ニュース
» 2013年07月31日 16時08分 UPDATE

802.11acデュアルラジオを備えたアクセスポイントを発売 メルー

メルー・ネットワークスは、802.11acデュアルラジオを備えたアクセスポイント新製品「AP382」を発表した。

[ITmedia]
meru01.jpg Meru AP832

 メルー・ネットワークスは7月31日、802.11ac対応のアクセスポイント新製品「Meru AP832」を発表した。2013年第三四半期の出荷開始を予定している。

 新製品は、802.11acに対応したデュアルラジオ/デュアルバンドのアクセスポイント。5GHz帯(11nは2.4/5GHz)での通信が可能で、11nのネットワーク上に11acのネットワークをオーバーレイで構成できる。同社独自の「MobileFLEXアーキテクチャ」を採用し、利用可能チャンネルは他社の2倍となる80MHz帯域を使用する。

 また、標準の802.3af電源供給および802.11acデュアルラジオによる「3空間ストリーム」を提供できるため、イーサネットのスイッチ基盤全体をアップグレードする必要がないという。同社ではHDビデオやビデオ会議、クラウドサービスやストレージなどの高帯域幅を必要とするアプリケーションへの企業での対応をサポートするとしている。

関連キーワード

IEEE802.11ac | Meru Networks


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -