ニュース
» 2013年10月02日 17時45分 UPDATE

導入事例:手書き入力システムを用いた顧客情報登録システムを構築 大東建託

大東建託は、手書き情報入力システム「Denshi-Pen」を使った、全国373店舗で利用する来店者情報登録システムを構築した。

[ITmedia]

 建物賃貸事業の総合支援サービスを提供する大東建託は、富士ゼロックスの手書き情報入力システム「Denshi-Pen」を用いて、全国373店舗に来店する顧客の動向や要望をもれなく即座に反響管理に反映できるシステムを構築した。富士ゼロックスが10月2日に発表した。

 これまで大東建託では、賃貸物件を探している顧客からのWeb経由の情報については、完全に把握できるようシステム投資を進めてきたが、店舗に来店した顧客の情報については、システムによる管理ではなく、店舗任せの運用になっていた。そのため、来店した顧客が記入した「お客様リクエストカード」の個人情報や、店舗スタッフが追記した要望情報などを、改めてパソコンから反響管理システムに入力する必要があった。その作業工数負荷は大きく、場合によっては翌日以降の登録になることもあったという。結果、顧客の動向や要望をもれなく即座に把握できないという課題を抱えていた。

 そうした中、大東建託はDenshi-Penを用いた来店者情報登録システムの構築によって、顧客や店舗スタッフがお客様リクエストカードに記入する際、その内容をすぐに反響管理システムへ登録することが可能となった。システム入力の作業工数を半分以下に削減し、全社で大幅なコスト削減効果を見込んでいるという。

 システム構築にあたって富士ゼロックスは、「店舗スタッフのITリテラシーの高低には依存しないシステムにしてほしい」との要望から、帳票の「印刷」ボタンとデータの「転送」ボタンをクリックするだけの簡単な操作環境を提供するアプリケーションを開発している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ