS)エコシステム市場は、2017年まで平均10.2%の成長を遂げるとの見通しをIDCが発表した。

[ITmedia]

 IDC Japanは6月6日、2012年におけるオープンソースソフトウェア(OSS)エコシステム市場規模実績と、2017年までの予測を発表した。これによると、2012年の市場規模は6751億6200万円となった。同市場の2012〜2017年の年間平均成長率は10.2%で、2017年には1兆962億円に達すると予測。クラウドやビッグデータに関連するOSSの導入が本格化する2015年が、成長率のピークになるとみている。

 OSSエコシステム市場は、企業や団体、事業者などのユーザーがOSSを使用したITシステムに対する支出額を基に算出しており、OSSが中心的な役割を持つITシステムのみを対象としているという。一般消費者は対象とせず、さらに、PCとモバイルに関連するOSSは市場に含めていない。

 市場セグメントは、OSSに対するサポートサービス、ITシステムで使用されるハードウェアと商用ソフトウェア、ITシステムの導入/構築サービスと運用/保守サービスの5つで構成される。2017年では導入/構築サービスと運用/保守サービスとで50%以上の構成比となり、ハードウェアが約20%、OSSサポートサービスと商用ソフトウェアがそれぞれ10%強になると予測している。

 IDCは、今後OSSエコシステム市場の成長をけん引していく大きな要素として、OpenStackやOpenFlowのような仮想化/クラウドにおける次世代IT基盤での活用がされるOSS中心のエコシステムを挙げる。

 また、国内のOSSクラウド基盤構築/管理ソフトウェアエコシステム市場は、2017年に551億になると予測される。OSSクラウド基盤構築/管理ソフトウェアには、OpenStack、CloudStack、Eyucalyptus、OpenNebulaなどが含まれている。国内のOpenFlowエコシステム市場規模は2017年に329億円になると予測している。これらのOSSを活用したパブリッククラウドとプライベートクラウドの構築が、2015年頃から本格化していくとIDCはみている。

idc0606.jpg 国内OSSエコシステム市場 支出額予測、2012年〜2017年(出典:IDC Japan)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ