ニュース
» 2013年07月22日 09時30分 UPDATE

アクセンチュア、クラウドを「ビジネスエンジン」に昇華するブローカーサービス発表

アクセンチュアはハイブリッドクラウド環境を統合・管理する「Accenture Cloud Platform」を発表した。インフラだけでなく、ビッグデータ基盤や、需要予測分析のようなBPOも併せて提供、業務プロセス全体の効率化を図るのが大きな特徴だ。

[浅井英二,ITmedia]

 アクセンチュアは7月19日、異種混在で複雑さが増す企業のハイブリッドクラウド環境を統合・管理するブローカーサービス、「Accenture Cloud Platform」(ACP)を発表した。ACPを活用することで企業は、さまざまなパブリッククラウドとオンプレミス/プライベートクラウドを有機的に融合し、ビジネスの俊敏さ、TCOの削減、さらには新ビジネスの創出を実現できるという。

 アクセンチュアでIT戦略・インフラグループを統括する立花良範マネジングディレクターは、「クラウドを使うか使わないかの議論は終わった。需要予測分析や故障予知分析といった、われわれが得意とするBPOも併せて提供し、企業の業務プロセス全体の効率化に貢献したい」と話す。

 ACPが実現するのは以下の3つ。

  1. クラウドサービスの包括的な提供
  2. パブリッククラウドとプライベートクラウドの融合
  3. ビジネスサービスによる業務プロセス全体の最適化

 パブリッククラウドは、プロバイダーごとにインタフェースや設定方法が異なり、サービスレベルにもばらつきがある。ACPでは、これらの差異を吸収し、各種クラウドサービスのプロビジョニングや運用管理を一元的に行えるポータルを提供する。サービスレベルが企業の要求を満たせないケースでは、それをアクセンチュアの人材によるサービスで補うこともする。

 同様にパブリックと社内システムの融合では、ツールによる認証連携やデータ連携だけでなく、レガシーシステムをパブリッククラウドに移行する開発も請け負い、ハイブリッドクラウド実現へトータルなサービスを提供する。

 またACPでは、インフラだけでなく、開発環境やテスト環境を提供するほか、ビッグデータ基盤やレコメンデーションといった高付加価値サービスや、さらにはマーケティング最適化、需要予測分析、故障予知分析といったBPOを組み込んだビジネスサービスも提供する。企業の業務プロセス全体の効率化を図るのが、アクセンチュアらしい、ACPの大きな特徴だ。

 米Accentureは4月、2015年までに4億ドル以上をACPに投じることを明らかにしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ