ニュース
» 2013年07月25日 14時42分 UPDATE

チェック・ポイント、データセンター向けに多層防御アプライアンスをリリース

ハイエンドモデル新製品の「13500 アプライアンス」ではファイアウォールやIPSに加え、要件に応じた4つのセキュリティパッケージを提供する。

[ITmedia]

 チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは7月25日、データセンター向けセキュリティアプライアンスの新製品「Check Point 13500 アプライアンス」を発表した。実運用環境でのファイアウォールスループットは23.6Gbps、IPSスループットで5.7Gbpsを達成している。

 新製品は最新のハードウェアアーキテクチャを実装し、パフォーマンスと高いセキュリティレベルが要求されるデータセンター環境での運用に対応するもの。ファイアウォールやIPSの高スループットのほか、最大2800万の同時接続数を実現した性能を持つ。

 またセキュリティ対策要件に応じて多層的な防御環境を構築できるように、事前に定義された「次世代ファイアウォール」「次世代脅威対策」「次世代データ保護」「安全なWebアクセス」の4つのセキュリティパッケージも用意している。

 販売価格は1264万円からで、同社の正規販売代理店から提供される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -